業界初!課金回数指定機能を搭載したJP完全自動継続課金サービス

コンテンツ系月額会員費・物販系定期配送サービス運営者様の利益を最大化!

株式会社J-Payment 2008年03月12日

ECサイト事業者向けにクレジットカード決済を初めとする、インターネット決済サービスを提供する株式会社J-Payment(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清久 健也、以下J-Payment)は、「オンライン上で毎月の月額費用のサービス料金などの会員費をクレジットカードで継続して支払いたい」という継続型決済のニーズに応えるべく、創業当時より標準装備しております、継続課金サービス機能を加盟店様のニーズを汲み取り大幅にバージョンアップ致しました。


■継続課金サービス導入でのメリット5
1.継続課金サービス導入により、中途解約の機会損失の大幅削減

2.J-Payment決済システムが完全自動で決済処理を行いますので、業務の低減が可能。

3.エンドユーザーは初回一回のみの登録で済みますので、毎月や、隔週などクレジットカード情報などを毎回入力する必要がなくなります。

4.加盟店様側で設定されたサイクルにて自動的に決済処理を行いますので、エンドユーザーの支払い忘れなど、未回収金額を大幅に削減することが可能。

5.初回無料や、30日間無料など自由な設定が可能なお試し期間機能を搭載しておりますので、キャンペーン商品などを容易に作成が可能。


上記5つのメリットから機会損失の削減、お試し期間設定で新たな会員の獲得が可能となり、コンテンツ系月額会員費・物販系定期配送サービス運営者様の利益を最大化することが可能です!

■業界最大規模の継続課金機能一覧
・自動課金の決済日指定機能
毎月10日や25日、末日など加盟店様側で自由に決済日を指定することが可能です。

・お試し機能
お申し込みから最初の1ヶ月無料や、1週間無料など、お試し期間を設けた決済を行うことが可能です。お試し期間中は無料、割引などの設定が容易にカスタマイズできます。

・課金回数指定機能
課金回数を指定して、指定した課金回数に到達した時点で継続課金を自動的に停止することが出来ます。

・金額変更機能
ユーザー別に課金額の変更が可能ですので、プラン変更等の際にご利用することが可能です。

・メンバーアクセスコントロール
メンバーアクセスコントロールは、有効なIDとパスワードを所有するユーザーのみがウェブページにアクセスする事を保証するもので、Basic認証を用いてウェブサイトのセキュリティを確保することが可能です。継続課金サービスと連動して利用いただくことが可能です。

・自動課金結果通知メール
毎回の自動課金の決済結果を加盟店様とユーザー様へメールで通知いたします。このメールには継続課金停止用のフォームやカード情報の変更フォームのURLを記載することも可能です。

・自動課金停止通知タイミングの選択
自動課金停止のデータを加盟店様のサーバーに通知するタイミングを指定することが出来ます。継続課金停止後、即時にサービス提供を停止される場合や、継続課金停止後、次の課金日までサービスを提供される場合などに対応することが可能です。

・リトライ機能
課金に失敗してしまった継続課金に対して、1週間おきに2度リトライを行うことが出来ます。限度額オーバーなど一時的なクレジットカード利用停止のユーザー様にも再度手続きをしていただくことなく継続課金を処理することが出来ます。


J-Paymentでは、今後もお客様のあらゆるニーズにお応え出来るよう、更なるサービスの拡充に努めてまいります。

■会社概要
社名:株式会社J-Payment
所在地:東京都渋谷区神南1-15-8
設立:2000年10月
資本金:121,000,000円
代表:代表取締役 清久 健也
URL: (リンク »)

■本プレスリリースに関するお問い合わせ
ペイメント事業本部
Email: payment@j-payment.co.jp
Tel: 03-6415-3777(代表)
FAX:03-6415-3778

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社J-Paymentの関連情報

株式会社J-Payment

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから