パワーウィングスと安友行政書士事務所 業務提携に関するお知らせ ~家系図×行政書士 安友行政書士事務所とのコラボレーション~

株式会社クレオ 2008年03月14日

From PR TIMES

株式会社クレオ(本社:東京都港区 代表取締役社長:土屋淳一 以下、クレオ)の連結子会社である株式会社パワーウィングス(本社:東京都港区、代表取締役社長 高橋洋一郎 以下、パワーウィングス)は、安友行政書士事務所(所在地:神奈川県横浜市 代表:安友千治 以下、安友行政書士事務所)と、両者の提供するサービスについて業務提携を行なうことをお知らせいたします。
今回の業務提携により、パワーウィングスが運営する「ネットde家系図」から、安友行政書士事務所のサービスする行政書士業務への取次ぎ、安友氏の推進する「結婚契約書」のご紹介と推進、希望する「ネットde家系図」の利用者に対して、「行政書士は家族を応援します」をテーマに生活相談サービス等を行います。

パワーウィングスが運営するネットサービス「ネットde家系図」は、ネット上で手軽に家系図を作成することができるWebサイトです。昨年8月にテストオープンし今年2月には利用者数が9000人、系図登録者数が5万人をそれぞれ突破し、短期間に人気を集めております。ご利用はメールアドレスの登録だけで無料です。面倒な操作等はなく直感的に家系図(縦書き)を作成していただけます。

最近、雑誌等で自分の「ルーツを探る」「系譜をたどる」等の特集が組まれシニア世代の間で家系図が静かなブームを呼んでいます。「ネットde家系図」でもシニア世代の利用率が高く同世代の感心の高さが伺えます。また興味深いことに若い世代にも広くご利用頂いており、今後は各世代のニーズを満たす機能に高めていく予定です。今回の安友行政書士事務所とのコラボレーションは、今年4月末を目標にコラボレーション第1弾のサービスを準備しております。

[株式会社パワーウィングスについて] (リンク »)
パワーウィングスは、シニア専門の市場調査・コンサルティングカンパニーです。運営するコミュニティサイト「シニアウィングス( (リンク ») )」のシニア会員に調査モニターとしてご協力を頂きながら、クライアント企業のシニア向け商品・サービス開発をサポートしております。

[株式会社クレオについて] (リンク »)
クレオは、官公庁や企業向けにシステムを構築するシステムインテグレーション事業、会計・人事給与業務ソリューション及び法人向けプロダクトを提供するZeeM事業、 「筆まめ」などのコンシューマ向けパソコンパッケージソフトの開発・販売を行うコンシューマ事業、キャリアを問わず最適なモバイルコンテンツソリューションを提供するモバイル事業を中心に事業展開しています。

[行政書士 安友千治氏について]  (リンク »)  
1955年広島県生まれの横浜育ち。青山学院卒業後、大正製薬株式会社本社販売部、ヤマト運輸株式会社国際航空部を経て、横浜市役所入庁、道路用地補償担当、横浜市教育委員会事務局を歴任して平成5年横浜市内で行政書士事務所開業。現神奈川県行政書士会副会長(元広報部長)、神奈川県行政書士会鶴見・神港支部支部長。神奈川TV、雑誌コラム等の連載・企業講演など幅広く活躍中。現在「結婚契約書」の普及を推進中。( (リンク ») )


■本件に関するお問合せ先

株式会社クレオ
社長室 広報IRグループ press-ir@creo.co.jp
Tel.03-3445-3539 Fax.03-3445-3505
〒108-0074 東京都港区高輪3-19-22

■「ネットde家系図」のURL
(リンク »)

以上

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クレオの関連情報

株式会社クレオ

株式会社クレオの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?