CSR、デュアル マイクCVCエコー/ノイズ低減ソフトウェアのさらなる改善により、Bluetoothヘッドセットに最先端のオーディオ品質を提供

CSR Plc 2008年03月19日

CSR は本日、デュアル マイク ソフトウェア機能を追加し、独自のCVC(Clear Voice Capture:クリアー ボイス キャプチャ)エコー・ノイズ キャンセレーション テクノロジをさらに強化した。CSRのCVCソフトウェアのデュアル マイク機能は、最大30dBのノイズを抑制するため、Bluetoothヘッドセット ユーザーは、雑音が大きい環境にいても、音声をクリアーに伝えることが可能。デュアル マイクは、現在でもCSRの低コストなBlueVox DSPヘッドセット イグザンプル デザインのオプション機能として使用可能であり、今後はBlueCore5-Multimedia(ハイエンドのモノラル及び、ステレオ ヘッドセット向けの、CSRのシングル チップBluetoothマルチメディア シリコン)のソフトウェア機能として搭載される予定。

CSRの高性能CVCデュアル マイク ソフトウェアは、ノイズの性質(動的または静的)にかかわらず、最大30dBのノイズを抑制するDMSS(Dual Microphone Signal Separation)DSP処理機能を統合。このソフトウェアは、ノイズの指向性を問わず非常に高度なパフォーマンスを誇り、バブル、ロード ノイズ、バックグラウンド ミュージック、競合音声などを含むほとんどの種類の音を抑制できる。このソフトウェアはまた、自動ゲイン コントロールを採用しているため、ユーザーの声の大きさにかかわらず、最適な音量を維持する。

業界をリードするCSRのCVCテクノロジは、高度なアコースティック ノイズ キャンセレーション アルゴリズムを統合することで、エンド ユーザーに最高のオーディオ体験を提供。単にノイズを抑制するだけの競合他社の一般的なテクノロジとは異なり、CVCは、独自の信号抽出技術で必要な音声信号を分離し、処理対象の音声の性質に適応する。ソフトウェアにより、使用するアプリケーションや処理リソースに合わせてノイズ低減機能を細かく適用できるので、CVCは、事実上あらゆるヘッドセット システムに容易に組み込むことが可能。すべてのCVCソフトウェアにはパラメータ管理ツールが搭載されているため、ユーザーは、これを使ってソフトウェア ブロックを調整し、あらゆる種類のヘッドセットに柔軟に対応した最適なパフォーマンスを得ることができる。

CSR社、ワイヤレス オーディオ ストラテジック ビジネス ユニット担当SVP、Anthony Murrayは、「内蔵型のノイズ キャンセレーション ソフトウェアにマイク2つのオプションを取り入れたのは、必然的な流れだったと言えます。CSRのCVCは、すでに全二重シングル マイク ノイズ キャンセレーション ソフトウェアを使って、高度なエコーおよびノイズ キャンセレーション機能を提供しています。このたび、さらに広範な環境からノイズをとらえる2つ目のマイクを搭載したことにより、これまで以上に効率的にバッググラウンド ノイズを抑制できるようになりました。CSRは、OEMの皆様がコスト、電力、および製造上の目標をさらに柔軟に達成できるようにするため、デュアル マイクCVCの提供を通じてハイエンドで低コストのソリューションを実現しました」


【本件に関するお問い合わせ先】

会社名 シーエスアール株式会社
担当  深田 学
TEL   03-5276-2911

このプレスリリースの付帯情報

CVC2

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CSR Plcの関連情報

CSR Plc

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから