サイト内検索ASP「Sync Search」提供開始

~新たなWeb施策「SPO(検索ページ最適化)※1」で 企業Webサイトを強力にバックアップ~

株式会社SyncThought 2008年03月27日

株式会社SyncThought(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:海野修自)はWebサイト内検索のASPサービスを開発し、2008年3月27日より企業向けに販売を開始することとなりましたので、お知らせ致します。

現在、多くの企業様がコーポレートサイトや商品サイトなどのWebサイトを運営されているなか、消費者が欲しい情報に行き着くために、検索による情報探索や収集は当たり前の時代となってきました。さらに、ここ数年のCGMの成長により、ブログやSNSを代表とした多くの個人メディアからの情報も増え、Web上にはより多くの情報が氾濫しています。多くの消費者が自分の欲しい情報を収集するために、今まで以上にサイト内検索は重要となっています。

弊社では多くのニーズに応えるべく、検索エンジン開発の実績を活用し、企業様のサイト運営を最大限に活かせるサイト内検索ASP「Sync Search」の提供を開始致しました。従来型のサイト内検索に比べ、より最適なページを探しやすく、また、キーワードから消費者ニーズを把握できるなど、検索ページ最適化(SPO ※1)にご活用いただけるサービスとなっております。


「Sync Search」の特徴は以下となります。

(1)高速高精度な検索性能
高速であることはもちろん、検索結果の精度も重要視。特定ページの検索対象設定、さらにHTML内の必要な箇所のみを検索対象とする設定など、詳細な検索設定が可能です。

(2)柔軟で多彩な検索機能
検索結果を画像で表示することで、サイト訪問者のユーザービリティ向上に。検索結果の並び替えやカテゴリごとの絞り込み検索、最新情報のRSS出力、キャンペーンや商品情報を検索結果上部に表示するおすすめリンク機能など柔軟で多彩な検索機能を提供します。

(3)自由設定可能なデザイン
Webサイトのデザインに合わせた検索ページの表現が可能。HTML・CSSを活用し、従来のサイト内検索では制限があった検索結果ページを自由に編集が可能です。

(4)多機能な分析ツール
サイト内検索の利用状況を把握。アクセス解析では把握しきれない、サイト訪問者の潜在的な見えないニーズも検索キーワードから把握頂けます。検索キーワードの集計からページの最適化(SPO※1)に活用頂けます。

■提供価格 
スタンダード版月額3万円~ 
プロフェッショナル版月額5万円~

※30日間無料デモサイト利用実施中
SyncSearchを30日間、機能無制限でお試しいただけます。

※リリースキャンペーン実施中  
2008年7月末までお申し込み頂いたお客様をキャンペーン価格にてサービス提供
詳細はこちらから  (リンク »)

■導入事例
セイコーオプティカルプロダクツ様 コーポレートサイト  (リンク »)

■会社概要/お問い合わせ
株式会社SyncThought
所在地:東京都豊島区東池袋1-44-2 パラッシオ池袋903号
設立:2004年7月14日
事業内容:ITコンサルティング、システム開発、Webコンサルティング、「Sync Serach」開発
代表者:海野 修自     広報担当:藤平 幸司
TEL:03-6903-5210    
HP: (リンク »)
商品サイト: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

サイト内検索ASP「SyncSearch」

用語解説

※1 SPO(Search Page Optimization、検索ページ最適化)とはサイト内検索のクロールで得られた全てのページ情報(HTML等)および、検索キーワード情報からサイト内の各ページを改善し、SEO及びサイトユーザービリティの向上に活用すること。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社SyncThoughtの関連情報

株式会社SyncThought

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?