BSA、私立大学を対象にソフトウェア資産管理評価の簡易版 「BSA評価簡易プログラム」を実施

ビジネス ソフトウェア アライアンス 2008年04月09日

安全で信頼できるデジタル社会の実現を推進するビジネス ソフトウェア アライアンス(本部:米国ワシントンDC、会長:ロバート・ハリマン、以下BSA)は、このたび、日本における啓発活動として、全国の私立大学(2007年BSA大学向けソフトウェア管理支援キャンペーンに参加していない私立大学)を対象に、「BSA評価簡易プログラム」を実施することを発表いたしました。

このBSA評価簡易プログラムは、大学内における適切なライセンス管理がなされているか、また管理体制が整っているかを主眼にソフトウェア資産管理の評価を提供するもので、昨年度に実施した「大学向けソフトウェア管理支援キャンペーン」に参加しなかった私立大学を対象に実施いたします。


BSAはこれまで、2006年夏に国立大学法人等支援プロジェクト、2007年秋に大学向けソフトウェア管理支援キャンペーン等、国内の全大学(大学校を除く)を対象に過去の違法コピーに対する法的責任を一定の条件のもとに免除することを含むソフトウェア資産管理体制整備の支援策を積極的に展開してきました。その結果、国立大学法人等支援プロジェクトでは全国立大学の約3分の1という多くの参加があった反面、主に私立大学向けに実施したソフトウェア管理支援キャンペーンは登録率が2%未満にとどまったため、自らの管理状況を認識して、資産管理の一助としもらうため、今回、対象をキャンペーンに登録していない私立大学のみとする本プログラムの実施を決定いたしました。


教育機関における組織内違法コピー事案では、国内過去最高額で全世界でも過去2番目の高額となる和解が、今年に入り首都圏の学校法人とBSAメンバー企業間で成立しています。また、違法コピーやビジネスソフトウェアの管理を漫然と放置した経営者や管理者は、共同不法行為責任が生ずる可能性もあり、さらに著作権法違反には、行為者が10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金(併科可能)、法人には3億円以下の罰金という刑事罰が用意されるなど、組織内違法コピーの放置が企業や学校だけでなく、その経営者にとっての大きな潜在的リスクとなっています。


また、違法コピー以外にもソフトウェアの資産管理体制の不備が引き起こす弊害として、Winnyに代表されるファイル交換ソフトのインストールや、その発見が遅れることによる個人情報や機密情報漏洩リスク増大が挙げられ、多くの学生や受験生、その他関係者等に被害が波及することも考えられます。


BSAでは、大学における上記リスクを軽減し、ソフトウェア資産管理のきっかけとなるよう、この啓発活動への協力を広く呼びかけ、BSA評価簡易プログラムをはじめとするソフトウェア資産管理を推進し、引き続き安全で信頼できるデジタル社会の実現に貢献してまいります。


■BSA評価簡易プログラムについて
BSA評価簡易プログラムは、BSA評価プログラムの簡易版であり、ソフトウェアの資産管理体制の不備によるリスク軽減を目指す私立大学向けのプログラムです。
BSA評価プログラムは、ビジネスソフトウェアに関し、ソフトウェア資産管理が適切な状況にあるか、何か問題はないのか、管理レベルは高いのか低いのか、などを客観的に把握し、企業や大学、自治体内の管理責任者の疑問を解消し、系統立てて評価を行うことを目的に、管理状態をレベル0からレベル5までの6段階の成熟度で評価する手法です。
通常、監査法人により、数日間の現地評価作業を含む数ヶ月間が必要となりますが、本簡易プログラムは、監査法人による評価を簡易に行います。監査法人が作成する評価報告書を元に現状のソフトウェア管理状況の把握を行っていただくことができ、今後のソフトウェア管理の指針としていただくことができます。BSA評価簡易プログラムの概要等に関しましては、 (リンク ») をご参照下さい。


■BSAについて
ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は、世界80カ所以上の国や地域でビジネスソフトウェア業界の継続的な成長と、安全で信頼できるデジタル社会の実現を目指して、政策提言・教育啓発・権利保護支援などの活動を展開している非営利団体です。BSAは急成長を遂げるビジネスソフトウェア 業界をリードする企業で構成されています。1988年の米国での設立以来、常に政府や国際市場に先駆け、世界のビジネスソフトウェア業界とそのハードウェア・パートナーの声を代表する組織として活動をつづけ、教育啓発、および著作権保護、サイバーセキュリティー、貿易、電子商取引を促進する政策的イニシアチブを通して技術革新の促進に努めています。BSAのメンバーにはアドビ システムズ, アジレント・テクノロジー, アルティウム, アップル, オートデスク, アビッド テクノロジー,ベントレー・システムズ, ボーランド, CA, ケイデンス・デザイン・システムズ, シスコシステムズ, CNC Software/Mastercam, コーレル, デル, EMC, Frontline PCB Solutions- An Orbotech Valor Company, HP, IBM, インテル, アイナステクノロジー, マカフィー, マイクロソフト, Mindjet, Minitab, Monotype Imaging, PTC, クォーク, Quest Software, SAP, シーメンスPLMソフトウェア,ソリッドワークス, SPSS, サイベース, シマンテック, シノプシス, テクラ, The MathWorksおよび トレンドマイクロが加盟し活動を行っています。詳しくは、BSA日本ウェブサイトwww.bsa.or.jpまたは、BSA米国本部ウェブサイトwww.bsa.org/usa/ (英語)をご覧ください。



【この件に関する報道関係者のお問い合わせ先】
BSA 日本PR事務局 (MS&L内) 担当: 鎌田、佐藤、竹内
TEL: 03-5759-5871、 FAX:03-5759-5872
Email:bsa@mslpr.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから