エフルート、Q&Aサイト横断検索サービスを開始

複数インターネット質問サイトを横断的に検索可能に

エフルート株式会社 2008年04月09日

モバイル検索ポータルサイト「froute.jp/エフルート」(http://froute.jp/)を運営するエフルート株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤崇、以下エフルート)は、インターネット上の複数質問サイトの内容を横断的に検索可能な「エフルート・Q&A検索」を本日より開始いたします。

本サービスでは、froute.jpのTOPページに設置された検索窓に求める情報のキーワードを入力すると、複数Q&Aサイトの情報が横断検索され、200万件以上に上る情報の中から該当情報が「Q&A/知恵」のカテゴリーに振り分けられて表示されます。またエフルート独自のモバイル向け表示方式「Expand Search (TM)」を採用しており、動画・辞書・楽曲コンテンツなど複数の専門検索結果が同時に表示されながらも、見やすく探しやすいユーザーインターフェイスを実現しています。

現在、インターネット上でわからないことや知りたいこと等を質問すると、他のユーザーが回答してくれる「Q&Aサイト」の利用者数が急激に増加(*1)しています。大手Q&Aサイトで書き込まれた質問に対する回答が100件を超えるほど人気となり、書籍化された後にテレビドラマ化されるなど注目された質問も生まれています。これは、画一的な検索サービスでは応え切れない利用者の細かく条件設定された情報に対するニーズに人的な形で応えることが可能な為です。今日では、大手Q&Aサイトのほぼ全てがモバイル対応を開始しており、今後モバイルからの利用も急速に増加することが見込まれます。

 またモバイル検索では、「新宿のおいしいケーキ屋さん」などの口語文を検索窓に入力するユーザーも存在することから、口語文で記載されている質問文や回答文によって情報がヒットすることにより、このようなユーザーニーズに応えることが可能となりました。

今後もエフルートでは、多様なユーザーニーズを満たすための検索サービスを通じ、携帯電話の限られた画面スペースにおいて見やすく整理された情報を最適な形で提供し、アグリゲーターとしてのポジションを確立してまいります。


(*1)出典:(社)日本アドバタイザーズ協会 Web 広告研究会
(リンク »)

用語解説

[会社概要]

<エフルート株式会社>   (リンク »)

エフルートの運営する「froute.jp(エフルート)」( (リンク ») )は、月間ユニークユーザー数400万人をかかえるモバイル検索ポータルサイトです。2006年度より本格的なモバイル検索事業への事業集中を行い、NTTDoCoMo・auでは公式メニューから利用できるモバイル検索プレイヤーとして参入しました。エフルートでは、携帯電話向けに最適化された独自の表示方式「Expand Search(TM)」を採用しており、動画・複数公式サイトの楽曲情報・辞書などの情報が、見やすくカテゴリー分けされた検索結果で表示される検索サービスを提供しております。また、他社への検索機能の提供を積極的に進めており、携帯電話向け複数公式サイトの楽曲コンテンツ横断検索機能は、大手モバイルポータルサイトを始めとした30以上のメディアに採用され、業界シェアNo.1となっています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

エフルート株式会社の関連情報

エフルート株式会社

エフルート株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?