流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)、金融庁が4月から開始したEDINETで使用されるXBRLフォーマット、健診情報・特定保険指導情報ファイル仕様への「Allora」の対応を発表

株式会社クライム 2008年04月14日

株式会社クライム(東京都中央区、代表取締役:川上静子)は、同社が販売するXML - データベース変換Javaツールの「Allora」が流通システム開発センター(DSRI)標準化した流通ビジネスメッセージ標準(流通BMS)、金融庁が4月から開始するEDINETに使用されるXBRL形式、健診情報・特定保険指導情報ファイル仕様の3種類のXMLデータ形式をAlloraを使用してデータベースへのデータ変換することが検証されたことを発表しました。

「流通ビジネスメッセージ標準」は経済産業省の「流通システム標準化事業」の一環として、流通システム開発センター(DSRI)が標準化したXMLベースの次世代EDI(電子データ交換)です。同標準は、GMS(総合小売業)や食品スーパーが、卸売業者と取引する際に必要なメッセージ項目を定義したものです。

XBRLは企業の財務諸表などを記述するためのXMLベースの言語で金融、監査、会計、コンピュータなどの企業、団体からなる業界団体、XBRL Internationalによって仕様が制定されています。4月から金融庁EDINETへ提出する財務諸表データはXBRL形式で提出することになっています。

健診情報・特定保険指導情報ファイル仕様は特定健診・特定保健指導に使用されるXMLベースのファイル規格です。

■今回の対応に関する特長:

・「Allora」は「流通BMS」、XBRLフォーマット、健診情報・特定保険指導情報ファイルのXMLデータをリアルタイムにデータベースに取り込むことができます。
データベースは汎用的なリレーショナル・データベースのOracle, SQLServer, DB2, MySQL等がサポート可能です。


■ 「Allora」の製品概要:

Alloraの最新のXMLマッピングとデータベースを利用して、開発者は複雑なSQLやXSLTプログラミングを必要とせずに、リレーショナル/データベースに双方向アクセスが可能になります。Alloraは開発と導入を正確にスピードアップし、XMLエレメント/アトリビュートとリレーショナル・データベース間のデータ構造を 簡単に変換します。一度Alloraのマッピングが設定されれば、完全な双方向のXML-RDB アクセスが可能です。Alloraはリレーショナル・データに対するシンプルで、一貫したXMLインターフェースを開発者に提供します。

Alloraの検証済みXML スキーマ/DTDs: ACORD, AgXML, Bioml, CellML, CIDX, CXML, FpML, HL7, HR-XML, IFX, JusticeXML, LegalXML, MpXML, MISMO, OFX, PIDX, RosettaNet, UCCnet, VoiceXML ,XBRL, ebXML, CII/XML

Alloraの検証済みリレーショナル・データベース: DB2 UDB, DB2 for iSeries, Oracle, Microsoft SQL Server, Microsoft Access, MySQL, PostgreSQL, Sybase ASE, SQL Anywhere, Informix, GUPTA SQLBase, Ingres, JadaStore, Matisse, Pointbase, Solid, TimesTen, Pervasive, Visual FoxPro, Advantage CA IDMB, FairCom c-tree Server, Teradata, MaxDB

■ 製品形態:
「開発ライセンス」と「ランタイム・サーバ・ライセンス」から構成されます

■ 価格:オープン価格 

■ 動作環境:
「Allora」は100%Javaで記述されています。JDK1.3以上が稼動するWindows, Linux/Unixのプラットフォームで使用可能です。

「Allora」は米国Hit Software社 ( (リンク ») )が開発したJavaベースのミドルウェアで、クライムが2004年11月に日本国内での販売権を取得し、発売するものです。クライムでは、同じHiT Software社が開発したデータベース・レプリケーション・ツール「DBMoto(デービーモト)」、DB2用アクセス・ツール「SQL Middleware」,
インターネット、イントラネット通信セキュリティ・ツース「SafeConduct(セーフコンダクト)」を発売中です。

弊社ホームページ( (リンク ») )で評価版のダウンロードサービスも開始中です。

お問い合わせ先:
(株)クライム
ソフトウェア営業部
〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-25-4
日本橋栄ビル4F
TEL:03-3660-9336 FAX:03-3660-9337
(リンク »)
Email: soft@climb.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社クライムの関連情報

株式会社クライム

株式会社クライムの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR