第2回 インターネット関連業界の職種別給与調査 SE職の平均年収 594万円、プログラマ職の平均年収 409万円、 ネットワークエンジニア職の平均年収 444万円

ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社 2008年04月15日

From PR TIMES

      ~第2回 インターネット関連業界の職種別給与調査~
       SE職、プログラマ職、ネットワークエンジニア職
          それぞれ100名にアンケートを実施

            SE職の平均年収 594万円
          プログラマ職の平均年収 409万円
       ネットワークエンジニア職の平均年収 444万円

    SE職・ネットワークエンジニア職は年齢に比例した安定増加


 ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:香山 誠)が運営する、「インターネット」に強い転職サイト『イーキャリアプラス』は2008年4月4日~4月6日の3日間、インターネット関連業界に勤務するプログラマ職、SE(システムエンジニア)職、ネットワークエンジニア職の方それぞれ100名に給与アンケートを実施いたしました。

=アンケート総括=
 本調査において、インターネット関連業界に勤めるエンジニア職の平均年収を調査したところ、SE職は594万円、プログラマ職は409万円、ネットワークエンジニア職は444万円となりました。SE職については、40歳以上の平均年収が748万円となり、さらに、年収800万円を超える方が全体の15%を占めるなど、比較的高い年収を狙える職種であることを裏づける結果となりました。また、SE職とネットワークエンジニア職は年齢に比例して年収が上がっており、経験年数が年収に反映されやすい職種であることが伺えました。一方、プログラマ職では年齢に比例した大きな年収の増加は無いものの、40代以上の年収が大きく上がっており、フリーで仕事を行うなど、働き方次第でベテランプログラマが高収入を得られる様子が伺えます。
 それぞれの職種の平均経験年数は、SE職が10.1年、プログラマ職が6.7年、ネットワークエンジニア職が8.0年となっております。また年齢構成においても、プログラマ職、ネットワーク職では20代後半~30代前半がボリュームゾーンとなっている一方、SE職では20代後半~40歳以上まで、平均した構成になっており、それぞれの平均給与の数値にはこれらの要素が反映されたものと考えられます。
 なお、本調査は『イーキャリアプラス』が定期調査として企画した「インターネット関連業界の職種別給与調査」(第1回は営業職、マーケティング職の調査)の第2回目として実施したもので、当社では今後も継続的に同調査を実施していく予定です。

■平均年収
・SE職 594万円
・プログラマ職 409万円
・ネットワークエンジニア職 444万円

■平均経験年数
・SE職 10.1年
・プログラマ職 6.7年
・ネットワークエンジニア職 8.0年

インターネット関連業界の職種別給与調査 調査概要
■調査方法 :インターネットアンケート
■実施期間 :2008年4月4日(金)~4月6日(日)  
■対象地域 :全国
■対象者  :男女300名
■回答者属性:インターネット関連業界勤務
 SE職、プログラマ職、ネットワークエンジニア職各100名


【会社概要】
■会社名    :ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社
■代表者名   :代表取締役 香山 誠
■設立     :1999年9月30日
■所在地    :東京都中央区日本橋浜町3-21-1 日本橋浜町Fタワー16F
■業務内容   :インターネットを利用した転職情報サイトの開発および運営
■ホームページ : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社の関連情報

ソフトバンク・ヒューマンキャピタル株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR