PTCがFlexPLM(TM)9.0を発表 マーチャンダイジング、デザイン、調達データ管理などの最新機能を搭載

デザインプロセスから調達プロセスまで アパレル業界向け製品開発ソリューションとしての機能強化を実現

PTCジャパン株式会社 2008年04月16日

【2008年4月16日 】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PMTC、社長兼CEO:リチャード・ハリソン)は、4月7日(米国時間)、FlexPLM 9.0を発表しました。PTCは今回のリリースにおいて、業界で最も包括的なリテール・フットウェア・アパレル向け製品開発ソリューションの機能を充実させ、マーチャンダイジング、デザイン、調達などの部門やサプライチェーン・パートナーとのコラボレーション機能を強化しました。FlexPLM 9.0は主要デザインプロセスや調達プロセスを最適化するための業界最先端の新機能を提供します。

リテール、フットウェア、およびアパレル業界の企業にとって、マーチャンダイジングやデザインを製品開発や調達と連携させることは、製品をいかに迅速に市場投入できるかに結びついていくため非常に重要な課題となります。アパレル業界において多くのリーディング企業が利用する製品開発ソリューションFlexPLMは、今まで製品開発プロセスにおいて部門ごと特化し、共通点のなかった個々のソリューションを連動させ、企業が自社ブランドをより大きな価値として実現できるように開発された製品です。FlexPLM 9.0ではデザイナー、マーチャンダイザー、プランナー、サプライヤー、およびバイヤーが製品開発プロセスの初期段階で協力体制を確立し、従来よりも多くの製品を効率的に製造し、迅速に市場へと投入することができます。

FlexPLM 9.0には次のような新機能や機能強化が組み込まれています。

マーチャンダイジングおよびデザイン関連の機能
■Adobe Illustrator® Design Integration:
デザイナーは統合ソリューションとしてAdobe Illustratorを活用し、コンセプト製品を作成することができます。また同時に、FlexPLMに搭載された色および素材のライブラリーも利用することができます。

■Quick Spec:
技術設計者が最小限の労力で製品仕様書を作成することができます。

■高度なプランニング機能:
財務プラン、クリエイティブプラン、調達プラン、材料プランを作成し、特定のプランに対する開発のトラッキングを可能にします。高度なプランニングは、製品開発プロセスの初期段階でデザイナー、マーチャンダイザー、プランナー、およびバイヤーの協力体制を確立するために必要な機能です。

■プレースホルダー:
デザイナーはラインプランのプレースホルダーに対して複数のコンセプト製品を作成し、必要に応じてそれをシーズンラインに組込みます。これによりデザイナーは確立されたラインプランに対する製品コンセプトを作成し、採用率を高めることができます。

調達関連の機能
■見積り依頼 (RFQ: Request for Quote) 機能の強化:
デザイナーがRFQを作成し、それを1つまたは複数のサプライヤーへ送付し、複数のソースから見積もりのレビューを可能にします。

■サンプリング機能の強化:
デザイナーが複数の製品やソースに対して同時にサンプルを要求し、効果的なソース選択や管理を可能にします。

■オフライン・フォーム:
セキュリティやアクセス管理等インターネット環境が整備されていない国に拠点を置くサプライヤーとのオフライン作業を可能にします。

さらにFlexPLM 9.0では、グラフィックベースのユーザインタフェースの拡張や、カスタマイズオプションの増加、インデックス検索機能の向上など、操作性における機能も多数強化しています。

リズクレイボーン(Liz Claiborne, Inc.)社のアプリケーション開発ディレクターであるアブ・バカール(Abu Bakar)氏は、「PTCの『Retail Footwear and Apparel Customer Advisory Board』の年次総会にて、FlexPLMの新機能を確認する機会がありました。新機能の大きなメリットとしては、製品仕様書を迅速に作成し、製品開発・管理のサイクルタイムを短縮できることが挙げられます。PTCのソフトウェアは、顧客のリクエストが十分に反映されており、それらの要望が常に同社の製品ロードマップに組み込まれていることは一目瞭然です」と述べています。

米PTC社のリテール・フットウェア・アパレル産業戦略バイスプレジデントのキャサリーン・ミットフォード(Kathleen Mitford)は、「PLMの本当の価値は、製品開発のコンセプトからリテール販売までを視野に入れてソリューションを提供できることにあります。FlexPLM 9.0はPTCがリテール、フットウェア、アパレル分野のトレンドや課題に特化したソリューションとして業界に注力していることを明確に示した製品であり、初期プロセスと最終プロセスを結びつけ、組織が製品開発・管理のサイクルタイムを短縮し、世界的な市場において、トレンドに敏感なファッションを実現します」と述べています。

FlexPLM 9.0の発売スケジュールについて
FlexPLM 9.0は2008年夏に発売開始予定です。*
発売と同時にFlexPLMのメンテナンス契約が有効なお客様は、FlexPLM 9.0のダウンロードが可能となります。または現行のメンテナンス契約の範囲内で、PTCサポートサイトからCDを注文することもできます。

*製品の特長や機能を含む製品リリースの時期については、PTCの判断により変更される場合があります。


PTCのリテール・フットウェア・アパレル向けソリューションについて
PTCのリテール・フットウェア・アパレル企業向けソリューションは、リテール企業、ブランドアパレルメーカー、サプライヤーにおいて、商品のライフサイクル管理を実現するソリューションです。WebベースのFlexPLMを中心に、各社の要件に合わせた設定が可能な様々な機能を提供し、企業およびサプライチェーン全体で情報の可視化を推進します。PTCは世界各国のリテール・フットウェア・アパレルのトップブランドにソリューションを提供しているリーディング企業です。

PTCについて
米国マサチューセッツ州に本社を置くPTC(Nasdaq: PMTC)は、製品ライフサイクル管理(PLM)、コンテンツ管理、エンタープライズ・パブリッシングの各ソフトウェア・ソリューションを世界50,000社以上の企業に提供しており、その中には製造、出版、サービス、官公庁そしてライフサイエンスなどの産業分野の革新的な企業が含まれます。PTCの株式はNASDAQ市場に公開されており、S&P Midcap 400とRussell 2000の両指標に含まれています。

PTCジャパンについて
米PTCの日本法人(本社:東京都新宿区、社長:井上公夫)。コラボレーション環境に対応した機械系高機能3次元CAD/CAM/CAE「Pro/ENGINEER」、PLMソリューション製品群「Windchill」、エンタープライズ・パブリッシング・ソリューション「Arbortext」を販売、併せて製品開発業務プロセス改革コンサルティング・製品教育サービスを提供。1992年3月設立。国内4事業拠点。Webサイト: (リンク »)

*PTCの社名、ロゴマークおよびFlexPLM、Pro/ENGINEER、Windchill、ArbortextなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

PTCジャパン株式会社の関連情報

PTCジャパン株式会社

PTCジャパン株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR