SEOツール「DoctorSEO」、新機能を続々と追加。SEO対策をする際のキーワード選定やライバルサイトの設定をサポート。

株式会社GNETWORKS 2008年04月18日

From DreamNews

SEOツール「DoctorSEO」は、SEO対策をする際のキーワード選定やライバルサイトの設定をサポートする「関連キーワード検索」と「ライバルサイト検索」Yahoo、Google、MSN、百度の主要検索エンジンでの対象サイトのランキングとキーワードのインデックス数が一括で管理することが出来る4つの新機能を4月18日に追加します。

SEOツール「DoctorSEO」( (リンク ») 運営会社:株式会社ジーネットワークス)は、SEO対策をする際のキーワード選定やライバルサイトの設定をサポートする「関連キーワード検索」と「ライバルサイト検索」Yahoo、Google、MSN、百度の主要検索エンジンでの対象サイトのランキングとキーワードのインデックス数が一括で管理することが出来る4つの新機能を4月18日に追加します。


※SEOツール「DoctorSEO」 (リンク »)


■新機能の概要                           
SEOツール「DoctorSEO」新機能の概要は下記の通りです。

1)関連キーワード検索
SEO対策をしたいキーワードを入力すると、その関連キーワードが表示されます。
?
2)ライバルサイト検索
あらかじめ設定してあるSEO対策をしたいキーワードを選択すると、ライバルとなる現在検索エンジンで上位表示されているサイトが表示されます。
?
3)一括ランキングレポート
登録サイト、ライバルサイトについての下記のレポートを確認することができます。全てのデータをCSVにダウンロードすることが出来ます。


・Titleタグ
・metaタグ(description)
・metaタグ(keyword)
・Googleでの順位
・Yahooでの順位
・MSNでの順位
・百度(Baidu)での順位


4)一括キーワードインデックスレポート
登録キーワードについての下記のレポートを確認することができます。全てのデータをCSVにダウンロードすることが出来ます。


・Googleでの順位
・Yahooでの順位
・MSNでの順位
・百度(Baidu)での順位

※ SEOツール「DoctorSEO」 (リンク »)


■株式会社ジーネットワークスについて                


株式会社ジーネットワークスは2004年11月に設立された日本のベンチャー企業です。SEOツール「DoctorSEO」、SEO、海外検索エンジン向けSEO、SEM、多言語翻訳事業を展開。「SEO2.0」のエバンジェリストであるガネサン・ヴェラヤサン博士を中心とするチームにより開発されたSEOツール「DoctorSEO」はURL、キーワードを入力するだけで、SEO対策に必要な全ての情報やアドバイスを管理画面上でワンストップで可視化することが出来るSaaSです。SEO対策をアウトソーシングするのではなく、企業のWeb担当者がインハウスでSEO対策をすることが出来るようになり、Webマーケティングにかかるコストと時間を大幅に圧縮することが出来ます。


■プレスリリースに関する報道関係者のお問い合わせ先                 
取材、リンク、サービス内容等は下記までお気軽にお問い合わせください。


株式会社ジーネットワークス 広報チーム:配島、小島
〒108-0014 東京都港区芝4-13-3エフアイビル9F
TEL/03-5730-7450? FAX/03-5730-7489? email:press@gnetworks.co.jp

※記載されている会社名、製品名、サイト名は各社の登録商標または商標です。


■会社概要                               


・社名:株式会社ジーネットワークス
・代表者:ノザワ・グロリア
・本社:東京都中央区
・URL: (リンク »)
・設立:2004年11月9日
・資本金:1000万円
・従業員数:18名  
・事業内容:SEOツール「DoctorSEO」( (リンク ») )、
SEOツールBOX( (リンク ») )、SEO・SEM等のWebマーケティング業務
多言語翻訳( (リンク ») 英語、ポルトガル語、スペイン語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、中国語、韓国語等)

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!