「CeCOS II 東京:第2回 ネット犯罪対策運用サミット」学割販売を実施

~学生の情報セキュリティリテラシー向上と 意欲ある学生の参加支援のため~

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 2008年05月07日

インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、同社が代理販売する、Anti Phishing Working Group(APWG)主催のネット犯罪対策運用サミット「CeCOS II 東京:Counter eCrime Operation Summit II」の参加申込みページにおいて、学生向け割引の販売を開始しました。

報道関係者各位
 
平成20年5月7日
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
(リンク »)
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「CeCOS II 東京:第2回 ネット犯罪対策運用サミット」学割販売を実施
 
     ~学生の情報セキュリティリテラシー向上と
                  意欲ある学生の参加支援のために~
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
■■ 要約 ■■
 
インターネットビジネスの総合シンクタンクであるサイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社(代表取締役 土屋 継 東京都港区)は、同社が代理販売する、Anti Phishing Working Group(APWG)主催のネット犯罪対策運用サミット「CeCOS II 東京:Counter eCrime Operation Summit II」の参加申込みページにおいて、学生向け割引の販売を開始しました。
 
講座は5月26日・27日開催予定。
 
詳細ページ: (リンク »)
 
 
■■ 学割導入について ■■
 
学生割引の対象となるのは、学業を本業としている中高生、大学生、大学院性、研究生、専門学校生、予備校生の方で、金額は税込みで12,500円と通常価格のおよそ1/4近くの価格となっております。学割導入の背景としては、APWGの優先課題の一つである「ネット犯罪対策に関する教育啓蒙」と、学生のセキュリティリテラシー向上、そして意欲ある学生に対する参加支援などが挙げられます。国内外の民間企業、私的警備会社、当局関連機関、政府機関のネット犯罪対策の専門家による、犯罪事例やケーススタディについてのプレゼンや、パネルディスカッションなども催されます。ネット犯罪対策の国際協力のネットワークを広げる、大変公共性の高いイベントとなっており、学生の方々にとって、またとない機会となることを期待しております。
 
■■ プログラム概要 ■■
 
プログラムのオープニングには、APWG内のネット犯罪対策員、グローバルリサーチパートナー、具体的なネット犯罪を解決した個々のケーススタディーや地域的ネット犯罪と国際的ネット犯罪のトレンドを議論できるさまざまな方々によって討議されます。プレゼンターは、民間企業、私的警備会社、当局関連機関、政府機関、および世界中のコンピュータ緊急事態対策チーム(CERT)等が予想されます。真実の犯罪小説は、現場要員がデータと同様に連動させるスキルと、フィッシング攻撃を解決するために使われたツールとのバランスがとられています。
 
APWG事務局長、研究員、グローバルリサーチパートナーは、ネット犯罪の展望を詳細に説明し、グローバルネットワークインフラを確保する作業の整備とネット犯罪対策要員の努力を調和させるグローバルレスポンスの整備案を提案します。さらに、プレゼンターはネット犯罪データエクスチェンジ開発の仕様とネット犯罪対策アプリケーションを最適化にどうそれらを使えるかを調べます。そして、CeCOSIIの産業政策に関するプレゼンテーションは、たとえばフィッシングでダメージを受けたドメインネームシステム(DNS)レジストレーションプロセスのセグメント等で見られる、エクスプロイトされたブランド保有者(企業)と現場対応要員が仕事をするのを複雑にする業界ポリシーに関する調査します。
 
■プログラム構成: 2日間、1トラック構成、約20名弱のスピーカー陣
 
■テーマ(予定):民間企業・政府関係・捜査機関におけるネット犯罪対策担当者からの発表
 ・国際的なネット犯罪の展望
 ・ネット犯罪とそのレスポンスの技術
 ・実施されているネット犯罪対策運用ポリシー
 ・ネット犯罪対策の警察機関のオペレーション
 ・ドメインネームシステムポリシーワーキンググループからの報告
 
公式サイト: (リンク »)
 
 
■■ 開催概要 ■■
 
◆セミナー名:「CeCOS II 東京 :第2回 ネット犯罪対策運用サミット
       (The second annual Counter-eCrime Operations Summit)」
 
◆日時:2008年5月26日(月)~ 5月27日(火)
 
◆主催:APWG(Anti Phishing Working Group)
 
◆販売:サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
 
◆会場:グランドプリンスホテル赤坂 別館 ロイヤルホールム
    〒102-8585 東京都千代田区紀尾井町1-2
 
◆受講料:学生割引 12,500円(税抜 11,905円+消費税 595円)
     早期割引(5/9まで)43,300円(税抜 41,239円+消費税2,061円)
     通常価格 48,650円(税抜 46,334円+消費税2,316円)
 
◆お申し込み方法
 
1.弊社販売ページのご注文フォームよりお申し込みください。
 学生の方は、顔写真付学生証のコピーをFAX頂くかメールに画像貼付の上、
 下記へお送り下さい。
 
  FAX送付先 : 03-3560-1330
  メール送付先 : info@shop.ns-research.jp
  ※必ずお名前・ご連絡先と「CeCOS II 学割申し込み」とお書き下さい。
  ※携帯カメラの画像の場合、画像の文字が読めるかどうかご確認下さい。
 
2.ご入金、学生証を確認致しましてから、弊社より「受講票」をメールにて送
 付致します。
 
3.開催当日は、「受講票」、学生の方は「学生証」を一緒にご持参下さい。
 
販売ページ : (リンク »)
 
※お申し込みに関する注意点をご了承された上で、お申し込み下さい。
 
 
◆学生割引に関する注意事項
・学生証に顔写真が付いていない場合は、免許証等ご本人と確認できるIDも
 ご一緒にご用意下さい。
・カンファレンス当日は必ずお送り頂いた学生証の原本をお持ち下さい。
・社会人学生の方は学生割引対象外となります。
・学生割引に早期割引はございません。
 
◆お申し込みに関する注意点
 
<ご出席に関して>
・弊社よりメールでお送りする「受講票」を開催当日にプリントアウトして
 ご持参下さい。ご入金が確認出来ない場合または「受講票」「学生証」を
 お持ちでない場合、カンファレンスへの参加ができないことがあります。
 ご注意下さい。
 
・基本的にお申し込みされたご本人以外の方は、受講頂けません。
 受講表の譲渡、貸与はご遠慮願います。
 
・APWG会員様は、直接公式サイト(英語)よりお申し込み下さい。
  本サイトよりお申し込みされても、会員割引は適用されません。
※公式サイト(英語): (リンク »)
 
 
・申し込み多数の場合は受付を締め切る場合もありますので、ご承知置き下さい。
 
◆セミナーにご持参頂くもの
・受講票
・学生証(学生の方)
・筆記用具
 
 
■■ サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社 ■■
 
・設 立 :1995年10月
・資 本 金:257,916,250円
・代 表 者:代表取締役 土屋 継
・U R L: (リンク »)
・連 絡 先:〒107-0052
      東京都港区赤坂1-5-11新虎ノ門ビル9F
      TEL:03-3560-1368 / FAX:03-3560-1330
      info@ns-research.jp
 
 
■■ この件に関するお問い合わせ ■■
 
〒107-0052
東京都港区赤坂1-5-11 新虎ノ門ビル9F
サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社
TEL: 03-3560-1368 / FAX: 03-3560-1330
担当:谷口
info@shop.ns-research.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の関連情報

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社

サイボウズ・メディアアンドテクノロジー株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから