ALSI 持ち出しPCのアクセス履歴が把握できるクライアントセキュリティ「InterSafe CATS」に 内部統制対策にも最適な「Webアクセス監視機能」を追加

- 5/14~16開催の「情報セキュリティEXPO」にて新機能を初公開 -

アルプスシステムインテグレーション株式会社 2008年05月08日

 アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:麻地徳男、以下ALSI〔アルシー〕)は、4年連続市場シェア1位(※1)のWebフィルタリングソフト「InterSafe(インターセーフ)」のシリーズ製品である、クライアントセキュリティ「InterSafe CATS(インターセーフ キャッツ)」において、「Webアクセス監視機能」を新たに追加し、2008年5月8日より提供を開始いたします。  今回、新機能を追加することで、社外にPCを持ち出してインターネットを利用した場合でも、アクセス状況を把握することができるようになります。また、社内のポリシーと同様にセキュアな環境での利用が可能となることから、社外での利用時でも、情報漏洩や私的利用を防止し、内部統制対策を強化することができます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■製 品 名: クライアントセキュリティ「InterSafe CATS」
       (※CATS; Client Any Time Security)
        (リンク »)

■出荷開始日: 2008年5月8日~
■ターゲット : 社外でのインターネット利用者、小規模オフィス(サテライトオフィス)など
■価   格 : Webアクセス監視機能は、「InterSafe CATS」を導入している場合は
無償で利用可能。
        ※「InterSafe CATS」…5ユーザ 30,000円~(税別)
■販売目標 : 2008年度 30億円(「InterSafe」シリーズ合計 )

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■新機能追加の背景
 
 モバイルPCの普及により、企業では社外に持ち出したPCで業務を行うケースが増えています。しかし、社外に持ち出したPCで、SNSやブログ、Webメール、ショッピングサイト、オンライントレードなど、業務に無関係なサイトや個人が情報を発信することができるサイトにアクセスすることで、情報漏洩の危険性が増え、問題となっております。


 企業におけるフィルタリングソフトの導入は年々増加しておりますが、社内での利用に限られている場合が多く、社外での利用時に社内のセキュリティポリシーが連携されず、自由にインターネットにアクセスできる状況になっている場合が多いことから、PCを社外に持ち出した際の、インターネットアクセスマネジメントに対するニーズは、非常に高まってきております。
  

 このようなことからALSIは、社外にPCを持ち出した場合でも、社内での利用と同様にアクセスを制限することができる、クライアントセキュリティ「InterSafe CATS」に、新機能「Webアクセス監視機能」を追加し、2008年5月8日より提供を開始いたします。当製品は、2008年3月19日より発売を開始して以来、社外でのインターネット利用者や小規模オフィスの導入件数、引き合い件数が急増しております。ASP形式でのフィルタリングサービスであることから、大掛かりな設備投資の必要がないため、容易かつ安価に導入することができます。


 今回の新機能追加により、社外でのアクセス利用状況を把握することができるようになります。月間・週間で、「グループ/ユーザ別カテゴリ別アクセスレポート」、「グループ/ユーザ別アクセスレポート」、「カテゴリ別アクセスレポート」、「カテゴリ別アクセス比率」、「カテゴリ別トップ10グラフ」など、5種類のレポートを管理画面上で確認することができます。ユーザのアクセス状況を一元管理することができるため、社外での利用者や、各営業所の社員、長期出張者などの利用履歴も容易に把握することができるようになります。



■ Webフィルタリングソフト「InterSafe」について
(リンク »)

 ALSIは1997年に日本で初めてWebフィルタリングソフトの販売を開始した分け的存在であり、2000年より自社開発した国産Webフィルタリングソフト「InterSafe」の発売を開始いたしました。「InterSafe」は2003年より4年連続で国内市場シェア1位(※)を獲得し、企業、官公庁、学校、家庭、ISPを中心に、現在までに420万ライセンス以上の導入実績があります。

 「InterSafe」で規制するURLデータベースは、グループ会社であるネットスター株式会社( (リンク ») )より提供されているもので、2008年4月現在、約7,100万ページに及ぶ規制URLデータベースが登録されており、日本国内最大規模の約40名の専任リサーチャーによる目視確認により毎日更新しております。(URLリサーチセンター:仙台・東京・中国)

 またALSIは、携帯電話での有害情報フィルタリングにも力を入れており、ウィルコムのフィルタリング(閲覧制限)サービス用に「InterSafe」を提供しております。また、ネットスターのURLデータベースは、NTTドコモ、au、ソフトバンクモバイル、イー・モバイルのフィルタリングサービスにも採用されています。
(詳細情報 ⇒  (リンク ») )



■「InterSafe CATS」製品概要
   (リンク »)


(1)フィルタリング+プログラム起動制限
   
管理者がASPサーバ内のCATS管理サーバに登録したポリシーに準じてフィルタリングし、クライアントPCからのアクセスを規制します。指定されたファイル共有ソフトやメッセンジャーなどのプログラムを起動した際にも、アクセスを制限します。


(2)インターネット上のサーバでポリシー設定

ポリシー設定や各種管理は、管理者がASPサーバ内のCATS管理サーバにアクセスして実行します。グループ設定やユーザ管理など、管理機能も充実しており、ポリシーの更新も自由に行うことができることから、高水準なIT管理を手軽に実現することができます。


(3)ポリシーの設定変更を自動的に反映

インターネット上でグループ・ユーザ管理および、フィルタリングの設定を行うので、持ち出しPCにもインターネットを経由して、自動的にポリシーが反映されます。


(4)インストールが容易

クライアントは、ウェブから指定のプログラムをダウンロードするだけで簡単にインストールできます。



--------------------------------------------------------------------
<情報セキュリティEXPO 出展のお知らせ>

2008年5月14日~2008年5月16日に開催される「第5回情報セキュリティEXPO」
(会場:東京ビックサイト)に出展いたします。

当社ブースでは、「InterSafe CATS」の新機能を初公開するほか、Webフィルタリング
ソフト、情報漏洩防止ソリューションなど、様々なセキュリティ製品をご紹介いたします。
皆様のご来場をお待ちしております。


・会期: 2008年 5月14日(水)~5月16日(金)
   10:00~18:00 (16日(金)のみ17:00終了)
・会場: 東京ビッグサイト
・ALSIブース : 西5-11
・詳細URL: (リンク »)

--------------------------------------------------------------------

※1:IDC Japan株式会社「2006年 国内セキュリティソフトウェア 市場動向:
   セキュアコンテンツ管理、脅威管理製品市場」 (J6200105)「国内セキュ
   アコンテンツ管理市場」Webフィルタリング製品部門、株式会社富士キメ
ラ総研 「2007パッケージソリューション・マーケティング便覧」、
株式会社ミック経済研究所 「情報セキュリティソリューション市場の
現状と将来展望2007」の調査結果にて市場シェア1位を獲得。
※掲載されている会社名及び商品名は各社の商標または登録商標です。


*******************************************************
【このリリースに関するお問い合わせ・取材受付先】

アルプス システム インテグレーション株式会社
管理部 広報グループ 桑野 宏子( kuwano@alsi.co.jp )
〒145-0067 東京都大田区雪谷大塚町1-7
TEL:(03)5499-8043 FAX:(03)3726-7050
URL: (リンク »)
********************************************************

このプレスリリースの付帯情報

「InterSafe CATS」カテゴリ別アクセス比率グラフ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?