モバイル金融サービスによるバンキングおよびペイメントの市場

株式会社グローバル インフォメーション 2008年05月09日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、英国調査会社Juniper Researchの発行する最新の英文調査報告書「Mobile Financial Services Banking & Payment Markets 2007-2011」の販売を開始いたしました。

情報通信業界に関する調査を専門とする調査会社Juniper Researchがこのほど発行した調査報告書 "Mobile Financial Services Banking & Payment Markets 2007-2011" によると、2011には、携帯電話を利用してバンキングサービス/商品にアクセスする消費者は、8億1600万人にのぼり、2007年実績の10倍となる見込みです。


報告書では、金融機関がモバイル環境において消費者に提供する金融商品(金融情報サービス、資金振替、ビル・ペイメント、口座管理、顧客サービスなど)の種類が増えている、と報告しています。

また、世界のモバイルバンキング・トランザクション数は、2007年の27億から、2012年には37億にまで伸びる見込みで、数多くのサービスが世界中で展開されると予測しています。加えて、モバイル金融サービスのセキュリティ強化による消費者の信頼性の向上が、サービスの利用レベルに大きな影響を与える、とも報告しています。

【 英文市場調査報告書 】

Mobile Financial Services Banking & Payment Markets 2007-2011

モバイル金融サービスによるバンキングおよびペイメントの市場、2007~2011年

(リンク »)


出版社Juniper Research

出版日2008/02

【 本件に関するお問合せ先 】


株式会社グローバル インフォメーション


〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?