CSR、 Mio Technology社のP560ポケットPCに接続性を提供

パワフルなエルゴノミック デバイスに貢献するWi-Fi及び、Bluetoothソリューション

CSR Plc 2008年05月09日

CSR は、Wi-FiシングルチップのUniFi及び、BluetoothシングルチップのBlueCore4-ROMが、Mio社のPDA、「Mio P560」に採用されたことを発表しました。「業界最高レベルのスループット」、「最低消費電力」、「最速の組込機器向けWi-Fiテクノロジ」を提供するCSRのUniFiを搭載するP560のユーザーは、大容量ファイルを簡単に共有することが可能です。P560は、CSRのワイヤレス テクノロジをベースとして、優れたソフトウェアやGPSナビゲーション機能を搭載するスタイリッシュで多機能かつパワフルなポケットPC PDAデバイスです。

CSRのUniFiは、Wi-Fi機能のモバイル デバイスへの統合を望むOEMの皆様にとって理想的なソリューションです。UniFiは、一つの機器上で、Bluetooth無線との共存を実現します。BluetoothとWi-Fiが同時に動作している場合であっても、優れたデータレートとオーディオ品質を提供します。CSR のUniFiは、Microsoft WinCEやWindows Mobileのオペレーティング システムを搭載する携帯端末上で、高いスループットを実現できるように設計されています。デュアル オンボードRISCマイクロコントローラとクアドラプルQoSパケット キューがホスト プロセッサへの負荷を軽減するため、UniFiは、市販の組込機器向けWi-Fiソリューションの中で最高のパフォーマンスを誇ります。

CSRのBlueCore4-ROMシリコンは、音声・データ通信向けの、シングルチップ無線およびベースバンドBluetoothシステムです。BlueCore4-ROMは、「高い電力効率」、「外部コンポーネントの最小化」を実現し、CSPまたはVFBGAパッケージングで提供されます。BlueCore4-ROMは、最大3MbpsのBluetooth v2.0+EDR、Piconet及び、Scatternetのサポートし、eSCO(extended SCO)エンコーディングにも対応しています。BlueCore4-ROMは、v1.1/1.2デバイスとの下位互換性も備えています。CSRは、UniFi及び、BlueCore4-ROMを総合的な開発キットや開発者サポートとともに提供することで、最終製品開発メーカーが可能な限り短い期間で製品を市場に投入できるよう支援します。

CSRが供給する組込機器向けWi-Fiを使用しているMio社のP560では、ウェブの閲覧、更新データの受信、電子メールソフトウェアOutlookへのアクセスなどが可能です。P560は、20チャネルのGPSレシーバーにより、ナビゲーション デバイスとして使用することもできます。P560には、Outlook Mobile、Office Mobile及び、その他のWindowsアプリケーション(あらゆるマルチメディア ニーズに対応するメディア プレイヤーやピクチャ ビューア)を含むWindows Mobile 6が搭載されています。鮮明な3.5インチ カラーLCDディスプレイと薄型設計が特徴のP560は、魅力だけでなく、ポケットに入るコンパクトさも兼ね備えています。

CSR社、Wi-Fi Business Unit担当SVP、Neil MacMullenのコメント:
「CSRは、Mio社と再び協力して、Mio社の多機能製品にワイヤレス テクノロジを搭載することができ、とても嬉しく思っています。Mio社はP560で、極めて多くの機能を備えたデバイスを完成させました。P560は、インターネット タブレット、ワード プロセッサ、マルチメディア センター及び、汎用ハンドヘルドPCとして使用できます。このようなパワフルなデバイスでは、BluetoothやWi-Fiによる接続を必要とする広範な用途に対応可能な、優れたユーザー体験をもたらすクラス最高の接続性が不可欠です」

本件に関する問い合せ先
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

このプレスリリースの付帯情報

mio

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CSR Plcの関連情報

CSR Plc

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!