株式会社デジタル・メディア・ラボ、翻訳筆談ソフト「タッチde 好(ニーハオ) 筆談くん」を発売。

加賀電子株式会社 2008年05月12日

From DreamNews

株式会社デジタル・メディア・ラボ(本社/東京都文京区、取締役社長/西谷 隆)は、2008年7月10日(発売予定)、「ニンテンドーDS」用の新作タイトルとして、誰でも簡単に国際コミュニケーションができる翻訳筆談ソフト「タッチde 好(ニーハオ) 筆談くん」を発売いたします。価格は、3,990円(本体価格3,800円)です。

報道用資料                                                        2008年5月12日


<新製品のご案内>
書いて見せれば仲良くなれる! 国際コミュニケーションツールの決定版!!



ニンテンドーDS用2008年7月10日発売予定


株式会社デジタル・メディア・ラボ(本社/東京都文京区、取締役社長/西谷 隆)は、2008年7月10日(発売予定)、「ニンテンドーDS」用の新作タイトルとして、誰でも簡単に国際コミュニケーションができる翻訳筆談ソフト「タッチde 好(ニーハオ) 筆談くん」を発売いたします。価格は、3,990円(本体価格3,800円)です。




本ソフトは海外で言葉が通じない時に便利な筆談に、翻訳機能を

連動させた新時代の国際コミュニケーションツールです。

第一弾は2008年北京オリンピックと2010年上海万博で世界的に

注目が集まっている中国編を用意しました。

ニンテンドーDSならではの手書き入力を採用し、日中2ヵ国語入力にも

対応していますので、手軽に操作できるうえに使う人を選びません。

さあ、DS片手に国際コミュニケーションを始めましょう!


■手書き入力だから簡単操作で思いが伝わる 『日本語入力モード』

DSならではの手書き入力を採用していますので、電子手帳のように複雑な操作を覚える必要はありません。入力エリアに伝えたい文字を書き込んで該当する単語を表示させたら、ペンタッチするだけで中国語表記が現れるので相手に見せるだけ。従来の筆談同様に誰でも気軽に扱えます。単語は旅行で使う言葉を中心に約17,000語を収録。しかも、よく使う言葉は例文として収録しているので、長文入力する必要もありません。


■双方向だから中国語の気持ちが分かる 『中国語入力モード』

従来の電子手帳や指差し本ではこちらの意思を伝える事はできましたが、相手の返事を理解するのは非常に困難でした。優れた機器も相手が操作方法を知らなければ使えませんし、書籍は目的の単語を見つけるのに時間がかかりました。本ソフトは中国語入力に対応しているので、相手にタッチペンを渡してDSに簡体字を書いてもらえばすぐに日本語表示でき、相手の返事を誤解することなく理解できます。


■旅行に役立つ多種アシストモード搭載

本ソフトには通常の筆談モードの他に旅行中に役立つ様々なモードを用意しています。絵を描いたり、名前や電話番号のメモ書きに便利な『フリーモード』。遊びながら中国語が覚えられる『ミニゲームモード』。目的地を示したり、相手の出身地を聞いたりと重宝する『地図モード』。渡航者の多い北京、上海の『地下鉄路線図』。病気のときに役立つ『人体図』等々・・・旅行アシストツールが満載です。


※この件に関するお問い合わせ先:

TEL03-4455-3104 hitsudankun@dml.co.jp

(株)デジタル・メディア・ラボ CS推進室   吉田/稲葉まで御願い致します。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

加賀電子株式会社の関連情報

加賀電子株式会社

加賀電子株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!