ネットカフェとタイアップ『ネットカフェピングーサービス』開始!

株式会社ADKアーツ 2008年05月14日

From PR TIMES

ENCODE.LAB
ネットカフェとタイアップ『ネットカフェピングーサービス』開始!
高画質CMをネットカフェユーザーに配信
2008年5月サービス開始



                                  
5月14日
株式会社ADKアーツ


株式会社ADKアーツ(本社:東京都中央区 代表取締役社長:宮本崇弘)はネットカフェPCのデスクトップに
高画質な動画CMを配信するウィジェット型CM配信サービス「ネットカフェピングーサービス」を5月より開始いたしました。

■サービス概要
エンコードラボ(同社サービス)が保有する国内最大規模のインフラとウィジェット型インターネットCM「ピングー」の
システムを使用することで実現したサービスで、高画質な動画CMをネットカフェのPCに一斉配信いたします。
従来のバナー型広告と異なり、エンターテインメント性が高いムービーによる訴求が可能であることに加え、リンク機能を実装し、
ユーザーは興味をもった映像をクリックするだけで、さらに情報量の多いPCサイトへジャンプすることが可能となっております。
また、管理画面によりCMスケジュールの管理や、配信地域や店舗のセグメントなど、顧客のニーズに合わせた
フレキシブルな広告配信が可能となっております。
最短5営業日で配信を開始することができるので、キャンペーンなどにも即座に対応できます。
当サービスは、完全視聴保証型(※1)となっており、広告主はCMを高画質で且つ確実にネットカフェのユーザーに向け流すことができ、
またネットカフェ側は店舗での配信数に応じて広告料の一部を受け取ることができるビジネスモデルとなっております。

■今後の展開
現状、全国に約2800店舗のネットカフェがあり、その約40%にあたる1000店舗5万台(見込み)への導入を2008年7月までに予定しています。
全国2849店舗(2007年2月)の1日平均来店数は197.6人/1店舗となっており、1000店舗の導入が実現すれば、
月600万人が視聴できる可能性があるメディアに発展することになります。
現在、首都圏に20店舗を展開するネットカフェ、ムーパ(株式会社INCユナイテッド)でテスト導入を実施しており、
2008年7月までは、随時広告のモニター募集をしております。

エンコードラボでは、企業の皆様に必要とされるサービスを高いコストパフォーマンスと共に提供するとともに、
近未来のデジタルサイネージに向けた広告媒体開発から、情報セキュリティーマネジメントシステム(ISO27001)にも対応する
新しいソリューションを開発し順次提供を予定しています。



※1-視聴を保証する3つの機能
1.前面表示機能
ブラウザやアプリケーションよりも常に前面に表示され、画面の外には移動できません。
2.マウスイベント機能
マウスやキーボード入力を感知し配信。PCの前に人がいる状態で配信されます。
3.配信ログ管理
最後まで流れたCMを配信ログ管理でカウント。配信された分だけ広告料金をお支払いただきます。
さらにURLジャンプ機能により、画面をクリックすると任意のHPにジャンプ。

※-添付の画像に関して
ウィジェット型インターネットCM「Pingoo」
デスクトップ上で動作する小規模なアクセサリーソフトです。
インターネットからCMを流し、ユーザーが注目の情報をキャッチできる広告配信サービスです。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ADKアーツの関連情報

株式会社ADKアーツ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!