デベロップジャパン、監査体制強化のためにメールデータの一元管理に成功

~feedpath Zebra が実現した内部統制対策~

フィードパス株式会社 2008年05月20日

不動産業界を中心にインターネットを利用したマーケティング活動の支援から、広告・宣伝の総合プロデュース、各種イベントや販売ツールの企画・制作・運営までをワンストップでソリューションとして提供する株式会社デベロップジャパン(本社:東京都港区、代表取締役社長 高橋友広 以下、デベロップジャパン)はフィードパス株式会社( 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:津幡靖久 以下、フィードパス)が提供するSaaS型Webメール「feedpath Zebra」と「メールアーカイブ&監査オプション (※1)」を導入しメールデータの一元管理を行い内部統制対策として監査体制の強化に成功しました。

デベロップジャパンは、多くの取引先企業とのやり取りを自社運用のWebクライアントメーラーで行っていましたが、企業の成長と共に(入退社など)社員の出入りがあり、自社で社員の送受信メールデータの一元管理、保管することは、社内サーバやシステム管理者の負荷がかかり容易ではありませんでした。

 企業のIT化が進み、社内外を問わずメールがコミュニケーションの重要なツールとなっている今、メールデータを記録(確証)として扱い、監査対応や、不正の監視、統制活動に役立てようという動きが活発になってきています。内部統制の観点からメールデータは企業活動の証跡と捉える同社は、メールデータの一元管理と保管を監査体制の強化を目的として「feedpath Zebra」と「メールアーカイブ&監査オプション」の導入に至り、内部統制対策として安心したメール環境の構築に成功しました。

【導入経緯】
■メールは企業活動の証跡、監査体制強化のためメールデータの一元管理と保管をしたい

 デベロップジャパンでは、自社運用でWebクライアント型メーラーを活用していましたが、社員やメールデータの増加により社内サーバ及び管理者への負荷が大きくなり、さらに社員が「いつ、誰が、誰に、どんな内容の」メールを送ったか、または受信したかという情報を正確に保管することは容易ではありませんでした。同社では内部統制の観点から、送受信メールデータの保管の必要性を感じ、常に監査体制に対応可能なメール環境を整えるため「feedpath Zebra」と「メールアーカイブ&監査オプション 」の導入に至りました。
また、メール運用をアウトソースすることで、社内サーバやシステム管理者の負荷削減とともに、監査体制強化が期待できることが「feedpath Zebra」導入決定の鍵となりました。

【導入効果】
■社員のPC端末にメールデータを一切残すことなく、一元管理が実現

 同社はフィードパスにメール運用をアウトソースすることで、社内サーバやシステム管理者の負荷を大幅軽減でき、尚且つ、センターサーバでのメール一元管理を可能としました。これにより、情報漏洩を防止にもつながり、大切なメールデータを安心して管理可能です。

■メールデータを保管することで、急な内部監査も迅速に対応可能

同社のように外部との連絡に主にメールを活用する場合、(入退社など)社員の送受信メールデータを保管することで、内部統制として経営リスクを低減し、急な内部監査も迅速に対応可能な環境を実現しました。

 このように「feedpath Zebra」は、メール運用のアウトソーシングでお客様の負荷を削減するだけではなく、「メールアーカイブ&監査オプション」をご利用いただくことで内部統制対策として企業の重要な資産であるメールデータを全て保管することが可能です。「メールアーカイブ&監査オプション」に限らず、お客様が抱える導入や運用の不安や悩みをフィードパスのご用意する、オプションメニューを組み合わせることで柔軟に解決します。フィードパスは今後も多くのお客様にご利用いただくため、斯様な市場ニーズに対応し、付加価値の高いサービスを提供して参ります。

■feedpath Zebraについて
「feedpath Zebra」は、米国Zimbra社が提供するプロダクト「Zimbra Collaboration Suite」をベースにフィードパスが開発したSaaS型Webメールサービスです。メールの側面から、内部統制や情報漏えい対策を実現する企業コンプライアンスを重要視した設計の上、他社サービスとのシステム連携を可能とする高度な企業ニーズを実現するサービスです。

■デベロップジャパンについて
株式会社デベロップジャパンは、不動産業界を中心に『UMEプラットフォーム(User Management Emotional Platform)』を活用したwebソリューションを提供しています。『UMEプラットフォーム』は、設立当初より培ってきたwebプロモーションおよびweb制作のノウハウを詰め込んだwebソリューションパッケージです。『UMEプラットフォーム』の詳細はこちら  (リンク »)

■フィードパスについて
フィードパス株式会社は、インターネットを通じて「情報共有の価値」をご提供するテクノロジーベンチャーです。弊社は、企業向けアプリケーションソフトの SaaS ビジネスを中心に、アプリケーションソフトのライセンスビジネスの企画・開発、販売を事業ドメインにしています。個人・法人を問わず全てのお客様にご利用いただける革新的なサービスをご提供し、SaaS のリーディングカンパニーを目指します。

■ その他参考資料
・デベロップジャパン導入事例導入事例【 (リンク ») 】
・プロダクトサイト【 (リンク ») 】
・マスコミ各社様向け画像ページ 【 (リンク ») 】

■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
□フィードパス株式会社  ( (リンク ») )
広報担当 西川
〒150-0044 東京都渋谷区円山町 23-2 アレトゥーサ渋谷ビル3階
TEL:03-5728-2721
MAIL: fp-relations@feedpath.co.jp

※本プレスリリースに記載されている会社名、製品名等は各社の登録商標または商標です。

用語解説

(※1)「メールアーカイブ&監査オプション」
本来ユーザーが使用する領域とは別にアーカイブ専用領域を確保し、社内の全送受信メールを保存。監査の権限を与えられた特定のユーザーがこれら全メールに対して監査を行える仕組みです。feedpath Zebraではこの監査の際に多様な条件で検索を行うことができ、必要なときに該当メールのみを素早く抽出、監査を行うことが可能です。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?