堅調な伸びが期待できるアジア太平洋地域の電子メールセキュリティ市場

株式会社グローバル インフォメーション 2008年05月23日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Radicati Group, Inc.の発行する最新の英文調査報告書「Email Security Market in Asia/Pacific, 2008-2012」の販売を開始いたしました。

メッセージングおよびコラボレーションに特化した市場調査会社The Radicati Group, Inc.は、このほど、市場規模やインストールベース、売上高ベースのベンダー別市場シェア、向こう4年間の予測、全般的な市場のトレンドなどさまざまな側面からアジア太平洋地域における電子メールセキュリティ市場の動向を詳細に分析した調査報告書「E-mail Security Market in Asia/Pacific, 2008-2012」を発行いたしました。
電子メールセキュリティ市場は、電子メールセキュリティソフトウェア、電子メールセキュリティ機器、ホステッド電子メールセキュリティサービスの3分野に大別され、各分野の成長率は国によって大きく異なると予想されています。このうち、電子メールセキュリティソフトウェアの市場は、中国、インド、東南アジア諸国で高い成長率を示す一方、日本やオーストラリア、ニュージーランドなどの飽和市場では緩やかな伸びになる見通しです。また報告書は、この地域でも、セキュリティ機器やホステッドサービスなど、よりコスト効率の高い形態のソリューションに対する関心が高まっていると指摘しています。




【 英文市場調査報告書 】



Email Security Market in Asia/Pacific, 2008-2012



アジア太平洋地域のEメールセキュリティ市場:2008~2012年



(リンク »)




出版社Radicati Group, Inc.



出版日2008/05




【 本件に関するお問合せ先 】




株式会社グローバル インフォメーション



〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3



アーシスビル 7階



担当: 営業1課



E-mail:sl1@gii.co.jp



電話: 044-952-0102



FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR