『サイボウズ Office 7 が Microsoft Outlook や Windows Mobile とデ ータ同期 ~ サイボウズとの業務提携により、アイビィ・コミュニケーションズか ら「AIVY Sync for サイボウズ Office 7」を発売開始 ~』

サイボウズ株式会社 2008年05月29日

サイボウズ株式会社 (本社:東京都文京区 代表取締役社長 青野
慶久 (本名:西端 慶久) 以下サイボウズ) はアイビィ・コミュニケーシ
ョンズ (本社:東京都品川区 代表取締役社長 永沢 和義 以下アイ
ビィ・コミュニケーションズ) と業務提携。アイビィ・コミュニケーションズ
により、「サイボウズ Office 7」と「Microsoft Outlook」や「Windows M
obile」とデータ同期の可能な、「AIVY Sync for サイボウズ Office 7」
を開発。本日、2008年5月29日 (木)よりアイビィ・コミュニケーションズ
にて発売を開始いたします。

本製品は、「サイボウズ Office」の導入企業2万5千社、約200万ユー
ザーの中でも特に要望が多かった「サイボウズ Office」と「Microsoft
Outlook」のデータを相互同期できるソフトです。また、データを同期さ
せた「Microsoft Outlook」から、さらに「Windows Mobile」を搭載した
各種スマートフォンともデータの同期が可能です。これにより、端末間
でデータを移行させる手間を大幅に削減できます。同期できるデータ
は「スケジュール」、「アドレス帳」、「ToDoリスト」の3つです。

■「サイボウズ Office 7」と「Microsoft Outlook」・「Windows Mobile」
の同期■
(リンク »)

サイボウズではかつて、「サイボウズ Office」シリーズのオプションと
してデータ同期ソフトを自社開発しておりました。しかしPDA市場の衰
退、それに代わる携帯電話の台頭など、モバイル環境は大きく変化
してきました。その中でサイボウズでは製品開発の選択と集中を検討
。「サイボウズ Office 7」では開発リソースをサーバーソフトへ注力し、
データ同期ソフトの開発は手がけませんでした。ところが、データ同期
ソフトに対するお客様の要望が予想以上に多いことから、自社開発以
外での提供を検討。アイビィ・コミュニケーションズと業務提携し、今回
の製品を開発、発売に至りました。

提携の内容は以下の通りです。当製品の開発、販売、お客様サポー
トはアイビィ・コミュニケーションズが担当します。サイボウズからは、
当製品の開発に必要な「サイボウズ Office 7」の一部仕様を公開しま
した。また、Windows Mobile とのデータ同期にあたり、マイクロソフト
株式会社からも技術仕様についてのご支援をいただきました。今後の
活動におきましては、弊社ホームページにて製品紹介をするなど、プ
ロモーションの支援もしてまいります。

製品の発売に先立ちまして、2008年4月16日(水)に当製品のβ版を
公開いたしました。その結果、5月19日(月)までに767本がダウンロ
ードされ、当製品の注目度を伺い知ることができます。

目標としている販売本数は本年度中に500本を計画しております。

■今回のサイボウズ、アイビィ・コミュニケーションズ提携によるソフト
  開発にあたり、以下のエンドースをいただいております。

有限会社アイビィ・コミュニケーションズ様の「AIVY Sync for サイボウ
ズ Office 7」の販売開始、おめでとうございます。Windows Mobile 搭
載の携帯電話では、グループウェアと連携して会社のメール、連絡先、
スケジュールなどを簡単に同期させて持ち歩くことができますが、今
回発売になった「AIVY Sync for サイボウズ Office 7」を使うことにより
、新たにサイボウズのスケジュールデータやアドレス帳、ToDoリストと
も同期できるようになります。両製品を効果的に併用いただくことで、
外出の多いビジネスマンの生産性向上に寄与することを期待していま
す。

マイクロソフト株式会社
モバイル&エンベデッドデバイス本部
本部長
梅田 成二

■販売開始日
・2008年5月29日(木)

■製品説明ページ
(リンク »)

■製品ダウンロードページ
(リンク »)

■「AIVY Sync for サイボウズ Office 7」動作環境
・Windows 2000、XP、Vista
・Outlook 2002以降
・Windows Mobile 5.0およびWindows Mobile 6.0
 W-ZERO3
 EM-ONE
 iPAQ

■販売方法
・アイビィ・コミュニケーションズのホームページにて販売
※詳細
(リンク »)

■「AIVY Sync for サイボウズ Office 7」価格
・1本につき9,800円

■「サイボウズ Office」概要
・「サイボウズ Office」は、社員のスケジュール管理や業務連絡を行
 うことのできる中小規模向けWebグループウェアです。これにより、
 社員個人が持つ情報が共有され、業務の効率化を図ることができ
 ます。1997年から発売し、現在は2万5千社以上の企業で、約200
万人にご利用いただいております。「サイボウズ Office 7」は「サイ
ボウズ Office」シリーズの最新版です。当製品はホームページ h
ttp://kantan.cybozu.co.jp/office7/download/ からダウンロード
でき、無償で最長60日間ご試用いただけます。

■会社概要

□サイボウズ株式会社
・サイボウズはソフトウェア会社として1997年に設立されました。誰も
が簡単に使えることを追求したコンセプトに基づき、ビジネス用ソフト
ウェアを開発・販売しています。主力製品のWeb型グループウェア「サ
イボウズ Office」と「サイボウズ ガルーン」は、現在2万4千社に導入
され、220万を超えるユーザーにご利用いただいております。今後は
ソフトウェア事業だけでなく、インターネットサービス事業やモバイル
サービス事業などにも注力してまいります。

URL : (リンク »)
設立 :1997年8月8日
資本金 :553,000千円(2008年1月現在)
代表者名 :代表取締役社長 青野 慶久
所在地 :東京都文京区後楽一丁目4番14号
事業内容 :情報通信、情報提供に関するサービスやソフト
ウェアの開発、販売、保守

□有限会社アイビィ・コミュニケーションズ
アイビィ・コミュニケーションズは2000年に設立されました。主に自社
や受託ソフトウェアの開発を行っています。自社開発ソフトウェアとし
ては企業向けのインスタントメッセンジャー「AIVY Talk」やグループウ
ェア「サイボウズ ガルーン」用のリマインダーソフトウェアを開発・販売
しており、企業様ごとに異なるニーズに対応すべく各種カスタマイズを
お受けすることでご満足を頂いております。受託ソフトウェアは特定用
途向けWindows用デスクトップ・アプリケーションからWindows/Linux
Webサーバー上で動作するASP/Javaアプリケーションなどの実績が
ございます。

URL : (リンク »)
設立 :2000年2月22日
資本金 :3,000千円(2008年4月現在)
代表者名 :代表取締役社長 永沢 和義
所在地 :東京都品川区南大井六丁目27番28号
事業内容 :コンピュータのソフトウェアの設計・開発及び販売、
コンピュータ及びその周辺機器の設計・製造及び
販売、電子情報伝達機器の製造及び販売

■マスコミ各社様向け画像ページ
製品のロゴやキャプチャ画像をダウンロードいただけます。ご自由に利
用ください。

(リンク »)

------------------------------------------------------------
《本件に関するお問い合わせ先》
サイボウズ株式会社 (リンク »)
〒112-0004 東京都文京区後楽 1-4-14
後楽森ビル12階 
■マスコミ各社様からのお問い合わせ先
  マーケティングコミュニケーション部 PRグループ 村松 
pr@cybozu.co.jp
  TEL: 03-5805-9037 FAX: 03-5805-9036
■一般の方からの製品・購入についてのお問い合わせ先
  サイボウズ インフォメーションセンター 
contactus@cybozu.co.jp
------------------------------------------------------------
※本文中に記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標また
 は商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

サイボウズ株式会社の関連情報

サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから