2013年には10億以上のユーザーがオンラインビデオを利用

株式会社データリソース 2008年06月02日

米国の調査会社ABIリサーチ社は、2013年にはインターネット経由でビデオにアクセスする視聴者の数は最低10億人に達するだろうと報告する。

英国ロンドン、2008年5月27日
近年、ブロードバンドの普及と接続速度の全体的な向上により、オーバーザトップ(OTT)ビデオが急速に成長している。米国の調査会社ABIリサーチの調査レポート「キャリアのオーバーザトップインターネットビデオ戦略」によれば、今後数年間、インターネット経由でビデオにアクセスする視聴者の数は4倍近くに増加し、2013年には最低10億人に達するだろう。

「ブロードバンドビデオの急速な拡大によって、多くの市場でビジネスチャンスが生まれた」とシニアアナリストのCesar Bachelet氏は言う。「ありとあらゆる企業が、急速に成長するこの市場への参入を狙っている。そのなかには、BBCやNBC Universalなどのコンテンツ所有者、AOLやYahoo!といったインターネットポータルだけでなく、 YouTubeやDailymotionなどのユーザー生成コンテンツのサイト、CinemaNowやLovefilmなどのビデオ配信サイト、AppleやZattooなどインターネットTVプロバイダなど、様々な新しい市場参入者もいる。」

ブロードバンドネットワークの負担を軽減するため、コンテンツの配信方法も次第に変化している。例えば、ユーザーにより近いキャッシュにコンテンツを格納するコンテンツ配信ネットワーク、ユーザーのPCを利用するピアツーピアネットワーク、これら2つのアプローチを組み合わせたハイブリッドネットワークがあげられる。

この市場の拡大は、従来のペイTVオペレータにとって解決策を講じなければならない問題である。「ペイTVのプロバイダは、型にはまった対応をしないように留意し、顧客がこれらのサービスを利用しないようにするような対応を控えるべきだ。そのようなことをすれば、加入者の怒りを買ったり、サービスの低下を引き起こすだけだ」とBachelet氏は言う。

その代わり、同氏は「長いものには巻かれる」アプローチを勧めているが、それは脅威をチャンスに変えるためである。特にブロードバンドインフラの所有者にとって、PCのサービスは理想的なコアビジネスになり得る。「ペイTVオペレータは、人気が高い代替プラットフォーム経由のアクセスを提供することができ、従来のチャネル経由で入手可能なコンテンツ以上のものを提供し、新たな加入者を獲得することができるだろう」とBachelet氏は言う。

また、広告支援などの従来モデル経由の配信によって、ウェブコンテンツを導入することも可能である。

ABIリサーチの調査レポート「キャリアのオーバーザトップインターネットビデオ戦略」は、キャリアがビデオ配信サービスで収益を得るために、脅威をビジネスチャンスに変えるために導入すべき様々な戦略を概説している。

この調査レポートは「デジタルメディア年間リサーチサービス」および「マルチチャンネルビデオ年間リサーチサービス」の一環である。

◆調査レポート
キャリアのオーバーザトップインターネットビデオ戦略
(リンク »)

◆米国 ABIリサーチについて
(リンク »)

◆このプレスリリースに関するお問合せ
株式会社データリソース
107-0052 東京都港区赤坂4-5-6
Tel:03-3582-2531 Fax:03-3582-2861
(リンク »)
Eメール:info@dri.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社データリソースの関連情報

株式会社データリソース

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから