アクシスのネットワークビデオソリューションが 関西電力原子力発電所の火災監視システムに採用

~約1,000台のネットワークカメラを導入し、 IP映像監視システムと火災報知システムとの統合を実現~

アクシスコミュニケーションズ株式会社 2008年06月11日

 世界のネットワークカメラ市場のリーディング企業である、アクシスコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:浅野誠一、以下アクシス)は、関西電力株式会社(本社:大阪市北区、取締役社長:森詳介、以下関西電力)が所有する原子力発電所の火災監視システムに、アクシスのネットワークビデオソリューションを採用したことを発表いたします。アクシスのネットワークカメラ「AXIS 215 PTZ」をメインとし、別モデルの「AXIS 211」を併せて約1,000台のネットワークカメラの導入が決定しました。また、アナログ映像監視システムとの統合を図るため、ビデオエンコーダ「AXIS 241Q」、「AXIS 241S」と、ビデオデコーダ「AXIS 292」も採用されています。


 発電所は、大規模施設ゆえそれぞれのカメラが広い範囲をカバーする必要があり、さらに、火災報知システムが作動した緊急時には、状況の詳細を的確に把握することが必要です。今回導入された火災監視システムにおいては、火災報知システムに、映像情報を付加することで、より信頼性の高いシステム、かつ、広範囲をカバーする多数のカメラからの映像を効率よく管理可能な映像管理システムの構築を目的としています。



<アクシスのネットワークビデオソリューション>
 信頼性という点において、ネットワークカメラ世界市場で導入実績No.1のアクシスのネットワークカメラが評価されました。特に、アクシスのネットワークカメラはオープンなアーキテクチャを備えており、火災報知器のアラームとカメラの連動を、容易にシステム化できたことが大きな導入理由となりました。また、アクシス製品のコストパフォーマンスの高さも評価されました。


 導入される約1,000台のネットワークカメラのうち、大部分を占める「AXIS 215 PTZ」は、360度のパン範囲を実現し、12倍光学と4倍デジタルで計48倍のズーム能力を備えており、施設内の広範囲をカバーしながら、高精細画像で詳細をとらえるモニタリングを可能にしました。また、火災報知器が作動するとその方向へカメラが一斉に向くようプログラミングされているため、監視者は様々な角度から状況を的確に把握することができます。緊急時に一定の光源が確保できない状況でも、高品質な画像を提供できるデイナイト機能も備えています。


 さらに、今回のシステムでは、既存のアナログ映像監視システムを活用しながら、IPベースの映像システムとの統合、共存利用をも実現しています。ビデオエンコーダ「AXIS 241Q」 と「AXIS 241S」の2機種が採用され、既存のアナログカメラを接続するだけで簡単にIPベースのシステムに接続できます。さらに、ビデオデコーダ「AXIS 292」を使い、アクシスのネットワークカメラから取り込んだデジタル映像をリアルタイムで高品質のアナログ信号に変換し、アナログモニターでの閲覧を可能にしました。


 なお、映像管理・表示ソフトウェアにはトリワークス社のネットワークカメラ管理ソフトウェア「ArobaView」が採用されています。本システムでは、ビデオエンコーダに接続されたアナログカメラとネットワークカメラの映像を同一のインタフェースで表示し、簡易な操作による管理と、簡便なカメラ映像へのアクセスが可能になりました。


 本案件の導入及び運用支援については、株式会社クリハラントが行い、本年度内に全ての納入が完了する予定です。




■株式会社クリハラントについて
火力・原子力発電所や、一般プラント、民間のビル、官公庁の研究施設などの電気・計装・機械分野において設計・施工管理を行っている総合エンジニアリング会社です。電力部門は、会社草創期からの基幹部門として、技術力と信頼の実績を積み重ね、多くの発電プラントの建設に携わり、その実績が評価され、メンテナンスにも参加しています。


■株式会社トリワークスについて
株式会社トリワークスは『デジタルイメージ・コミュニケーション』を理念に置き、画像に関わるあらゆる分野に取り組んでいる会社です。監視カメラソフトウエア業界でトップシェアを獲得した『ArobaView 』、デジタルとリアルがシームレスで1つになった世界初のWEBアルバムサービス『DigiBook』、ユーザー100万人超のメガサイト『デコレ&絵文字DX』、工事写真業界トップシェアの『蔵衛門御用達』など、様々な分野に対して、常に自社開発で生み出したオリジナルの製品やサービスを世の中に送り出しております。


■アクシスコミュニケーションズ株式会社について
アクシスコミュニケーションズ株式会社は、ネットワークカメラを中心としたネットワークビデオソリューションをワールドワイドで展開するスウェーデンのAxis Communications ABの日本法人として1994年に設立されました。当社の製品は、独自設計のASICを採用し、高い画像品質とネットワーク接続性を誇っています。また、オープンスタンダード技術に準拠することにより、他システムとの統合性および、システムの柔軟性と拡張性の高さを実現しています。アクシスのネットワークカメラは、1996年の出荷以来、主にセキュリティ監視や遠隔モニタリング用途として、世界70ヶ国で100万台以上(2007年10月現在)が導入され、日本国内でも多くの導入実績を誇ります。詳細は (リンク ») をご覧下さい。


■本件問合せ先■
アクシスコミュニケーションズ株式会社 マーケティング
〒108-0075 東京都港区港南2丁目16番1号 品川イーストワンタワー13階
TEL:(03) 6716-7850 FAX:(03) 6716-7851
E-mail: marketingkk@axiscom.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アクシスコミュニケーションズ株式会社の関連情報

アクシスコミュニケーションズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR