軟脳軟件(北京)、中国ならではの携帯ショートメッセージ(SMS)を利用した 営業支援サービス「eセールスマネージャー for SMS」販売開始

~中国で主流のSMSを使い、店舗情報をリアルタイムに収集・分析~

ソフトブレーン株式会社 2008年06月17日

ホワイトカラーの業務効率改善サービスを提供するソフトブレーン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 秋山真咲)の子会社である軟脳軟件(北京)有限公司(中国北京市、総経理 七田真之、以下軟脳軟件)は、中国の携帯電話市場で主流のSMS(ショートメッセージサービス)を活用した新サービス「eセールスマネージャー for SMS」の提供を開始いたしました。これにより、店舗販売員から現場の情報をスピーディかつ正確に収集、把握することが可能となります。

 中国経済の発展に伴う国内消費者の購買意欲の向上から、各種メーカーにとって中国市場での拡大のチャンスはますます広がってきています。しかし、地域ごとの格差を考慮しながら、広大な国土をカバーするためには、多種多様な形態を有する数百、数千といった店舗を管理していかなくてはならず、大きな課題となっています。全店を網羅した管理システムや設備構築をするには、膨大な投資と時間がかかってしまい、変化の早い中国市場での商機を逸する可能性があります。
 そこで、注目されているのが、携帯電話端末のSMSです。既にユーザー数が5億人を超えた携帯電話は、ほぼ中国全土を網羅する通信手段であり、特に気軽な情報交換としてSMSは大いに活用されています。

 今回、軟脳軟件で提供を開始した「eセールスマネージャー for SMS」は、SMSを使って、必要な情報を収集し、その情報が自動的にデータベースに登録され、集計、分析を行えるサービスです。
 例えば、日用消費財、食品メーカー、家電、アパレルなどの店頭管理に活用でき、販売員が各店舗の日次の売上データや在庫情報などさまざまな情報を「eセールスマネージャー for SMS」を使って送信、収集し、本部や経営者は、集計したデータをリアルタイムに分析し、統括的な管理や営業戦略に役立てることが可能となります。現在の中国市場に適した、画期的な営業支援システムです。
 専用のSIM/UIMカードを入れるだけで、どの携帯電話からも利用可能であり、販売員が持っている携帯電話をそのまま活用できます。

 軟脳軟件では、すでに多数の引合いがあり、日系企業を中心に販売を開始し、今期10社への導入を目指しています。

以上

■価格
SIM/UIMカード発行初期費:50~100元/枚
月額ランニング費:50~100元/枚
※単価はライセンスボリュームに応じて変わります。
※システム初期導入費は別途お問い合わせください。

※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【軟脳軟件(北京)有限公司について】
URL: (リンク »)
事業内容:コンサルティングおよびサービスパッケージ販売、研究開発、オフショア開発、日中進出支援

【ソフトブレーン株式会社について】
URL: (リンク »)
事業内容:
非製造部門の業務支援ソリューションの提供
・改革支援ソリューション事業
・BPO事業

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR