無線LANの電波の死角を解消する天井・壁設置ブラケット AT-BRKT-J25を新発売 ‐「無線APと天井・壁設置キットのバンドル販売キャンペーン」を実施‐

アライドテレシス株式会社 2008年06月30日

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、 無線LANアクセスポイントAT-TQ2403を壁面や天井に自由にレイアウトでき、無 線LANの電波の死角を解消する専用ブラケット「AT-BRKT-J25」 の発売にあわ せて、AT-TQ2403とのセットでご提供する「無線APと天井・壁設置キットのバンド ル販売キャンペーン」を7月2日から9月30日(出荷分)まで実施します。

アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、
無線LANアクセスポイントAT-TQ2403を壁面や天井に自由にレイアウトでき、無
線LANの電波の死角を解消する専用ブラケット「AT-BRKT-J25」 の発売にあわ
せて、AT-TQ2403とのセットでご提供する「無線APと天井・壁設置キットのバンド
ル販売キャンペーン」を7月2日から9月30日(出荷分)まで実施します。

新たに発売されるAT-BRKT-J25を使用しAT-TQ2403を天井に設置することで、
従来の壁掛け設置の場合パーティション等で死角になるスペースにも電波が届
くようになります。また、壁掛け設置の場合、遮蔽物の裏などは反射波により通
信することが多くなり電波強度が安定しないケースがありますが、天井設置では
均等に電波が届くため、安定した通信が可能になります。なお、キットは天井貼
り付け用と無線AP格納用に分けており、一体型に比べて天井設置作業が容易
です。さらに、盗難やいたずらを防止する南京錠、ケンジントンワイヤー取り付け
穴*1を装備しており、セキュリティー面でも安心して設置することができます。

AT-TQ2403は、IEEE 802.11a/b/gを同時使用可能な、
WPA/WPA2(Wi-Fi Protected Access)セキュリティー対応のアクセスポイントです。
オフィス環境での使用を想定しダイナミックVLANやAPクラスター機能の他、PoE
スイッチからネットワークケーブル経由で電源供給が可能な
IEEE 802.3af PoE (Power over Ethernet) 規格にも対応しています。
さらに簡易RADIUSサーバー機能も内蔵し、サテライトオフィス等の小規模環境でも
IEEE 802.1X認証の導入が容易に行えます。

本キャンペーンでは、AT-TQ2403とAT-BRKT-J25のセット(通常価格52,600円*2)
を、通常価格より2,800円*2お得なキャンペーン特価49,800円*2でご提供します。
「無線APと天井・壁設置キットのバンドル販売キャンペーン」をこの機会に是非ご利
用下さい。
*1 南京錠、ケンジントンワイヤーロックは付属していません。
*2 税別価格

製品名           標準価格(税別) リリース予定日
AT-BRKT-J25     13,800円      7月2日

《無線APと天井・壁設置キットのバンドル販売キャンペーン》
■実施期間;2008年7月2日から9月30日出荷分まで
■対象製品
製品名              キャンペーン価格(税別)     
AT-TQ2403-J25 49,800円
(バンドル販売製品内訳)・無線AP AT-TQ2403 標準価格38,800円
                ・ブラケット AT-BRKT-J25 標準価格13,800円

-------------------------------------------------------------------
<<製品に関するお問合せ先>>
TEL:0120-860442

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから