エンタープライズBIレポーティング Actuate 9 SP3を販売

~RIAを容易に実現できるプラットフォームにより、高いインタラクティブ性とリスクの少ない運用環境の実現~

アクチュエイトジャパン株式会社 2008年07月01日

Rich Internet Applications Without Limits のリーダーであるアクチュエイト ジャパン 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦大洋 以下、アクチュエイト)は2008年6月18日、同社製品「Actuate」の最新バージョン、「Actuate 9 SP3」の販売を新価格体系で開始しました。

 Rich Internet Applications Without Limits のリーダーであるアクチュエイト ジャパン 株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:三浦大洋 以下、アクチュエイト)は2008年6月18日、同社製品「Actuate」の最新バージョン、「Actuate 9 SP3」の販売を新価格体系で開始しました。「Actuate 9 SP3」は、ユーザーにインタラクティブなオンライン コンテンツを提供するコラボレーティブ レポーティング アーキテクチャおよびリッチインターネット アプリケーション(RIA)対応の情報プラットフォームを特長とします。


 Actuate 9 SP3は、豊富な表現力が強化されました。企業データを効率よくインタラクティブに取得し、顧客・パートナー・従業員は日々変化する要望に適応するパーソナライズされた新しい分析基盤を作成しデータを見ることができます。より迅速に効率的に構築することができます。更には、初めてのユーザーからパワーユーザーまで、どこでも、誰にでも(ファイアウォールの外側・内側のユーザー)魅力的なビジュアルで、より関連のあるオンライン情報を届けることができます。


 アクチュエイトは、急速に普及しつつあるオープンソースBIテクノロジーBIRT(EclipseファウンデーションのBusiness Intelligence and Reporting Toolsプロジェクト)に対してサーバー製品を提供している唯一のプロバイダーです。
これにより、Actuate 9 SP3は最新のオープンソースBIRT 2.2の様々なレポートタイプとパワフルで豊富な新機能を組み込み、多岐に渡るレポーティングおよび小規模なプロジェクトを含むデプロイ要件を実現することによって、コラボレーティブ・レポーティング・アーキテクチャの価値を増やしました。
また本製品は、ユーザー利便性の最適化とパフォーマンスの向上が図られています。そして、BIとレポーティング アプリケーションのより迅速な開発、および小規模から大規模システムまでの経済的な構築が可能です。


 米国アクチュエイト社 上級副社長 マーケティング担当ノビー・アキハは、「我々の顧客は、ユーザーの期待を満たすためにインタラクティブな情報を要望しています。このために、Actuateサーバー製品、開発ツール製品およびエンドユーザーが受け取るレポートにおけるリッチネス、アクセサビリティおよびユーザービリティの最大化をアクチュエイトはお約束します。これは、『リッチ インターネット アプリケーション(RIA)対応』であることを意味します。」と説明します。
さらに、ノビー・アキハは、以下のように続けます。「Actuate 9 SP3は、SOAベースの統合インターフェースからリッチでインタラクティブなパーソナライズされたコンテンツまで、強化、改善されたあらゆるウェブ技術を取り入れています。Actuate 9 SP3に対するユーザーの反応は素晴らしいものでした。このようなユーザーの反応は、製品に対する我々自身の熱意を勇気づけるとともに、我々の戦略の確かさを立証しています。」


Actuate 9 SP3では、エントリーモデルとしてiServer Expressを提供します。本製品は、エンドユーザー向けに開発された技能指向の開発ツールスイートとBIRTをベースに拡張された製品です。


■iServer Express
iServer Expressは、iServerの一般的に最も要望される機能を搭載した特別に設計されたレポートサーバーであり、単一サーバー構成でのプロジェクトや部門単位での用途向けです。このレポートサーバーの立ち上げ、稼働には60分を要さず、BIRT、BIRT Interactive Viewer、BusinessReport Studio、e.SpreadsheetとInformation Objectsを搭載します。そして、オープンソースの本質である参加型、オープン、インタラクティブな開発およびモジュール方式はあらゆる規模のBIプロジェクトに利用され、情報を適切なユーザーへ配信するリッチ インターネット アプリケーションの構築を確実にします。価格は、25ユーザー 450,000円~となっています。


■Actuate BIRT
BIRT Report DesignerおよびBIRT Report Designer Professionalでは、非常に視覚的なWebレポート、リッチなダッシュボード、アドホック レポート テンプレートを作成し、Webブラウザで配信することができます。
Actuate 9 SP3では、BIRT 2.2が実装され、ダイナミック・クロスタブ レポート、レポート パラメーター リストの複数選択、新しいグラフタイプと新しい出力フォーマットが強化されました。また、Webブラウザ上でインタラクティブにレポートを作成することができるレポートオーサリング機能BusinessReport Studioでは、テンプレートと多くの新機能が強化されました。


主な新機能
●ダイナミック・クロスタブレポート
●レポートパラメーター リスト複数選択
●新しいグラフタイプ(ガント、バブル、差異、円錐、円柱など。またスタック、パーセントスタック、サイドバイサイド、3D等のユーザーカスタマイズが可能。)
●新しい出力フォーマット(PowerPoint、Excel、Wordなど)


すべてのActuate BIRTベースの製品は、iServer ExpressとiServer Enterpriseサーバー デプロイ環境で稼働します。(あらゆる規模のプロジェクトとファイアウォールの外側・内側のどちらでも適応します。)
iServerは、エンドユーザーが信頼できる重要なビジネス情報を迅速に受けることを確実とするためにベンチマークで証明された無類のスケーラビリティを提供しています。
更には、ストリームラインのiServerシステム管理者向けユーザーインターフェースを含み、強力なユーザービリティ、スケジューリング機能、パラメーター処理の強化をしています。そして、簡易管理画面によりインストールおよびセットアップも容易にします。


また、Actuate 9 SP3では、e.Reportとe.Spreadsheetオプションのパフォーマンス、ユーザービリティおよび開発生産性も強化されています。


■e.Spreadsheet
e.Spreadsheetは、iServer ExpressとiServer Enterpriseのどちらの環境でも提供されます。そして、小規模から大規模までのユーザーコミュニティのために投資効率のよいスプレッドシートの自動化および配信を提供することにより、その魅力および有用性を広めています。


■e.Report
アクチュエイトのフラッグシップ レポート オーサリングツール(e.Report Designer Professional)は、レポート構造、クラス階層、オブジェクトロケーションおよびリファレンス機能の理解を助けるために、多数の開発者生産性が強化されました。ナビゲーションと構造パネルはより分かりやすくなり、そして、新たにレポートアウトプット デバッグ機能が提供されました。


【用語の説明】
・Rich Internet Applications Without Limits™とは?
 リッチ インターネット アプリケーション(RIA)対応情報プラットフォーム 
・コラボレーティブ レポーティング アーキテクチャとは?
 レポート開発者、パワーユーザー(ビジネスユーザー)、レポート閲覧者(エンドユーザー)といった異なったスキルレベルの利用者間でレポート設計を双方向に行き来を可能としたActuate独自のアーキテクチャ。
 レポート開発者向けにはEclipseベースの開発環境「BIRT Report Designer Professional、パワーユーザー向けにはブラウザ上でレポートを作成可能な「BusinessReport Studio」、レポート閲覧者向けにはレポート閲覧時にブラウザ上でカスタマイズ、保存、共有可能な「Interactive Viewer」をそれぞれ提供することで異なる利用者間でのレポートの共有、加工、再利用といった連携が可能になります。
 またこのアーキテクチャはオープンソース レポーティングプラットフォーム「 BIRT 」がベースとなることで初めて可能になりました。


【参考情報】
アクチュエイト製品のデモツアー
  (リンク »)
リッチ インターネット アプリケーション プラットフォーム で実現できること
  (リンク »)
Actuate 9 SP3 ホワイトペーパー
  (リンク »)
iServer Express デモ
  (リンク »)
iServer Express Linux版 無料トライアルダウンロード
  (リンク »)
iServer Express Windows版 無料トライアルダウンロード
  (リンク »)


【問い合わせ先】
アクチュエイト ジャパン株式会社
営業本部 マネージャー
平山 愉二
Email: yhirayama@actuate.com
Tel: 03-5456-5406
ホームページ: (リンク »)


<アクチュエイト ジャパンについて(Actuate Japan Co., Ltd.)>
 アクチュエイト ジャパン株式会社は、企業パフォーマンスの飛躍的な向上を支援するリッチインターネット アプリケーションプラットフォームの世界的なリーディングカンパニー、米国アクチュエイト社(米国カリフォルニア州サンマテオ、NASDAQ:ACTU)の日本法人(設立:1996年)です。
主力製品「Actuate」は、エンタープライズ環境における全てのアプリケーションに、業界最高クラスのスケーラビリティ、信頼性、柔軟性、パフォーマンスを備えた次世代リッチ インターネット アプリケーションがすぐに使える情報プラットホームです。あらゆるユーザー(従業員、パートナーおよび一般顧客)に対し、簡単にアクセスでき容易に理解することができる情報を提供します。これはアクチュエイトが提供する世界最大のオープンソースEclipseファウンデーションのトップレベルプロジェクトBIRTに裏づけされています。
全世界で4200社以上(国内では440社以上)の企業に採用されています。アクチュエイト社は米国で1993年に設立されました。ワールドワイドにビジネスを展開しており、日本をはじめ、シンガポール(APAC)、中国、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスに拠点を展開しています。 (米国本社 : (リンク ») 日本: (リンク ») )

「Rich Internet Applications Without Limits」および「Actuate」は、アクチュエイト社の登録商標です。その他の社名やトレードマークは各企業の所有するトレードマークです。
Copyright(C) 2008 Actuate Corporation.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?