(i-mode・EZweb・Yahoo!ケータイ) 「うた&メロ取り放題☆」 会員限定ポイントサービス リニューアル

日本エンタープライズ株式会社 2008年07月01日

 モバイルソリューションカンパニーの日本エンタープライズ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 植田勝典)は、i-mode/EZweb/Yahoo!ケータイ公式サイトとして提供中の『うた&メロ取り放題☆』にて、平成20年7月1日(火)より「会員限定ポイントサービス」をリニューアルいたします。
 今回のリニューアルにより、毎月付与されるポイント数が大幅に増加いたします。そして、平成20年7月2日(水)より、貯まったポイントでプレゼントに応募ができる「プレゼントサービス」を開始いたします。
 当社は、今後もお客様にお楽しみいただけるモバイルコンテンツ提供に努めてまいります。


●ポイントサービス リニューアル概要

<付与ポイント数の変更について>
会員ステータス(会員期間)     変更後    変更前
通常会員(入会初月)        300pt/月  150pt/月
シルバー会員(2ヶ月~5ヶ月継続) 600pt/月  250pt/月
ゴールド会員(6ヶ月以上継続)  2,000pt/月  500pt/月
※既存会員の方には、7月時点の会員ステータス(継続期間)に応じて、自動的に新ポイントルールが適用されます。


<プレゼントサービスについて>
毎月付与されるポイントを10,000pt貯めると、プレゼントに応募する事が出来ます。
「1,000円分音楽ギフト券」が抽選で毎月100名様に当たります。
※本サービスは平成20年7月2日(水)より開始となります。
※応募受付期間は平成20年12月31日(水)までとなります。
※応募翌月に抽選を行い、当選者を決めます。当選者決定時に退会している場合、当選権利は無効となります。
※保有ポイント数の上限は12,000ptとなります。



●サイト基本情報
サイト名称
うた&メロ取り放題☆

情報料(税込)
月額280円

アクセス方法
i-mode[iメニュー]⇒[メニュー/検索]⇒[着うた・着モーション]⇒[声・楽器・アレンジ]
Yahoo!ケータイ[メニューリスト]⇒[着うた・ビデオ・メロディ]⇒[着うた] ⇒[アレンジ・楽器]
EZweb[トップメニュー]または[au oneトップ]⇒[カテゴリ検索]⇒[着信メロディ・カラオケ・ボイス]⇒[J-POP]
※平成20年7月3日(木)[トップメニュー]または[au oneトップ]⇒[カテゴリ検索]⇒[着うた]⇒[アレンジ]へ変更となります。

※月額会員にご登録いただくことで、全てのカバーアレンジ楽曲が、取り放題・聴き放題となります。
※サイト閲覧、楽曲ダウンロード時には、別途パケット通信料が必要です。
※サイトのご利用に際し、各社のパケット定額制へのご入会を推奨します。


●本件に関するお問い合わせ先
【報道関係の方】
日本エンタープライズ株式会社 総務部 広報・IR課 【担当:松本】
TEL:03-5774-5730  FAX:03-5774-5735  MAIL: ir@nihon-e.co.jp

日本エンタープライズPR事務局(ランドジャパン内) 【担当:久保・渡邊】
TEL:03-5793-3500  FAX:03-5793-3511  MAIL: nihon-e_pr@rd-j.com

【一般の方】
日本エンタープライズ株式会社 サポートセンター
TEL:03-6830-0618  MAIL: uta-q@nihon-e.co.jp

※ 「i-mode」、「iメニュー」は、株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。
※ 「EZweb」は、KDDI株式会社の登録商標です。
※ 「Yahoo!」は、米国Yahoo! Inc,の商標または登録商標です。
※ 「着うた」は、株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントの商標または登録商標です。
※ 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

日本エンタープライズ株式会社の関連情報

日本エンタープライズ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?