デジタルハリウッド大学院主催 キネマ旬報社Presents、映画業界ビジネスセミナー開催

デジタルハリウッド株式会社 2008年06月17日

From PR TIMES

デジタルハリウッド大学大学院 主催
キネマ旬報Presents

映画業界ビジネスセミナー
「映画Blog口コミ分析」
~新しい時代のマーケティング手法が見えてきた!~

開催日時:2008年7月8日(火)13:30~15:00
会場:デジタルハリウッド大学大学院・御茶ノ水キャンパス 1階セミナールーム



 この度、日本初の株式会社による専門職大学院、デジタルハリウッド大学大学院(本校:東京都千代田区
 学長 杉山知之 以下大学院)では、鳥取大学と共同でBlog(ブログ)のデジタル口コミ力を中心とした
映画のマーケティング研究成果を発表するセミナーを7月8日に開催することとなりました。
 今や映画ビジネスは大きな時代の変化の波にさらされています。
 業界全体に及ぶこの変化の背景には、シネコンの台頭と飽和、配給チャンネルの多様化、DVD市場の構造変化と、
様々な時代的要素が考えられます。また、それらの背景にある放送と通信の融合に象徴されるコンテンツ流通の
抜本的な変革要望が、繰り返し視聴が可能なコンテンツとしての映画の価値を高めていることもあります。
 そんな中、経済価値を高めるために必須である「ヒット作り」のための宣伝手法も、ネット時代の到来で大きく
変貌を遂げ、従来型のマーケティング手法が通用しなくなってきている現状があります。BlogやSNS等のデジタル
口コミ力は、映画マーケティングにおいても不可欠な存在となってきています。
 このようなデジタルによる社会変化の中で様々な研究をおこなうことは、今日的に有意義なものと考え、
「ヒット現象の数理モデル」の研究を当大学院と行っている鳥取大学工学部応用数理工学科の数理物性力学研究室
(代表;石井晃鳥取大学教授)と共同で、Blogのデジタル口コミ力を中心とした映画のマーケティング研究を重ねてまいりました。
 本セミナーでは、それらの研究成果を下記のとおり報告すると同時に、それらの研究成果から予測される
今後の映画マーケティング手法の提言を行います。さらには、セミナーを通じて業界からの生の声も吸収させていただき、
今後の研究に生かしてまいりたいと考えております。
 つきましては、7月8日(火)13時30分より開催いたします当セミナーに、万障お繰り合わせの上、
ご参加並びにご取材いただけますようお願い申し上げます。
取材ご希望の方はEメール(press@dhw.co.jp)にてご返信ください。




<第一部>ヒット学による現代的ヒット法則の変化(10分)
■デジタルハリウッド大学院 吉田就彦教授
映画ビジネスの現状やヒット学の背景、ネット時代のヒット現象の変化等を業界的な解釈を含めて解説し、
今日的なヒット法則を概観

<第二部>ヒット現象の数理モデル(10分)
■鳥取大学 石井晃教授
ヒットを数理的現象ととらえてモデル化した「ヒット現象の数理モデル」の解説とモデルによる今日のヒット現象の特徴を解説

<第三部>Window戦略におけるBlog活用法(20分)
■デジタルハリウッド大学院 新垣久史研究員
ドキュメンタリー映画「ホテル・ルワンダ」と「白バラの祈り」のBlog解析によるWindow(劇場とDVD)比較分析

<第四部>映画マーケティングにおけるBlog口コミ活用の可能性(40分)
■デジタルハリウッド大学院 吉田就彦教授
■鳥取大学 石井晃教授
これまでの「ヒット現象の数理モデル」研究の成果と、最近1~2年のメジャー映画のBlog分析等による映画
マーケティングにおけるBlog口コミの活用法や効果的な広告宣伝手法の提言、及びDVDWindowにおける効果度も合わせて発表

質疑応答(10分)


【開催概要】 
提供スポンサー:キネマ旬報社
主催:デジタルハリウッド大学大学院/鳥取大学工学部/ヒットコンテンツ研究所
協力:日刊興行通信社、ウイント、レントラックジャパン
日時:2008年7月8日(火)、13時開場、13時30分開演、15時00分終了予定
場所:デジタルハリウッド大学大学院・お茶の水キャンパス 1階セミナールーム
   東京都千代田区神田駿河台2-3 DH2001Bldg.
(アクセス)「JR/御茶ノ水駅 御茶ノ水橋口」・「丸ノ内線/御茶ノ水駅」・
「千代田線/新御茶ノ水駅」から徒歩2分
(リンク »)


【参加申し込み方法】下記URLよりエントリーしてください
(リンク »)
*マスコミの方は上記URLからお申し込みされませんようご注意ください。


【イベント内容に関するお問合わせ】
キネマ旬報社 TEL:03-6439-6400
デジタルハリウッド大学 産学官研究センター
担当:斉藤・安藤 TEL:03-5296-9811


【当プレスリリースに関するお問い合わせ、取材お申込み】
デジタルハリウッド株式会社 広報戦略部 広報PRグループ:川村
(mail:press@dhw.co.jp)
TEL:03-5281-9248  FAX:03-5281-9229


マスコミの皆様で、参加ならびに取材ご希望の方は、お手数ですが以下フォームにご記入の上、
7月7日(月)迄にEメールにてお申し込みください。

>>返信先:press@dhw.co.jp
  (デジタルハリウッド株式会社 広報戦略部 広報PRグループ:川村行き)

【取材お申し込みフォーム:下記をコピペしてお送りください】
-----------------------------------------------------------------------

貴社名:

貴社媒体名:

お名前1:

お名前2:

お名前3:

代表者連絡先:
(Eメール)
(電話番号)

取材方法:(該当するもの全てご記入ください)
・TVカメラ ・VIDEOカメラ ・スチールカメラ ・ペン取材

-----------------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから