大学生に特化したコミュティサイト『LinNo(リンノ)』 ~7月より、関西本格展開を開始~

株式会社リンノ 2008年07月03日

From PR TIMES

大学生に特化したコミュティサイト『LinNo(リンノ)』
~7月より、関西本格展開を開始~
(リンク »)



株式会社リンノ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:松本龍祐)は、
自社が運営する大学生向けコミュニティサイト『LinNo(リンノ)』を、
2008年7月より関西の大学に向けて本格的に展開していくこととなりました。
 関西学院大学と同志社大学の二大学を展開し、関西学院大学では
サイトオープン一ヶ月で、同大学の総学生数10 %に当たる2,000名の登録者を、
また、同志社大学でも同じく2000名の登録者を目標としております。
今後同大学を拠点に関西展開を進め、9月までに関西圏10校での展開を
予定しております。

----------------------------------------------------
<大学生向けコミュニティサイト『LinNo』について>
----------------------------------------------------
 『LinNo』は、「大学生の生活をもっと便利にし、大学生の可能性を広げる」ことを
目標に、大学生向けに特化した機能と、個別大学向けにローカルプロモーションを
行っているのが最大の特徴です。
 練習日程などを共有できる「サークル機能」や、大学生同士で作成した資料などを
共有できる「ファイル共有機能」をはじめ、オリジナルな機能として
情報を貯めて整理する「ノートフォルダ」などを実装しています。
 『LinNo』は、2007年12月より慶應義塾大学でテストプロモーションを開始し、
現在は東京都内にある10大学に展開しています。年内には、全国で50校を目標に、
サービス開始を予定しております。

----------------------------------------------------
<大学生中心のプロモーション>
----------------------------------------------------
 株式会社リンノの執行役員には現役大学生5名が就任し、
大学生が中心となってプロモーションを行っています。大学生目線で
機能開発を行うことにより、更なる大学生に特化したサイトの運営を目指します。
 また、企画から組織運営の全てを大学生が担当することにより、
自主性が高く、スピード感のある組織運営を実現しています。

----------------------------------------------------
【株式会社リンノ】
----------------------------------------------------
■会社名  :株式会社リンノ
■代表取締役:松本 龍祐
■所在地  :東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目29番4号LinNoビル
■資本金  :21,495万円
■設 立  :2008年3月
■事業内容 :大学生向けコミュニティサイト「LinNo」の運営
大学生向けマーケティング
■URL    : (リンク »)

----------------------------------------------------
【株式会社コミュニティファクトリー】
----------------------------------------------------
■会社名 :株式会社コミュニティファクトリー
■代表取締役:松本 龍祐
■所在地  :東京都渋谷区千駄ヶ谷3丁目29番4号LinNoビル
■資本金 :620万円
■設 立 :2006年2月
■事業内容 :SNSの企画・開発、SNSサイト運営、ブログサイトの企画・開発・運営
       インターネット上のコミュニティサイトの構築・運営
       ソフトウェアの企画・開発・管理・運営・及び販売
■URL : (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社リンノの関連情報

株式会社リンノ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから