キャリアはFMCについて未だ不安を抱える

株式会社グローバル インフォメーション 2008年07月09日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社In-Statの発行する最新の英文調査報告書「Enterprise FMC: A Lot of Activity, But Lagging Demand for Now」の販売を開始いたしました。

ハイテク市場の調査を専門とする米国の調査会社In-Statがこのほど発行した報告書「Enterprise FMC: A Lot of Activity, But Lagging Demand for Now」によると、有線および無線ネットワーク間におけるシームレスローミングの有益性は認められていますが、FMCの広範な展開には多くの課題が残されています。なかでも最重要の課題は、FMCを収益に対する脅威とみなす無線キャリアに対して、説得力のあるビジネスケースを見つけることです。

主として個人消費者市場に重点を置いているT-Mobileを除いた米国におけるケースですが、企業におけるFMCソリューションの必要性に対する認識の遅れが通信主要企業の動きを鈍らせているのではなく、彼らがかつて経験したような、今後数年間にわたり浸透していく、説得力のあるソリューションの開発を目指しているのだとIn-Statでは考えています。


同報告書では以下の点が明らかになっています。
・20%のWi-Fi利用企業はWi-Fi上で音声を利用
・FMCは利益を生み出すことが出来るのか?
・需要の遅れにもかかわらず、SIPフォンはUMAフォンを上回り、デュアルモードセルラー/Wi-Fiの出荷数は今後数年にわたって著しく増加する

【 英文市場調査報告書 】

Enterprise FMC: A Lot of Activity, But Lagging Demand for Now

エンタープライズFMC市場:多くの取り組みがあるが、当面は低迷する需要

(リンク »)

出版社In-Stat

出版日2008/06


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!