CSR、Skyhook Wireless社とWi-Fiポジションニング テクノロジにおいて提携

CSRのWi-Fi ICに、ロケーション機能を統合

CSR Plc 2008年07月09日

CSRは、本日、ハイブリッド ポジショニング システムであるXPS2.0、及びWi-Fiポジショニング システムの開発メーカー、Skyhook Wireless Inc(米国マサチューセッツ州ボストン、以下「Skyhook Wireless社」)と、事業提携を結ぶと発表しました。この提携により、CSRのWi-Fiシリコン、「UniFi」に、ポジショニング機能が搭載された業界最先端のロケーション ソリューションが統合、提供されることになります。

Skyhook Wireless社の中核テクノロジであるWi-Fiポジショニング システム(WPS)は、Wi-Fiアクセス ポイントを探知してジオロケーション テクノロジによるロケーション情報の既存データベースと比較し、精確なロケーション情報の生成を可能にするソフトウェアです。製品開発メーカーは、ユーザーのロケーション テクノロジのニーズを満たすLBS(Location Based Services:ロケーション ベース サービス)をより容易にサポート及び、提供できるようになります。

CSRとSkyhook Wireless社が提供する統合ローケーションテクノロジは、Wi-Fi対応のモバイル デバイスの普及と共に、著しい成長が見られるLBS市場に向け、大幅に強化されたポジショニング テクノロジの可用性及び、精確性を実現します。このテクノロジを使用する製品開発メーカーやアプリケーション開発メーカーは、屋内外を問わず、迅速かつ精確に動作するユーザー向けロケーション テクノロジの開発が可能になります。また、ユーザーは、このシステムを利用することにより、旅行の計画、付近にいる友人の探知、最寄りのレストランの検出等のタスクのより迅速かつ確実な実行が可能になります。

CSR社、モバイル ハンドセット コネクティビティ ビジネス ユニット、マーケティング担当主任、Raj Gaweraのコメント:「当社が取り組んでいるeGPS開発に加え、ロケーション情報にさらに重要な特徴を与えるWi-Fiテクノロジの可能性にたいへん期待をしています。Skyhook Wireless社のWi-Fiロケーション テクノロジは、市場をリードする当社のWi-Fiテクノロジを見事に補完するものであり、当社のGPS開発に非常に適しています。Skyhook Wireless社のテクノロジが提供するWi-Fiロケーション情報とGPS等の他のロケーション センサーを組み合わせたこのシステムは、ロケーション テクノロジを大幅に飛躍させる可能性を大いに秘めています」

Skyhook Wireless社、ビジネス ディベロップメント担当VP、Michael Shean氏のコメント:「CSRは、Wi-FiとGPSソリューション業界のリーダーです。当社は、いつでもどこでも使用できるロケーション テクノロジの可用性と、精確性という目標を追求する為、CSR社と事業提携できたことを喜ばしく思います」

CSRのUniFi Wi-Fiテクノロジに関する詳細は、以下をご参照ください。 (リンク »)
CSRのロケーション テクノロジに関する詳細は、以下をご参照ください。
(リンク »)


本件に関する問い合せ先
      
シーエスアール株式会社
深田 学
E-mail:prjp@csr.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

CSR Plcの関連情報

CSR Plc

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR