ECサイト構築のECBB、Bangkokstation Network Company Limited提供のタイ・マッサージ検索『Spa-Thailand.com』のWeb展開を共同事業でプロデュース

ECBB株式会社 2008年07月14日

From DreamNews

ECサイト構築・CMS構築・ブログ構築等のパッケージ販売を手掛けるECBB株式会社(代表取締役社長 松浦康裕)は、Bangkokstation Network Company Limited(代表取締役 丸 幸太郎)が提供するThailand・BangkokのSpa・Massage検索サイト『Spa-Thailand.com』のサイト構築、運用、プロモーションを含む総合プロデュースを開始しました。

ECBB株式会社[ (リンク ») ]は、サイト構築や運用費の一部または全部を負担する代わりにWebで得た利益を発注者とシェアする「レベニューシェア事業」[ (リンク ») ]を展開しています。『Spa-Thailand.com』[ (リンク ») ]はThailand・Bangkokにある500件以上のSpa・Massage店舗情報を掲載するタイ最大のマッサージ検索サイト。ECBBがWebサイト制作・運用・グローバルSEO対策などを担当し、Bangkokstationによるタイ現地での広告販売をバックアップしています。

ECBB株式会社は「Going Global, Internet Love.」を提唱し、『Spa-Thailand.com』を事例とする英語圏向けWebサイト構築や外国企業のパートナー獲得など海外事業の拡大に取組んでいます。


【レベニューシェア・パートナーのメリット[ (リンク ») ]】


●Webサイト構築・運営・集客の費用削減
ECBBにて、初期構築費用の一部または全額、運用費の一部を負担します。
システム開発やWebサイト構築、ECサイト構築・運営・SEO対策等の集客にかかる費用を大幅に削減することができます。


●良好な関係を構築
パートナーとして共同でビジネスを行なっていくという形です。
本来、別途費用が発生する仕様変更や修正も無償対応が可能です。


●ノウハウの享受
それぞれが持つ「ノウハウの強み」を合わせることでビジネス成功の可能性が飛躍的に上昇します。ECBBの豊富なWebビジネス実績と保有しているパッケージ(ECサイト構築・CMS構築・ブログ構築・SEO対策・自社アフィリエイト)を提供します。


●確かな実績
これまでの10年間で3,000サイト以上のWebサイト構築、現在、数百サイト・数百台のサーバーを運用しています。既存のパートナーには年商100億円、月間1億PVクラスのECサイトが存在し、成功事例を皆様へ共有します。


以上

--------------------------------------------------------------
【ECBB株式会社 会社概要】


名称:ECBB株式会社
代表取締役社長 : 松浦 康裕
本社住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 渋谷アサヒビル 8階
TEL:03-5468-6427
FAX:03-5468-6428
E-MAIL:[info@ecbb.jp]
URL:[ (リンク ») ]


事業内容:
・ECBBレベニューシェアサービス
  (リンク »)  

・ECBBオンラインショップ構築・ECサイト構築パッケージ
  (リンク »)  
・ECBB自社アフィリエイトシステムSEO対応
  (リンク »)  
・ECBB SEO対策
  (リンク »)
・ECBBブログ構築・ブログポータル構築システム
  (リンク »)  
・ECBB CMS構築(SEO対応)
  (リンク »)
・ECBBメール配信ASP・メール配信システム
  (リンク »)

--------------------------------------------------------------

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから