調査結果「女性は値上げよりも容量減派が優位。乳製品、卵の値上げに『意外』という声」

「値上げ」と「容量減」、女性は「容量減」派が優位     ~意外な値上げ品は「乳製品」「卵」「ペットフード」

株式会社アイシェア 2008年07月22日

ブロガー向け情報サイト「ブロッチ(http://blogch.jp/)」などネットマー ケティングを展開する株式会社アイシェアは同社が提供するサービス会員を パネラーとするリサーチ結果を発表した。

<調査概要>
世界的な小麦価格の高騰などを背景に、食料品を中心とした値上げ傾向が続
いている。ネットユーザーはどのように考えているのか?20代から40代を中
心とする男女431名の回答を集計した。

内容量が変わらずに価格が上がる「値上げ」と、価格はそのままで内容量が
減る「容量減」ではどちらがいいか?と聞いたところ、「商品による」が全
体の61.0%で最も多く、「数十円相当の内容量減少」が21.6%、「数十円の
値上げ」が17.4%となった。男女別で見ると「商品による」は男性の57.5%
に対し女性は64.9%で女性の方が高い割合となっている。「数十円相当の内
容量減少」は男性が21.2%で女性が22.0%、「数十円の値上げ」は男性が
21.2%で女性が13.2%となっており、「容量減」と「値上げ」は男性が同じ
割合なのに対して女性は「容量減」派の方が多いという結果となった。

内容量を減少するような「価格の据え置き商品」をどう思うか?と聞いたと
ころ、全体では「商品によっては仕方がないと思う」が54.3%、「仕方がな
いと思う」が32.7%で、あわせると87.0%もの人が「容量減は仕方がない」
と回答している。一方「容量は減らさず値上げした方がいいと思う」は男性
が15.0%、女性が7.3%となっており、女性の方が男性よりも「値上げ」によ
り敏感であることが伺える。年代別に見た場合、「仕方がない」は20代が
37.3%、30代が35.3%、40代が27.6%と年代が上がるにつれて低くなってお
り、「商品によっては仕方がない」は20代が49.3%、30代が53.2%、40代が
59.1%と年代が上がるにつれて高くなっている。年代が上がる程、「容量減」
をよりシビアに見ていると言えそうだ。

意外だと思った値上げ品を自由回答形式で聞いたところ「(バターやチーズ
等の)乳製品」や「卵」等の食料品の意見が多く、「マクドナルド」「近所
のラーメン屋」等の外食や、「ペットフード」「洗濯洗剤」といった食料品
以外のものも。「どんなものでもあがっているので意外なものがない(33歳
女性)」や「意外だと思うものはないが、毎日に必要な商品が続々と値上げ
になって家計を圧迫している。(40歳女性)」といった切実な意見もあった。

<調査データ>
・価格の据え置き商品をどう思いますか?
・内容量が同じで値上げと、価格そのまま内容量を減少ではどちらがいいで
すか?
など

※男女別、年代別に集計

詳しくはWEBをご確認下さい。

<調査概要>
有効回答数:431名
調査日:2008年7月8日~2008年7月10日
男女比:男性:52.4% 女性:47.6%
年代比:20代:15.5% 30代:46.6% 40代:29.5% その他:8.4%

-----------------------------------
 「物価高騰に関する意識調査」

 ◆詳細はURLからご利用下さい.画像などはご自由にご利用下さい。
   (リンク »)
 ブログのネタを届けるブロガーの為のブログニュース「Blogch.jp」
 ────────────────────────────────
■リリースについてのご連絡先
 株式会社アイシェア
 広報担当:佐藤みつひろ/いげた祐樹/白川翔一
 TEL:03-6661-1944  FAX:011-640-4775
 e-MAIL:info<@>ishare1.com URL: (リンク »)
 ※<@>を@として下さいませ。

■会社概要/事業内容
 株式会社アイシェア
 ・インターネットリサーチ
 ・メール転送サービス
 ・ブログメディアサービス
 ・携帯コンテンツの運営

 詳しくは下記ホームページをご参照下さい。
 URL: (リンク »)

 当リリースに含まれる素材(ページ)はご自由にご掲載下さいませ。
────────────────────────────────

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アイシェアの関連情報

株式会社アイシェア

株式会社アイシェアの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?