エム・データ、6月のCM データリポートを発表

東京地区の「ビール類」テレビCM 放映時間 1位は「ザ・プレミアム・モルツ」(サントリー)

株式会社エム・データ 2008年07月29日

株式会社エム・データでは、東京・名古屋・大阪地区のテレビ局で放送されたテレビ番組やテレビCMを、テキスト化・データベース化して「TVメタデータ」を構築しています。当社のデータセンターでは、常時40名前後の専属リサーチスタッフが、24時間365日「いつ」「どこで」「何が」「どのように」「何秒間」放送されたかを、当社オリジナルのデータ収集システムを使用しデータの収集を行なっております。本調査には、このTVメタデータを利用しています。

国内テレビの放送内容を記述したメタデータを提供する株式会社エム・データ(所在地:東京都港区芝4-9-1 芝ニシイビル、代表取締役社長:森谷文彦、電話:03-3455-8782)が、テレビCM 放映時間を商品分野別に調査した「CM データリポート」の6月分を発表しました。これによると、6月に東京地区で放映された「ビール類」のテレビCM で最も放映時間が長かったのはサントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」で2時間19分でした。2位はサッポロビールの「サッポロ 麦とホップ」で1時間43分45秒、3位がキリンビールの「キリンラガービール」で1時間19分。気温の上昇とともに熱くなるビール類商戦。トップ10にランクインしたのは、ビールが4銘柄、発泡酒・新ジャンルが6銘柄という結果になりました。

※調査結果詳細につきましては、弊社HPをご参照下さい。

■CM データリポートについて
東京・名古屋・大阪のテレビで放映された全CM の実績データから、話題のテーマや商品を切り口に分析したレポートを毎月提供しています。
・発行 : 毎月25 日(5分野/月)
・体裁 : PDF、1分野7ページ(電子配布)
・料金(税込) : 1部1分野=3,150 円、
年間購読料=189,000 円(1年)

■株式会社エム・データについて
株式会社エム・データは、日本で唯一、テレビ放送を独自にTVメタデータとして記録する、2006 年に設立された調査会社です。主なサービスには、テレビCMの全放映実績に関する月次レポートの「CMデータリポート」、朝夕の報道番組で取り上げた話題をメールで配信する「日刊TVニュース速報」、お客様のご要望に応じて行う放送実績調査「カスタムリサーチ」、詳細な全放送記録をまとめて提供する「データ配信サービス」などがあります。

■株式会社エム・データ概要
社名:株式会社エム・データ (M Data CO.,LTD)
本社:〒108-0014 東京都港区芝4-9-1 芝ニシイビル
TEL:03-3455-8782
FAX:03-5439-6641
URL: (リンク »)
設立:2006 年1 月23 日
代表者:代表取締役社長 森谷 文彦
資本金:5,600 万円

■本件に関するお問合わせ
株式会社エム・データ メディア調査部
〒108-0014 東京都港区芝4-9-1 芝ニシイビル
TEL:03-3455-8782 FAX:03-5439-6641
E-mail:info@mdata.tv

★本調査結果は、テレビ放送を365 日、24 時間体制で独自にモニタリングした結果から、該当データのみを抽出してまとめたものです。本調査およびモニタリング・データについてのお問い合わせは上記宛てにお願いいたします。

用語解説

■TVメタデータについて
株式会社エム・データが提供するTV メタデータとは、従来からあるテレビ放送の電子番組表「EPG データ」に加えて、番組やCM を専門スタッフが実際に視聴し、「いつ」「どの局のどんな番組で」「誰が」「どんな話題・企業・商品・ショップなどについて」「どのくらいの時間」「どのようにコメント」されたかを記録している、まったく新しい電子データです。新しいメディアが台頭する今日でも、視聴者に対して多大な影響力を有するのがテレビです。T V メタデータを利用すれば、そんなテレビの放送内容を容易に確認することができます。パブリシティーの検証、映像の検索、EC での利用など、TV メタデータの利用範囲はさまざ
まなシーンに拡大を続けています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社エム・データの関連情報

株式会社エム・データ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!