コストベネフィットおよびブロードバンドの普及が、ラテンアメリカにおけるVoIP市場を促進

株式会社グローバル インフォメーション 2008年08月04日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Frost & Sullivanの発行する最新の英文調査報告書「VoIP in Latin America 2008」の販売を開始いたしました。

ラテンアメリカにおける、国内および長距離通信オペレーターは、コスト上の利点およびブロードバンド、トリプルプレイの普及により促進されたVoIPサービス市場において、競合の激化に直面しています。VoIPを次の段階へ引き上げるため、VoIPおよびWVoIPサービスプロバイダーは、効率的な販売および販売促進戦略と共に、経営効率およびサービスの質を確保しなければなりません。

Frost & Sullivanによる最新の調査報告書 VoIP in Latin America 2008 によると、2007年の市場収益は7,230万ドルであり、2012年には6億2590万ドルに達すると予測されています。

ラテンアメリカの個人消費者およびビジネス顧客は、音声通信に大きく依存しており、また価格志向型であるため、地域における固定音声通信の収益は減少し、VoIP、IP テレフォニーおよび固定 - モバイルといったコンバージェンス技術の提供が、勢いを得ています。さらに、インターネット・ベースの企業、ケーブルテレビプロバイダーおよび競合地域電話会社(CLEC)といった新しい世代のサービスプロバイダーは、 革新的ビジネスモデルと共に、既存の固定音声サービスに影響を及ぼす代用製品を紹介しています。

しかしながら、ナンバー・ポータビリティ規制の欠如、乏しいエンドユーザー意識、低い通話の質、そしVoIP販売前の努力がほとんど無いことは、VoIPサービスプロバイダーが、地域における音声収益全体の中でシェアを拡大することを難しくしています。

【 英文市場調査報告書 】

VoIP in Latin America 2008

ラテンアメリカのVoIP市場:2008年

(リンク »)

出版社Frost & Sullivan

出版日2008/06


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR