エコスとエレクトリック・マテリアル、非常時コミュニケーション分野で協調合意

非常時通話継続サービスと携帯電話情報管理の連携により 安否確認から事業継続までの新サービス提供へ

株式会社エコス 2008年07月07日

Webアプリケーションパッケージの開発・販売を行う「株式会社エコス(以下エコス)」とモバイルサイト向けCMSの開発を手がける「株式会社エレクトリック・マテリアル(以下エレクトリック・マテリアル)」は、新サービス提供を前提としたパートナーとして協業合意いたしました。 今回の合意において、「エコス」の非常時通話継続サービス「BCP Voice」と「エレクトリック・マテリアル」の携帯電話情報発信管理サービス「LISAPLUS K2」を核とした非常時に貢献する新サービスの提案をして参ります。 すでに「BCP Voice」は、開発国である米国で広く導入され稼動成功実績もあり、「LISAPLUS K2」は、「緊急集参システム」として狭山市や大田区などで採用されています。  今後、「エコス」、「エレクトリック・マテリアル」両社は、災害大国である我国で安否確認から事業継続までをテーマとしたサービスを共同で開発予定で、企業や組織のディザスターコミュニケーション(非常時情報交換)分野に貢献してゆく所存です。

●「BCP Vice / ビーシーピーボイス」  (リンク »)
非常災害時の連絡手段を確保し、組織機能の維持・業務活動の継続(BCP)を支援するサービス。
911のテロを期に開発し、2007年に米国防総省から"唯一無比"と評された全米シェアNo.1の非常時通話継続サービスの日本版。
米国での販売代理店は、べライゾン、AT&T、ロッキード・マーティン等。
導入事例は、司法省、財務省、陸軍等の省庁や各州自治体から、メリルリンチ、バークレーキャピタルなどの一般企業まで幅広く利用されています。
昨年の米国西海岸大火災やフロリダ、サンフランシスコ大停電等の非常時でも本サービスによって事業継続に成功しています。
エコスは、本サービスのアジア環太平洋総代理店。 US特許取得済み。
● 「LISAPLUS K2(リサプラスケーツー)+緊急参集システム」  (リンク »)
「INTEROP 2007 ベンチャー部門 グランプリ」受賞。
モバイルサイト向けCMS「LISAPLUS K2」はすべての通信キャリア、端末に対応した携帯サイトを簡単に構築・管理することが可能なシステムです。
エンタテイメントサイトから自治体サイトまで幅広く利用されております。
「LISAPLUS K2」をベースに開発された「緊急参集システム」。
学校や大規模な消防署や警察署など職員との一括メールのやり取りで緊急参集、緊急出動などがリアルタイムで行うことが出来るシステムです。
「緊急参集システム」は、現在、埼玉県狭山市、東京都大田区で採用されています。

■会社名    株式会社エレクトリック・マテリアル (ELECTRIC MATERIAL inc.)
U R L    (リンク »)
代表者  代表取締役 北村晃
本 社     東京都渋谷区桜丘町3-2  第三野口ビル601
設 立  2001(平成13)年4月
資本金  2010万円
担 当     担当:岩瀬 道夫 03-5428-1677  e-mail: product@elmc.co.jp

■会社名  株式会社エコス (ECOSS Inc.)
URL       (リンク »)
代表者    代表取締役社長 露木千尋
本 社 東京都目黒区大橋2丁目3番5号 バルビゾン41 3F   
設 立     1996(平成8)年6月
資本金    2.4億円
担 当     ソリューション営業部 アルバート  03-5790-6600  e-mail: sales@ecoss.co.jp

【取材・報道に関するお問い合わせ】
■株式会社エコス XR局
e-mail :info@ecoss.co.jp  TEL: 03-5790-6764  FAX : 03-5790-6701

■株式会社エレクトリック・マテリアル
e-mail :press@elmc.co.jp  TEL : 03-5428-1677  FAX : 03-3462-7681

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!