2013年の通信用トランスポンダ/トランシーバ市場は48億ドル規模に

株式会社グローバル インフォメーション 2008年08月20日

From DreamNews

先端分野の市場情報を提供する株式会社グローバル インフォメーション(神奈川県川崎市、代表取締役社長:小野 悟)は、米国調査会社Communications Industry Researchers, Inc.発行の最新英文調査報告書「Telecommunications Transceiver & Transponder Markets: The Next Five Years」の販売を開始!!

通信分野が専門の調査会社CIRがこのほど発行した調査報告書「Telecommunications Transceiver & Transponder Markets: The Next Five Years」によると、通信用トランシーバとトランスポンダモジュールの市場は、2008年の15億ドルから2013年には48億ドルに成長する見通しです。
◇大都市地域や一部のアクセスネットワークでOC-192規格の導入が進んでいるため、現在モジュール市場の中心となっているのは10Gbps製品です。300ピンモジュールやXENPAK、X2、XPAKをXFP(XFP-Eを含む)やSFP+に置き換える動きが強まっているため、この分野では多くのビジネスチャンスが期待できます。OC-192 SONET/SDH市場では、高密度で消費電力が低く、伝送距離の長い製品の開発を目指し、各社がしのぎを削っています。2013年には、OC-192モジュールの出荷額が4億5,000万ドルを超える見通しです。

◇TDM(時分割多重)からWDM(波長分割多重)への移行は、現在世界各地で進んでおり、かねてより期待されていた完全な光ネットワークがいよいよ現実のものになろうとしています。こうした動きを促しているのは、帯域幅に対する旺盛な需要とWDM機器に組み込まれている柔軟性の高い帯域幅管理機能です。とりわけ大きなビジネスチャンスが期待できるのは、チューナビリティに関係する分野です(ただし、この技術が持つ能力についてはなお研究の余地があります)。モジュールレベルでは、チューナビリティの高いモジュール(とりわけプラガブルモジュール)への需要が高まり、大都市地域のネットワーク(およびアクセスネットワーク)で一層の普及拡大が期待できる程度まで価格を引き下げるよう求める声も強まるはずです。2013年には、WDMモジュールの出荷額が18億ドルを超える見通しです。

◇PON(Passive Optical Network)市場では、ダイプレクサー、トリプレクサー、および従来型SFPトランシーバモジュールの活気あふれる市場が形成されつつあります。2013年には、PONトランシーバの売上高が24億ドルに達し、通信モジュール市場のなかで最大のシェアを占めると予想されています。


【 英文市場調査報告書 】

Telecommunications Transceiver & Transponder Markets: The Next Five Years

通信用トランシーバー&トランスポンダー市場:5ヶ年見通し

(リンク »)

出版社Communications Industry Researchers, Inc.

出版日2008/07


【 本件に関するお問合せ先 】

株式会社グローバル インフォメーション

〒215-0004 川崎市麻生区万福寺 1-2-3

アーシスビル 7階

担当: 営業1課

E-mail:sl1@gii.co.jp

電話: 044-952-0102

FAX: 044-952-0109

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから