誤送信による情報漏えいをフィンガープリントで防ぐ 「Document Fingerprinting」を提供開始

メールセキュリティの統合プラットフォーム「MailstreamManager」に機能追加 ICAPサポートにより、Webメール、FTPによる情報漏えい防止も強化

センドメール株式会社 2008年08月26日

センドメール株式会社(本社:東京都港区、社長 小島 國照)は、メール誤送信による機密情報漏えいを防止する新しい機能として「Document Fingerprinting (ドキュメント・フィンガープリンティング)」を発表し、メールセキュリティの統合運用・管理ソフトウェア「MailstreamManager」のオプションとして、12月末提供予定です。

「Mailstream Manager」は、企業内の文書の識別子として暗号化された文字列による「フィンガープリント」を自動生成し、ポリシーに従って、メール添付による送信を制御することができます。
また、ICAP(Internet Content Adaptation Protocol)インターフェースを追加対応することで、Webメール、FTP経由での情報漏えいを防止可能になりました。


「Mailstream Manager」は、メールゲートウェイからメールボックスまで、すべてのメールシステムを対象に、ウィルス/スパム対策、情報漏洩防止、誤送信防止やコンプライアンスのためのメールポリシー設定・実施を、WebベースのGUIで一元的に行うことができます。
新たに追加された「Document Fingerprinting」機能は、「Mailstream Manager」のWebベースの管理画面から、企業内の既存のファイルサーバの中で保護対象となるファイルを指定すると、ファイルごとに特徴的な文字列を抽出したフィンガープリントが自動生成され、専用のデータベースにインポートされ蓄積されます。
「Mailstream Manager」は、メール添付で送られるファイルにフィンガープリントに一致するデータが含まれていると、設定したポリシーが適用されて送信中止などの処理が行われます。


「Document Fingerprinting」機能は、1つのファイルに対してフィンガープリントは複数生成され、これらを総合して一致の確率を算定し「Compliance Score」が表示されます。
「Mailstream Manager」は、LDAPをはじめ外部のデータソースと連携させることで、組織や取引先/顧客データと照合して詳細なポリシー設定を行うことができるので、フィンガープリントの一致率によって詳細に制御することが可能です。
また、フィンガープリントは圧縮率が元のファイルの200分の1で、ファイルごとにキーワードを検索する従来方式に比べて高速検索することができるので、業務に影響を与えません。
対象となる文書ファイルはMicrosoft Word/Excel/PowerPoint、テキストなどで、SMTPによるメール送信だけでなく、FTPおよびWebメールにも対応可能なICAPプロトコルも新たにサポートしました。


「Document Fingerprinting」はオープンプライスで、「MailstreamManager」のオプション機能として、または、本日発表した仮想アプライアンス「Sentrion MPV」にオプション搭載して、センドメールのパートナー各社経由で提供されます。


「Mailstream Manager」は、スパム/ウィルス対策フィルタの精度の高さ、ユーザ独自のポリシー設定が柔軟かつ容易に行えることから、ISP、金融機関をはじめ多くの導入実績があります。
今回、「Document Fingerprinting」機能の追加により情報漏えい機能を強化したことで、内部統制、コンプライアンスを推進する企業のニーズに、より的確に対応できるようになりました。
センドメールは、インバウンドおよびアウトバウンドの双方向のメールセキュリティをポリシーベースで統合運用管理可能なプラットフォームとして「Mailstream Manager」、およびの仮想アプライアンス「Sentrion MPV」の販売を強化します。


※新製品「Sentrion MPV」は、本日発表の別のプレスリリースをご参照ください。
※「Maistream Manager」の詳細は以下をご参照ください。
(リンク »)


■Sendmail社について
(リンク »)
(リンク »)
Sendmail社(Sendmail,Inc. 本社:カリフォルニア州エメリビル)は、オープンソースのメール配送エージェント(MTA:Mail Transfer Agent)の「sendmail」を開発したエリック・オールマン(Eric Allman)と、Sybase社やIntegrated Systems社で重役ポストを歴任したソフトウェア業界のベテラン、グレッグ・オルソン(Greg Olson)によって1998年に設立されました。
Sendmail社は非公開企業で、出資元としては、Morgan Stanley Dean WitterPrivate Equity、Chase H&Q、Robertson Stephens、Red Hat、Intel IA64Fund、Novell、Adobe、Network Appliances、Network Associates、ANT、Trans Cosmosなどのベンチャキャピタル投資者、企業投資者および一般投資家が名を連ねています。従業員は180人を超え、英国、ドイツ、フランス、および東京(アジア太平洋地域)に拠点を擁し、日本法人は、2003年1月に設立されました。商用版「Sendmail」は、欧米で約3万ライセンス、アジアで約1万ライセンスを出荷しています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!