ネットワールド、インストーラ開発ツールの最新版エントリーモデル 「InstallShield 2009 Express Windows日本語版」を発売

Windows Server 2008など、最新テクノロジーをサポート 前提条件を機能と関連付けてインストールを連鎖させる機能を新たに追加

株式会社ネットワールド 2008年08月27日

ITインフラのソリューション・ディストリビュータである株式会社ネットワールド(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 塩田侯造)は、Windows用インストーラ開発ツールの最新版「InstallShield 2009 Windows 日本語版」に、新しくエントリーモデルとして 「InstallShield 2009 Express Windows 日本語版」(以下 InstallShield 2009 Express) を追加し、本日8月27日より販売開始いたします。出荷開始は9月16日を予定しております。

InstallShieldは、優れたインストーラを、シンプルなインターフェイスで効率的に開発できる製品で、インストーラ開発ツールのデファクトスタンダードとして多くのソフトウェア開発者に利用されています。今回発売するInstallShield 2009 Expressは、最新版InstallShield 2009のエントリーモデルとして、スクリプトを使用せず、チェックリストに従って作業することで、ベーシックなインストレーションをトレーニング不要で非常に短時間で作成可能です。


最新版であるInstallShield 2009 Expressは、「Microsoft Windows Vista」のサポートに加えて、「Windows Server 2008」をインストール先のOSとして指定し、機能およびコンポーネントに、Windows Server 2008関連の条件をビルドすることができます。


また、「.Net Framework 3.5」などの最新テクノロジーをサポートし、マイクロソフト社の 「Visual Studio 2008」と統合してVisual Studioインターフェイス内で製品とインストーラの開発を行えるようになりました。さらに、「Windows Mobile 6.x」のサポートにより、Windows Mobile 6.x Professional、Windows Mobile 6.x Classic、または Windows Mobile 6.x Standard が搭載されているデバイスを直接ターゲットとすることができるようになりました。


また、InstallShield 2009 Expressは、InstallShield前提条件に ”機能前提条件” という新しい種類の前提条件が追加され、InstallShield 前提条件を機能と関連付けて実行できるようになりました。InstallShield 2008以前では、InstallShield の前提条件はメインインストールの実行前に必ず実行される ”セットアップ前提条件” のみでしたが、InstallShield 2009 Expressでは前提条件をメインインストールの前に実行するか、メインインストールに含まれる機能と関連付けてインストールするかを指定できるようになりました。このInstallShield 前提条件をインストーラに含めることで、1度に1つの実行シーケンスしか実行できない Windows Installer 制限を回避して、複数のインストールを連鎖させたより柔軟なインストーラの作成が可能となります。


ネットワールドは、InstallShield 2009 Expressを同社のオンラインショップ、および販売パートナー経由で販売いたします。
価格はオープンプライスで、ネットワールドのオンラインショップ価格は、95,550円(税込)です。
また、サブスクリプションと10インシデントのサポートをセットにした「InstallShield 2009 Express日本語版 メンテナンスパック」も提供し、価格は187,950円(税込)です。


InstallShield 2009は米アクレッソ・ソフトウェア社の製品で、今回発売するエントリーモデルの他に、スタンダードモデルである「InstallShield 2009 Professional Edition」(346,500円/税込)および、マルチ言語対応機能を備えた上位モデル「InstallShield 2009 Premier Edition」(661,500円/税込)があり(いずれも2008年6月~販売)、今回InstallShield 2009 Expressを加え、開発の目的やレベルに合わせて選択可能な3製品が揃いました。


■InstallShield 2009 Expressの販売開始・価格
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇販売開始:2008年8月27日
◇出荷開始:2008年9月16日(予定)


◇販売価格:オープンプライス
 …………………………………………………………………………………
ネットワールドオンラインショップ価格 (税込み)  
(リンク »)

●InstallShield 2009 Express日本語版
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 製品版 95,550円
  アップグレード版 42,525円


●InstallShield 2009 Express日本語版メンテナンスパック
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  製品版メンテナンスパック 187,950円
  アップグレード版メンテナンスパック 138,600円

※「InstallShield 2008 Express日本語版」は、2008年9月12日受注分までとなります。


■InstallShield 2009 Expressの主な新機能
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(1) Windows Server 2008 正式対応:
「Microsoft Windows Vista」に加えて、「Windows Server 2008」をインストール先のOSとして指定し、機能およびコンポーネントに、Windows Server 2008を含めることが可能になっております。


(2) Windowsインストーラ最新バージョンや業界標準の最新技術に対応:
Windows Installer 4.5、.Net Framework 3.5/3.0 SP1、Visual Studio 2008、Windows Mobile 6.x、SQL Server 2005 Express SP2、SQL Server Compact Edition 3.5など、最新のテクノロジーをサポートしています。


(3) 機能への前提条件関連付けに対応:
InstallShield前提条件を機能に関連付けることにより、1つのインストーラで複数のインストールを連鎖させることができます。


(4) ビルボードの強化:
Adobe Flash アプリケーションファイル(.swf)ビルボードへの対応と、今までの.bmpファイルに加えて新たに多くのイメージビルボードファイルタイプ(.gif、.jpg、.jpeg)に対応しています。



■InstallShield 2009 Express日本語版開発環境
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◇Windows :Windows 2000 SP3またはそれ以降, Windows XP, Windows Vista,
Windows Server 2003, Windows Server 2008

※Microsoft Internet Explorer 5.01またはそれ以降が必要(IE 5.5以降推奨)


_________________
■アクレッソ・ソフトウェアについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
アクレッソ ソフトウェアは、よりパワフルなソフトウェアビジネスを目指す企業を支援するソリューションを提供しています。アクレッソのソリューションは、ソフトウェアおよびハードウェアメーカーとその顧客とのビジネス関係を促進することで、25年もの間にわたり、世界中で開発または使用されるソフトウェアの価値を最大限に高めています。当社では、広く知られている InstallShield および FLEXnet 製品ラインを含む 3つの強力なソリューションを提供しており、ソフトウェア/ハードウェアメーカー、エンタープライズ、および行政機関のニーズを満たすことに注力しております。アクレッソ ソフトウェアは、業界トップの非公開投資会社 Thoma Bravo を親会社に持つ株式非公開の会社です。アメリカ イリノイ州シカゴの郊外に本社を置き、その他世界各地にオフィスを所持しています。


________________
■株式会社ネットワールドについて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
株式会社ネットワールドは、ITインフラストラクチャのソリューション・ディストリビュータとして、ユーティリティ・コンピューティング時代の企業データセンタと、そのセキュアでユビキタスなアクセスを実現する革新的な技術製品と関連サービスを提供しています。サーバやストレージ、そしてアプリケーションの仮想化に早期から取り組み、次世代のITインフラストラクチャのあるべき姿をリードしています。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!