データ復旧サービス「Ontrackデータリカバリーサービス」のセキュリティ向上。返却用メディアとして、暗号化ポータブルHDDを開発

内部統制や個人情報保護等、高度なセキュリティニーズに対応

株式会社ワイ・イー・データ 2008年08月27日

株式会社ワイ・イー・データ(本社:埼玉県入間市、取締役社長 : 濱田 兼幸、証券コード : 6950、以下ワイ・イー・データ)は、データ復旧サービス「Ontrackデータリカバリーサービス」において、さらなるセキュリティアップのために、復旧データの返却メディアとして、2.5インチ暗号化ポータブルHDD「YD-8V54」を開発し、9月21日発送分より使用いたします。これは、2.5インチの手のひらサイズのHDDに、自動暗号化モジュールを組み込んだもので、USBケーブルでPCに繋ぐだけでHDDに保存されるデータが自動的に暗号化されます。
ワイ・イー・データでは、昨年5月17日に公的情報セキュリティ認証 : ISO27001を取得し、同時にISO27001基準に準じ、セキュリティ強化をしたラボを新たに開設しており、今回の暗号化ポータブルHDDを返却メディアとして使用することで、さらに強化した情報セキュリティの提供を実現いたしました。

■セキュリティアップサービス提供の背景
ワイ・イー・データは、1995年以来、データ復旧サービス最大手である米オントラック社との技術提携により、データ復旧ビジネスを展開し、サービスシェアは4割以上を占めて参りました。現在、返却用メディアとしては容量に合わせて、CD-ROM、DVD、3.5インチHDD等を使い分けていますが、内部統制や個人情報保護の高まりに合わせて、「返却メディアのセキュリティ強化」という御要望が多く寄せられておりました。そこで、当社データ復旧サービスを御利用いただくお客様に「より高い安全性と利便性」を提供するために、返却用メディアとして、新たに2.5インチ暗号化ポータブルHDDを開発し、提供することとなりました。

■データ復旧セキュリティアップサービス(2.5インチ暗号化ポータブルHDDでの返却)によるメリット
当社開発の暗号化ポータブルHDDを返却用メディアとして使用することでのメリットは以下のとおりです。
1)従来のHDDでは、HDDが誤って他の人の手に渡った場合、復旧されたデータは中身を見られてしまうというリスクがあったが、暗号化HDDを使用することで、データ復旧を依頼された方のみがデータを読み出せるようになった。(データ復旧を依頼されたご本人様のみに、パスワードをメールにて連絡いたします)
2)暗号化ソフトウェアを使用した場合、サーバーやパソコン上でデータの暗号/複合化を行う必要があり、サーバーやパソコンにそのための空き容量や処理に時間を要すること。また、お客様が同一の暗号化ソフトウェアを使用する必要があるなどの制約があったが、書き込み/読み出し時に自動的に暗号/複合化されるため利便性が大幅に改善された。
3)従来の3.5インチHDDは大きくて扱いが不便であるとともにAC電源を供給する必要があった。しかし、新しい2.5インチ暗号化HDDは小型・軽量で、USB接続により、USBを通じて電源供給されるため便利になる。復旧データを取り出した後も、暗号化ボータブルHDDとして使用できる。
※今回の暗号化HDDでのデータ返却メディア変更に際して、価格変更はございません。
※データ復旧サービス詳細につきましては、下記のURLを参照ください。
  (リンク »)

【株式会社ワイ・イー・データ オントラック事業部】
東証二部上場企業である株式会社ワイ・イー・データは、1995年に米オントラック社と技術提携し、オントラック事業部として日本でデータ復旧サービスを開始いたしました。以来13年間にわたってサービスを提供しています。当事業部は、メディアをお預かりしてデータを復旧するラボラトリデータ復旧以外に、データ復旧ソフト「Ontrack EasyRecovery」、インターネットを利用して素早くデータ復旧を行うリモートデータ復旧など、豊富なサービスを提供しています。対象メディアも、ハードディスクからMO、デジカメ用メモリーカード、大規模なRAID記憶装置、さらにテープメディアと、多岐に渡っています。また、Windowsのみならず、Macintosh、Linux、UNIX、DOS、OS/2、NetWare等の多様なOSに対応し、高品質と迅速さで業界随一のサービスを提供しております。特に、RAID等の大規模サーバーのデータ復旧取り扱い件数は日本随一※を誇っています。
(※2007年度データ復旧サービス関連における売上高は、8億円未満となっています)
※会社情報についての詳細につきましては、下記のURLを参照ください。
(リンク »)

【2.5インチ暗号化ポータブルHDD「YD-8V54」について】
2.5インチ暗号化ポータブルHDD「YD-8V54」は、高度なセキュリティ機能を持つポータブルハードディスクです。ハードディクス内部に128ビットの強力なAES方式の自動暗号化モジュールを備えており、大切なデータを暗号化して記録するため、暗号化ソフトは不要です。使用にはパスワードが必要となり、パスワード認証を行った後は、暗号化を意識することなく、通常のポータブルディスクと同様に、どこへも持ち運びができて快適に使用できます。
■「YD-8V54」の仕様
暗号化機能 : AES128ビット
暗号化ソフト : 不要(ハードウェア暗号化のため)
認証 : パスワード認証
電源 : USBバスパワー駆動
I/F : USB2.0
HDD容量 : 160GB
対衝撃度 : 900G(静止時)
動作環境 : Windows 2000(SP4)、Windows XP、Windows Vista、(対応準備中Mac OS X10.4以降)
サイズ : 81(W)×135(D)×15(H)mm
重さ : 190g(本体のみ)

※「Ontrack」は米オントラック社の米国または米国以外の国々における商標または登録商標です。その他の社名や製品名はそれぞれの企業の商標または登録商標です。

このプレスリリースの付帯情報

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?