カカクコム、高級ホテル・旅館予約サイト『yoyaQ.com』をリニューアル 複数サービスを統合し、一括検索を可能に

株式会社カカクコム 2008年09月01日

株式会社カカクコム(東京都文京区 代表取締役社長 田中実 東証コード:2371、以下カカクコム)は、同社が運営する高級ホテル・旅館の予約サイト『yoyaQ.com( (リンク ») )』を、ユーザビリティ向上のため、機能面・デザイン面のフルリニューアルをおこないました。

『yoyaQ.com』は、宿泊予定日直前のキャンセルや特別な理由で割引される宿泊プランに限定して紹介することで、最大80%OFFで高級ホテル・旅館への宿泊を可能とした予約サービスです。
モバイルにも対応しており、全てのサービスをパソコン同様にご利用いただけます。
このたびのリニューアルは、従来から提供していたホテルの直前予約サービス、追加拡充した旅館予約サービス、早期予約サービスの検索窓口を統合し一括検索を可能にすることで、「希望にあった宿泊プランが存在するのに見つけられない」といった状況を改善し、ユーザーが本当に満足できるホテル選びの実現を目的としています。

◆『yoyaQ.com』リニューアル概要◆

<割引プランをまとめて検索>
従来は、個別に検索しなければ表示されなかった1週間前の高級ホテルの直前予約、2週間前までの旅館予約、3ヶ月前までの事前決済による早期予約のプランすべてが一括検索可能になりました。

<検索ツールの強化>
ホテル名からもプラン検索ができるようになり、目当ての施設が決まっている方においては、プラン選びがより便利になりました。

<施設側管理画面のリニューアル・施設情報の拡充>
宿泊プラン提供者である施設側の管理システムの見直しをおこない、情報登録の簡素化を実現しました。施設側から登録可能な情報量が拡大したことで、宿泊プラン数のほか、おすすめ情報や各種プランの特典など、サイト利用者が宿泊先やプランを選択する上での参考情報が増えました。

今後は、今回のリニューアルによる利点をいかし、取り扱い施設のエリア拡充とともに、より多くの利用シーンに対応できるよう、ビジネスホテルやリゾートホテルといった施設ジャンルの拡大も進めてまいります。

『yoyaQ.com』データ(2008年7月末現在)
登録会員数:約195,000人
提携施設数:379施設
月間サイト利用者数:約200,000人(重複無)
提携施設一覧: (リンク »)

【株式会社カカクコム 会社概要】
所在地:   東京都文京区後楽1-4-14 後楽森ビル13F
代表取締役: 田中 実
事業内容:サイトの企画運営
■カカクコム運営サイト
購買支援サイト『価格com( (リンク ») )』
高級ホテル・旅館予約サイト『yoyaQ.com( (リンク ») )』
グルメ・レストランのクチコミサイト『食べログ.com( (リンク ») )』
新築マンション検索サイト『マンションDB( (リンク ») )』
フォトコミュニティサイト『photohito.com( (リンク ») )』
ITソーシャルメディア『okyuu.com( (リンク ») )』

■カカクコムグループサイト
旅行のクチコミサイト『フォートラベル( (リンク ») )』
ユーザー参加型為替相場予想サイト『外為羅針盤( (リンク ») )』
外国為替証拠金取引サービス『kakakuFX( (リンク ») )』
総合映画情報サイト『eiga.com( (リンク ») )』

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カカクコム 経営企画部 広報室 甲斐/内山
tel:03-5805-7511 e-mail: pr@kakaku.com   

このプレスリリースの付帯情報

トップページ画面イメージ

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!