テレビ神奈川、「公共的施設における禁煙条例」にまつわる視聴者アンケートを 携帯電話・パソコン・ワンセグデータ放送で実施

「ニュース930」 9月10日(21時30分~) フィックスとメディアキャスト、KDDI研究所が提供するワンセグデータ放送向けASPサービスを利用

株式会社メディアキャスト 2008年09月08日

株式会社テレビ神奈川(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 小宮邦安、以下 tvk)は、株式会社フィックス(本社:石川県金沢市、代表取締役社長 松本唯史)、株式会社メディアキャスト(本社: 東京都渋谷区、代表取締役 杉本孝浩) 、ならびに株式会社KDDI研究所(本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長 秋葉重幸)の3社と共同で、tvkの番組「ニュース930」(9月10日21時30分~)において、ワンセグデータ放送を利用した双方向視聴者参加番組のトライアル放送を実施いたします。

当トライアル放送は、tvkの番組である「ニュース930」(9月10日21時30分~)の中で松沢神奈川県知事を招き、神奈川県で実施される「公共的施設における禁煙条例」に対して視聴者からの意見を求める特集です。
視聴者は、ワンセグデータ放送のほか、インターネット(パソコン・携帯電話)からも番組に参加でき、データ放送通信サイトまたはインターネット上に準備された各種質問に対して選択回答し、「公共的施設における禁煙条例」に対しての意見や考えを送ることができます。
投票結果は放送中にグラフ化して随時画面に表示されます。


今回のトライアル放送は、テレビ神奈川が報道番組の中で双方向視聴者参加においてワンセグデータ放送コンテンツを利用する初の試みです。フィックスとメディアキャストが共同提供するワンセグデータ放送対応の双方向番組制作支援 ASP サービス「PiTENTRY2 BML Edition(ピットエントリー・ツー・ビーエムエルエディション)」を利用し、加えて、集中アクセスによるサーバ負荷を軽減するためにKDDI研究所が開発した「順次受付型アクセス集中緩和システム」を「PiTENTRY 2 BML Edition」に採用します。


■「PiTENTRY 2 BML Edition」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
「PiTENTRY2 BML Edition」は、フィックスとメディアキャストが提供する視聴者参加型双方向番組の制作運用を支援するサービスで、ワンセグを含む地上デジタルテレビ放送において、クイズ番組をはじめとする、アンケート、投票ランキング、プレゼント応募などの視聴者参加型双方向番組を、低コストで、短期間に実施可能にする放送局向けのASPサービスです。
最近の視聴者参加型番組では、従来のハガキや電話、FAXで受け付ける方法から、インターネット(ウェブ、携帯電話)やデータ放送(固定受信、ワンセグ) による受付方法が主流となってきていることから、放送局では各受付メディアに対応したサイトや運用システムを構築することが課題とされています。
「PiTENTRY2 BML Edition」は、ASP方式で提供されるため、放送局はサイトや運用システムへの設備投資を必要とせずに容易に視聴者参加型番組の制作運用が可能となります。
また、現在のデジタル放送は、地上デジタル放送受信機の普及が未だ途中段階であることと、2011年のアナログ波の停波までは、視聴者に対してアナログおよびデジタルの両放送を同時に提供する必要があります。(サイマル放送)
「PiTENTRY2 BML Edition」を利用することで、放送局は、アナログ放送から地上デジタル放送まで、低コストで一環した双方向放送サービスを提供することが可能となります。
PiTENTRY2 BML Edition 紹介サイト: (リンク »)


___________________
■株式会社テレビ神奈川について 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
tvkは、1972年横浜に開局した独立UHFテレビ局で、2008年4月で開局36年。画一的な全国放送とは一線を画し、いかなる系列ネットワークにも属さない独自の道を追求してきました。放送エリアは、常に新しい生活スタイルを創造している神奈川、東京を中心とする南首都圏です。
このエリアで、当社は、もっと開かれたメディアを目指し「ヨコハマ開放区」を掲げ誰もが自由に、よりリアルにつながるようにと地域情報番組や、大学ラグビー中継、高校野球神奈川県大会、地元の横浜ベイスターズ・カードの重点編成、横浜F・マリノスなどのスポーツ中継、地元チームに的を絞ったサポート番組を放送しています。また、音楽番組にも力を入れ、若い世代の心を捉える番組は、日本のミュージック・シーンの常に先端にあり、若手ミュージシャンの登竜門ともなっています。
地上波のデジタル放送に対応するため、当社では2004年5月に横浜・関内の「横浜メディア・ビジネスセンター」に移転、同年12月1日からは東日本のローカル局のトップを切ってデジタル放送を開始し、2005年4月からデータ放送を開始しました。
また、一昨年6月1日よりワンセグ放送を開始し、ワンセグ携帯等、新たな視聴層に向け、
着々と新サービスを展開しています。7月からは当ビル横浜MBCビルの1階にて市民に向けた情報発信基地である「ヨコハマNEWSハーバー」を開設運営しています。
開局35周年を迎えるにあたり当社は長期放送活動ビジョンとして「かながわワールド~あすの地球と子どもたち~」を掲げました。
地球にやさしく、子どもにやさしい市民と企業のネットワークの理想的な「かながわワールド」が地球環境の改善につながると確信し、積極的に活動しています。


___________________
■株式会社フィックスについて 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
(リンク »)
1988年、TVCM、番組制作会社として設立。
1996年、放送と通信の融合の時代を見据えInterMedia事業部設立。
2001年には双方向番組支援システム「PiTENTRY」を開発、全国の放送局で採用がはじまる。
2006年、株式会社メディアキャストと共同で地上デジタル放送に対応した「PiTENTRY 2 BML Edition」をリリース。映像制作のノウハウ、放送の現場を熟知したシステム開発会社としてデジタル放送時代のコンテンツ戦略を支援します。


___________________
■株式会社メディアキャストについて  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
株式会社メディアキャスト(本社: 東京都渋谷区、設立:2003年)は、デジタルデータ放送分野に特化したソフトウェア開発・販売、受託開発を行う業界唯一のデータ放送専門会社です。 BML技術を始め、コンテンツ制作技術、放送運用支援など、デジタルデータ放送に求められる専門分野で多くの経験と実績を有しており、特に、データ放送用 に独自開発した高品質減色アルゴリズム「LACE」は、業界で高く評価されています。メディアキャストのデータ放送製品群は、番組企画支援ツール 「MagicDraw」から、BMLオーサリングツール(固定受信用/ワンセグ用)「Foliageシリーズ」、画像編集ツール 「SceneCreator DD」、受信機検証ツール「ShotMUX」、テンプレート型番組更新システム「DDC-Cue」、ケーブルテレビ自主データ放送システム 「DataCaster suite」などがあり、NHK(日本放送協会)、民放各局、ケーブルテレビ局、ならびにコンテンツ制作会社などで多数採用されており、デジタルデータ放 送業界のスタンダード製品として位置づけられています。


___________________
■株式会社KDDI研究所について  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(リンク »)
KDDI研究所は、KDDIの研究開発部門として、世界トップレベルの最先端技術を有し、新しい情報通信技術の研究開発、技術調査・コンサルティング、研究成果物の外販・技術移転など多岐にわたる活動を展開しております。
1998年に国際電信電話株式会社から独立して株式会社KDD研究所へと発展。2001年4月、京セラDDI未来通信研究所と合併、株式会社KDDI研究所として新たにスタートしました。 2003年4月、YRPに新世代移動通信等の研究開発を効率的に推進するため、YRPリサーチセンターを、2007年4月、研究成果の事業化を推進するために開発センターを開設し、多角的な研究開発に取り組んでおります。

このプレスリリースの付帯情報

番組ワンセグ画面イメージ

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社メディアキャストの関連情報

株式会社メディアキャスト

株式会社メディアキャストの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR