プレミア グローバル サービス、国内初、自動音声配信に関する調査結果を発表

音声配信の利点を活かした「通知・リマインダソリューション」の将来性

PGi/プレミアコンファレンシング株式会社 2008年09月24日

プレミア グローバル サービスブランドでメッセージングサービスを提供するエクスパダイト株式会社(本社:東京都中央区新川、代表取締役:アンソニー・リチャードソン)は本日、「通知・リマインダソリューション」の中核サービスである自動音声一斉配信サービス「voiceREACH(ボイスリーチ)」について、国内初のモニター調査を実施し、その有効性に関する考察を発表しました。この度の調査により、音声配信が新しいマーケティング媒体の1つとして実用性が高く、また、自動音声配信サービスを活用した「通知・リマインダソリューション」に大きな将来性とニーズがあることを明らかにしました。

本調査は、ドラッグストア・チェーンのウエルシア関東株式会社(本社:埼玉県さいたま市見沼区、代表取締役会長兼社長:鈴木孝之、以下ウエルシア)、およびe welciaヤマト株式会社(本社:埼玉県草加市、代表取締役:白石伸一)と共同で行われたものです。プレミア グローバル サービスの音声一斉配信サービス「voiceREACH(ボイスリーチ)」を活用し、自動音声配信の認知度およびマーケティング効果を測定、分析することにより、日本市場における自動音声配信サービスの期待度、将来性及び市場性を考察することを目的に実施されました。

本調査では、ウエルシアのモバイルサイト携帯メール会員3,056名に対し、音声配信の認知度などをアンケートで事前調査した後、その中からモニター対象として325名を選定、内容の異なる販売促進用音声DMを3回配信し、それぞれの配信内容についてアンケート調査を行いました。その結果、音声配信に対する認知度は低かったものの(事前調査では約90%が音声配信サービスを初めて利用すると回答)、モニター会員の90%以上が「今後もサービスを受けたい」と回答しました。また、店舗セールについて案内をするメッセージ配信後に、「実際に来店したあるいは来店を考えている」と回答した会員は全体を通じて約80%を示すなど、音声配信によるマーケティング効果を実証する結果が得られました。

加えて本調査では、自動音声配信の特長を活かした利用領域として、国内における「通知・リマインダソリューション」の市場性にも言及しています。「通知・リマインダソリューション」の先進国である北米の事例を参考に、販売促進やプロモーションを目的とするだけではなく、あらゆる業種や業態に適用できる「通知・リマインダ」利用として今後の飛躍的な実用化を見込んでいます。

プレミア グローバル サービスは、国内で唯一のSaaS型自動音声一斉配信サービスを提供するプロバイダーとして、飛躍的な成長を見込む「通知・リマインダソリューション」に今後も注力し、卓越した技術と豊富な実績をもとに、自動音声配信の導入コンサルティングと支援、および音声配信とFAX、Eメールなど、他のサービスと組み合わせた統合的なメッセージソリューションを提供していきます。これにより、2010年には100社の導入を見込んでいます。

調査内容と結果の詳細は、次の専用ホームページからダウンロードできます。
(リンク »)

■音声一斉配信サービス「voiceREACH」について
音声によるメッセージを電話(固定・携帯)に自動で一斉配信するサービスです。あらかじめWeb上で送信リストを登録しておくだけで、電話によるメッセージの録音と配信が可能です。データベース管理により、受信者ごとに個別仕様のメッセージをそれぞれの希望する時間帯に設定し配信できるため、きめ細かで直感に訴えるコミュニケーションが、もっとも身近で、かつリアルタイム性の高いメディアである電話で実現します。コールセンター等のインフラが不要なため導入コストが低く、既存の情報や手法を活かした顧客との関係強化が可能です。また、販売促進に限らず、金融機関の督促、保険更新時期の案内、学校の緊急連絡等の用途にも有効です。
詳細は (リンク ») をご覧ください。
【主な特徴・機能】 
・全ての電話機またはネットに繋がる環境があれば簡単操作で送信可能
・受信は一般電話、携帯電話、ボイスメール、Eメール(WAVファイル添付)にて対応
・留守番電話または人が出た場合を聞き分け、それぞれ異なったメッセージの送信が可能
・受信先が話中の場合、自動再送信機能でメッセージを確実に送信
・スケジュール送信機能で、送信・不送信時刻の指定が可能
・SSL対応で、宛先の登録、送信コンテンツへのセキュリティ対策も万全
・メッセージ再生中に「0」を押すと、予め設定された任意の番号に繋がる自動転送機能あり
・音声アンケートでインタラクティブなコミュニケーションを実施。回答結果はWebよりダウンロード(CSVファイル)
・配信後には着信・未着信等の詳細結果レポートを提出
価格体系:用途に応じて、定額制または従量制を用意しています。詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先:プレミア グローバル サービス 営業部 03-4560-7810

≪プレミアグローバルサービスについて≫
プレミア グローバル サービス(Premiere Global Services, Inc.)は、企業が直面する様々な課題を解決するための広範なコミュニケーション・ソリューションを提供する、グローバルアウトソースプロバイダーです。米国ジョージア州アトランタに本社を置き、世界23カ国で展開しています。日本では、「プレミア グローバル サービス」グループの一員として、2つの法人登記の元、エクスパダイト株式会社がメッセージングサービスを、プレミア コンファレンシング株式会社が会議サービスを提供しています。

最先端の通信技術と独自の卓越したテクノロジを駆使して、お客様のビジネス・プロセスの自動化及び簡素化、およびビジネスコミュニケーションの効率化を支援します。具体的には、「Conferencing(会議)」、「Document Delivery(文書配信)」、「Desktop Fax(デスクトップFAX)」、「eMarketing (Eマーケティング)」、「Notifications & Reminders(通知・リマインダ)」の5つの主要基幹ビジネスによるソリューションを提供しています。

お客様のご要望に応じたオンデマンドのグローバルプラットフォームによるこれらのソリューションサービスは、フォーチュン500社の約95%を含む約50,000社の企業において活用され、業務の効率化、生産性の改善、顧客満足度の向上に貢献しています。プレミア グローバル サービスの詳しい情報につきましては、www.premiereglobal.comをご覧ください。

≪エクスパダイト株式会社およびプレミア コンファレンシング株式会社について≫
・プレミア グローバル サービス / エクスパダイト株式会社について
所在地 :〒104-0033 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー9階
業務内容:メッセージングサービス、Globe Wireless社日本代理店
ファックスリーチ(FAX一斉配信サービス)、帳票FAXサービス、メッセージリーチ(Eメール一斉配信サービス)、
ボイスリーチ(音声一斉配信サービス)、インタネットFAXサービスを提供
ホームページ: (リンク »)

・プレミア グローバル サービス / プレミア コンファレンシング株式会社について
所在地 :〒104-0033 東京都中央区新川1-21-2 茅場町タワー9階
業務内容:電話会議・Web会議サービス
ノンオペレータ電話会議サービス「READYCONFERENCE」、オペレータアシスト電話会議サービス「PREMIERECALL AUDITORIUM」、Web会議サービス「READYCAST」/「VISIONCAST」を提供
ホームページ: (リンク »)

【本件に関するお問い合わせ先】
プレミア グローバル サービス
エクスパダイト株式会社
マーケティング部:江島智子
TEL:03-4560-9280(部代表) 
E-mail:marketing@premiereglobal.co.jp
www.premiereglobal.co.jp

広報代行/共同PR株式会社
上瀧和子、福島紘子、渡辺奈々美
TEL:03-3571-5171(代表)
E-mail:kazuko.kotaki@kyodo-pr.co.jp

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

PGi/プレミアコンファレンシング株式会社の関連情報

PGi/プレミアコンファレンシング株式会社

PGi/プレミアコンファレンシング株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?