シナジーマーケティングとエモーション、インターネット経由の資料請求者を効率的にフォローアップする「セールスメールフォロー」の提供を開始

シナジーマーケティング株式会社 2008年09月24日

総合CRMカンパニーのシナジーマーケティング株式会社(大阪市北区 代表取締役:谷井 等 証券コード:3859)と、ウェブマーケティングのコンサルティングを行うエモーション株式会社(東京都千代田区 代表取締役:平野 淳)は、2008年9月24日、インターネット経由の資料請求者を効率的にフォローアップする、「セールスメールフォロー」の提供を開始します。


昨今、商品の購入に先立ってインターネットで情報収集を行うことが定着し、ウェブサイトから資料請求や問い合わせを行うケースが増加しています。しかしながら、対応する企業側のノウハウ不足により、このような能動的にアクションを起こしている貴重な見込み顧客を有効な商談へとつなげられないのが一般的です。どの見込み顧客にも同じ内容のメールを送る画一的な対応はもはや効果がなく、顧客の検討状況や心理状況を意識したフォローアップが受注率の向上には不可欠です。


本サービスの特長は、一般的なメールマガジンによる「一方通行の顧客フォロー」とは異なり、属性/嗜好/媒体/行動に基づいて見込み顧客をセグメントし、その特性に応じた「フォローシナリオ」と「セールストーク」により、“メールを返信する”というアクションを促す仕組みにあります。真剣に購入を検討する顧客ほど購買前の悩みは多いため、その第一声をいかに早くキャッチするかが非常に重要となるためです。


なお本サービスは、購入決定前に時間をかけて情報収集を行い、営業スタッフと綿密な商談を繰り返した上で購入することが一般的な商材を扱う企業様(※)にご利用頂くことで、資料請求から成約に至るまでの営業プロセスが効率化し、『広告効果の改善』と『売上アップ』が実現できます。(※不動産や自動車、エステ、化粧品といった商材)


また、本サービスは資料請求者だけでなく、見積もり依頼やサンプル購入、そしてセミナーなどで情報を取得した見込み顧客に対してのフォローアップの事例もございますので、あらゆる業態の企業様に活用頂けます。是非、貴社のインターネット経由の資料請求者の受注率向上に、メールフォローアップサービス「セールスメールフォロー」をご利用下さい。


■シナジーマーケティング株式会社 ⇒ (リンク »)
■統合顧客管理システム「Synergy! (シナジー)」 ⇒ (リンク »)
代表者:代表取締役 谷井 等   資本金: 333,300千円(2008年9月時点)
所在地:大阪市北区堂島2-4-27 新藤田ビル6F   TEL: 06-4797-2500
概要:「ASP・SaaS・ICTアウトソーシングアワード2007/2008」で、情報系アプリケーション分野のグランプリを受賞した、統合顧客管理システム「Synergy!」の提供をはじめ、お客様のCRMに関するご要望にワンストップでお応えする「総合CRMカンパニー」
お問い合わせ:シナジーマーケティング株式会社 マーケティング部:川口
E-mail: press@synergy-marketing.co.jp


■エモーション株式会社 ⇒ (リンク »)
代表者:代表取締役 平野 淳   資本金: 17,500千円(2008年9月時点)
所在地:東京都千代田区神田紺屋町34 東和神田ビル4F   TEL: 03-3253-1930
概要:ウェブマーケティング施策をクライアント企業の事業に最適化する“Web Marketing Optimization”の考え方と、クライアント企業と目標を共有し目標達成にコミットすることを理念として、Webサイト構築、集客、顧客化、顧客管理までをワンストップで提供するウェブマーケティングのコンサルティング会社
お問い合わせ:エモーション株式会社 社長室 広報担当:若狭
E-mail: press@emotion-inc.co.jp

このプレスリリースの付帯情報

「セールスメールフォロー」図解

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

シナジーマーケティング株式会社の関連情報

シナジーマーケティング株式会社

シナジーマーケティング株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!