デスクトップ部門1位はエプソンダイレクト、ノート部門1位は松下電器 Windowsユーザー2,389人が各メーカーの満足度を評価

「日経パソコン パソコン満足度調査2008」報告書発行 日経パソコン/日経BPコンサルティング調べ

株式会社日経BPコンサルティング 2008年09月25日

日経BPコンサルティング(東京都港区、社長:樫村弘幸  (リンク ») ) はこのほど、『日経パソコン』2008年8月25日号に掲載された 「2008年版パソコン満足度ランキング」の詳細な報告書「日経パソコン パソコン満足度調査2008 結果報告書 (リンク ») 」を発行した。
本調査は、実際にパソコンを使用しているWindowsユーザーの、各メーカーへの評価を明らかにすることを目的とした調査。報告書はデスクトップ編、ノート編の2編があり、それぞれ総合評価・パソコンの性能や機能・デザインをはじめ96項目の質問+事前質問11項目を加えた全107項目の調査結果を掲載している。ランキング結果のほか、日経パソコン誌面には掲載していない、自由意見やクロス集計結果も収録している。
報告書詳細URL  (リンク »)  


● 調査対象企業は以下の全13社(50音順)
・NEC
・エプソンダイレクト
・ゲートウェイ/イーマシーンズ
・シャープ
・ソーテック
・ソニー
・デル
・東芝
・日本ヒューレット・パッカード
・富士通
・マウスコンピューター
・松下電器産業
・レノボ・ジャパン


● ランキング結果
<デスクトップ部門>
1位 エプソンダイレクト
2位 マウスコンピューター
3位 デル
4位 ソニー
5位 NEC
6位 富士通
7位 ゲートウェイ/イーマシーンズ



<ノート部門>
1位 松下電器産業
2位 レノボ・ジャパン
3位 デル
4位 ソニー
5位 NEC
5位 日本ヒューレット・パッカード
7位 富士通
8位 東芝


● 調査項目一覧URL
(リンク »)
● クロス集計項目一覧URL
(リンク »)


◎調査報告書概要
■ 形  態 :(各編共通)調査報告書+CD-ROM
■ 発 行 日 : 2008年9月25日
■ 価    格 : 1編・・・199,500円(本体190,000円+税)
           デスクトップ編+ノート編のセット・・・367,500円(本体350,000円+税)
報告書詳細URL  (リンク »)

用語解説

◎調査概要
調査実施期間 2008年5月~6月
調査企画   日経BP社 日経パソコン編集部
調査実施   日経BPコンサルティング
調査方法   Web調査
調査対象   日経BPグループのメディア接触者418,564人に告知し、協力の同意を得た中から
2006年以降に新品のパソコンを購入したユーザー4,381人を選び、アンケートを実施した。
集計対象数  2,389人
回答者のフェースシート:平均年齢 48.3歳 (性別男性84.3% 女性15.7%)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社日経BPコンサルティングの関連情報

株式会社日経BPコンサルティング

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから