高機能MetaTrader4用FXインジケーター「BB-Chanceサーバープラス」を発売

発売を記念し自動売買ツールプレゼント

株式会社アニーズ 2008年09月25日

 株式会社アニーズ(社長 牧信江、本社神戸市)は、このたび15ヶ月で資産が最高約7倍になるという高パーフォーマンスを誇るMetaTrader4用FXインジケーター「BB-Chance」をブラウザ上でも利用可能な「BB-Chanceサーバープラス」を開発し、販売を開始いたしました。  発売を記念して、本製品をお買い上げいただいた方先着100名様にBB-Chance EA(自動売買ツール)ベータ版を差し上げます。BB-Chance EAは、Metatrader4のEA(Expert Adviser)として機能し、自動売買を実現します。

 株式会社アニーズ(社長 牧信江、本社神戸市)は、このたび15ヶ月で資産が最高約7倍になるという高パーフォーマンスを誇るMetaTrader4用FXインジケーター「BB-Chance」をブラウザ上でも利用可能な「BB-Chanceサーバープラス」を開発し、販売を開始いたしました。

 BB-Chanceは、FX(外国為替保証金取引)を行われている方に数々のテクニカル指標の中から投資を行う上で有効と思われる指標を有機的に組み合わせ、また投資を行う上で重要となるストップやリミットの設定をシステマチックに行いベストの投資効果を得るために開発されました。

 BB-Chanceでは、ロング・ショートポジションのエントリーポイントおよびエグジットポイント、さらにはポジションメイクの際に必須のストップロスもチャート上にマークで示されるとともにそのデータ値を参照することができます。

 従来のツールでは、マークは表示されても具体的な数値までは表示されないものが多く、トレーダーは自分の持ったポジションがツールの意図しているポジションとかい離していたために、思ったほどゲインを得られないケースがありました。

 BB-Chanceでは、具体的にツールが分析した最適ポジションがデータとともに明示されるため、トレーダーはポジションメイクを思い迷うことなく機械的に行うことができるようになりました。

 また、BB-Chanceサーバープラスでは、最新テクノロジー TS Web アクセスを用いてサーバーにインストール済みの BB-Chanceを利用することができます。MetaTrader4やBB-Chanceのパソコンへのインストールが不要で、ブラウザからBB-Chanceの機能をフルに使うことができますので、ご自宅からでも、職場からでもいつでもBB-Chanceを利用することができます。パラメーターは最新のデータを用い、定期的に最適化・更新されていますので、トレンドの変化を敏感に取り込むことが可能です。

 株式会社アニーズでは、BB-Chanceサーバープラスの発売を記念して、本製品をお買い上げいただいた方先着100名様にBB-Chance EA(自動売買ツール)ベータ版を差し上げます。BB-Chance EAは、Metatrader4のEA(Expert Adviser)として機能し、自動売買を実現します。BB-Chanceの売買シグナルを元に売買を行いますので、BB-Chance同様すばらしいパーフォーマンスを発揮します。プレゼント対象のお客様は、BB-Chanceサーバープラスをお買い上げいただいた方で、infotopのご購入者リストに記載されている方のうち先着100名様です。

本件に関するお問い合わせ先;
株式会社アニーズ 総務 牧
(リンク »)
Tel.:078-811-2315  help@bb-chance.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社アニーズの関連情報

株式会社アニーズ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?