BitCashの購入が銀行ネット決済で可能になりました。

ビットキャッシュ株式会社 2008年09月26日

From PR TIMES

*****************************************************
BitCashの購入が銀行ネット決済で可能になりました。
*****************************************************

- 9 月16 日(火)よりBitCashの購入がよりスピーディーに!-







電子マネー「BitCash」の発行元であるビットキャッシュ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田村栄仁、以下ビットキャッシュ)は、株式会社ペイジェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:守安 功)と提携し、2008年9月16日から、「銀行ネット決済」でBitCashを購入できるサービスを開始いたしました。

<銀行ネット決済の導入について>
BitCashは、これまでコンビニ又はクレジットカードで購入していただいておりましたが、多くのユーザー様からのご要望にお答えして、銀行ネット決済で購入できるサービスを追加いたしました。今後、メガバンクをはじめ、全国のゆうちょ銀行、地方銀行、JAバンクなどの金融機関※1で口座をお持ちのユーザー様は、インターネットバンキングにより24時間365日、家に居ながらでもBitCashを購入できます。

※1利用可能金融機関
・三菱東京 UFJ (旧 東京三菱, 旧 UFJ)銀行、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行
・じぶん銀行
・JAバンク(886農協・信農連), JFマリンバンク(218漁協・信漁連)
・地方銀行36行(順次拡大予定)
・ゆうちょ銀行

また、今回のサービス開始に伴い、ネットでのBitCash販売の方法を見直し、以下により購入する場合は、新規購入、チャージの両方とも1円単位で購入する事が可能になりました。
 
対象範囲:クレジットカード、ジャパンネット銀行、セブンイレブン収納代行、銀行ネット決済、びっ得ポイント


<銀行ネット決済での購入について>
■ サービス開始日:2008年9月16日(火)
■ サービス時間:24時間365日
※システムメンテナンス等により、ご利用できない場合もあります。
■ 販売券種:すべての券種
■ 販売額面:2,980~100,000円 までの「BitCash」クレジット

<購入の方法について>
1)ビットキャッシュのサイトにログインします。
2)ビットキャッシュのサイトで「銀行ネット決済」を選択します。
3)券種、金額などを選択します。
4)購入確認メールが届きますので、URLをクリックすると支払いページが表示されます。
5)各銀行のネット決済画面へログインして、支払手続きをします。
6)メールが届き、URLをクリックすると、BitCashが表示されます。


<プリペイド型電子マネー「BitCash」について>
BitCashは、インターネット上で利用できるプリペイド式電子マネーです。ひらがな16文字の組み合わせ(以下ひらがなID)で、高い匿名性と優れた利便性を持っています。全国の提携コンビニエンスストア、クレジットカード及びオンライン銀行で24時間いつでも購入可能で、オンラインゲーム、ネット通販、デジタルコンテンツ等、約9,000サイトのコンテンツの支払いに利用可能です。
BitCash決済を導入している加盟店サイトで、BitCashひらがなIDを入力することで決済を行うことができ、プリペイドサービスの特性から、入金確認等の待ち時間なく、即時決済を完了させることができます。


<本件に関するお問い合わせ先>
ビットキャッシュ株式会社
Email:pr@bitcash.co.jp
TEL:03-5572-6721
FAX:03-5572-6723

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ビットキャッシュ株式会社の関連情報

ビットキャッシュ株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!