ソフトブレーン、新製品「ビジネスクロス」の機能をさらに強化 ~検索機能とグローバルビジネス対応機能がパワーアップし、 国内外問わず、必要な情報をより的確にすばやく把握することが可能に!~

ソフトブレーン株式会社 2008年09月29日

 ホワイトカラーの業務効率改善サービスを提供するソフトブレーン株式会社(東京都港区、代表取締役社長 秋山真咲、以下ソフトブレーン)は、2008年4月に販売を開始した新製品「ビジネスクロス」の検索機能とグローバルビジネス対応機能をさらに強化いたしましたので発表いたします。


 「ビジネスクロス」は、ソフトウェアと継続的なサービスをあわせて提供することにより、業績向上のための業務強化を実現するトータルサービスです。ホワイトカラー全体が抱える生産性向上という課題を解決に導きます。


 今回、国内外かかわらず、必要な情報をより的確に収集、検索できる機能を強化いたしました。これにより、業種業界を問わず、さまざまな企業にあわせたそれぞれの設定をより柔軟に行うことが可能となります。作業効率改善のみならず、グローバルに展開する企業は、よりリアルタイムに全体の情報を把握することができ、スピード感のあるマネージメントを実現することが可能となります。


■今回、強化された主な機能
<グローバルビジネス対応>
(1)日別通貨レート管理機能
  金額計上・計上見込日など自由に該当する通貨レートを設定することができ、受注及び売上金額の集計に対応。任意の通貨で対応。
(2)祝日表示機能
  スケジュール表示時に、国毎の祝日表示に対応。登録してあるすべての国の祝日を同時に表示することも可能。
<検索能力向上>
(3)検索条件の追加
  法人、事業所、案件など3階層に渡る項目を網羅し、業種業界を問わず、さまざまな検索条件を設定できるプラットフォームが完成。
(例)
 ・法人検索(事業所、案件、名刺情報、活動報告、スケジュールの項目)
 ・事業所検索(案件、名刺情報、活動報告、スケジュールの項目)
 ・案件検索(名刺情報、活動報告、スケジュールの項目)

以上

<参考資料>
■価格
基本ライセンス6万円、ASP基本ライセンス4,000円/月、参照ライセンス1,300円/月(国内販売価格)
※初期導入費用、保守費用は別途お問い合わせください。
※オプション機能の積み上げにより、料金が加算されます。

■「ビジネスクロス」について
 2008年4月10日に販売を開始した新製品で、ソフトウェアと継続的なサービスをあわせて提供することにより業績向上のための業務強化を実現するトータルサービスです。グローバルビジネスに対応した機能を強化して開発され、マルチ言語、通貨、タイムゾーンに対応しており、一つのシステムを異なる地域で同時に使用することが可能です。一言語で登録された業務報告を他言語で参照・検索・集計することが可能となります。
 また、営業部門だけではなく、あらゆる部門のビジネスプロセス改善を可能とし、採用や購買、開発やコールセンターなど、顧客ごとに必要な部門のプロセス連携を行うことができ、全体の進捗を把握することが可能となります。限られた部門の進捗確認だけではなく、部門を横断した案件の進捗を把握することができ、全社的な業務効率化を図ることが可能となります。
現場のニーズにそったユーザビリティを向上させ、必要最小限の機能を強化し、有効に活用できるように設計されています。
 そのため、グローバルビジネスに対応した最もシンプルな運用が可能となり、現場への定着とより精度の高いデータ収集、分析を行うことができ、早期に業務効率改善を実行することを可能とする製品です。

※記載された社名および製品名は各社の商標または登録商標です。

【ソフトブレーン株式会社について】
URL : (リンク »)
事業内容:
非製造部門の業務支援ソリューションの提供
・改革支援ソリューション事業
・BPO事業

【本ニュースリリースに関するお問合せ先】
ソフトブレーン株式会社
マーケティング&コミュニケーション部 広報チーム 高橋
TEL:03-6714-2800 FAX:03-6717-5835 
E-Mail:press@softbrain.co.jp

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?