DHCとリンクシェア・ジャパンが共同で個人アフィリエイターが報酬を得やすい新サービスを導入、10月1日から運用開始

リンクシェア・ジャパン株式会社 2008年10月01日

From PR TIMES

アフィリエイト「最後のひと踏み」問題で個人アフィリエイターを支援



株式会社ディーエイチシー(本社:東京都港区、代表取締役会長:吉田嘉明、以下DHC)とリンクシェア・ジャパン株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:花崎 茂晴、以下、リンクシェア・ジャパン)は、個人アフィリエイターのモチベーション向上のために、「最後のひと踏み」でなくても個人アフィリエイターに報酬を支払うサービスを、10月1日から「DHCオンラインショップ」で、試験運用として開始します。

今回の新サービスはアフィリエイト業界で今、課題視されている「最後のひと踏み問題」の解消策として考案されました。「最後のひと踏み問題」とは、アフィリエイト・プログラムでは一般的に、商品購入者が購入前に最後に訪問した(リンクを踏んだ)サイトの運営者にだけアフィリエイト報酬が支払われ、仮にその前にも他のアフィリエイトサイトを経由していても報酬対象にならないという基本的なルールに因るもので、昨今、特にクレジットカード会社の積極的なアフィリエイト型ショッピングポイントサービスの展開により、一般消費者が個人アフィリエイト(個人ブログ)の書き込みで商品情報を収集し、そこで購入動機を持ったとしても、ポイントを得るために、同じアフィリエイトであるポイント還元系サイト経由で購入する(「最後のひと踏み」をする)という購買行動が今、増えているというものです。結果として、アフィリエイト全体における、個人アフィリエイターの報酬額シェアはここ1年で大きく減少しており、今後さらにこの傾向が進むと、個人アフィリエイターのモチベーションが大きく低下し、活性化が失われる事態が危惧されています。

リンクシェアではこの「最後のひと踏み問題」についての対応策の必要性を感じていた一方、リンクシェアに参加する個人アフィリエイターの口コミにより売上を大きく伸ばしてきたDHCも同様の危機感を持つに至り、昨年、リンクシェア・ジャパンに相談を持ちかけ、以来、両社は、システムと報酬支払方法の改善方法について検討を重ねてきました。

今回、リンクシェア・ジャパンではシステム上でアフィリエイト経由でのDHCの成果認識を、ポイント還元系法人アフィリエイト・リンクと個人アフィリエイト・リンクで切り分ける技術を導入しました。これにより、消費者がポイント還元系法人サイトでDHC製品を購入した場合、その前に個人アフィリエイトサイトを経由しているかどうかをトレースでき、DHCが設定する期間以内に過去個人アフィリエイトサイトの記事が読まれていた場合は、個人アフィリエイターにも所定の報酬を追加で支払われるようにするものです。

リンクシェア・ジャパンでは、DHCとの本サービス試験運用の結果、個人アフィリエイターの成果額がアップし、活性化につながることが実証されれば、他のECサイトにも本システムが自発的に広がっていくものと期待しています。その結果、業界全体としても中長期的に個人アフィリエイターに分配される報酬額シェアが高まり、個人アフィリエイターの裾野が更に広がっていくことを期待しています。


■ディーエイチシー
(リンク »)
DHCではオリーブバージンオイルをはじめ、肌へのやさしさと機能性を徹底追求した化粧品、高品質・低価格の健康食品を通信販売でお届けしています。革新的な発想でつぎつぎと商品を開発し、日常生活すべてをサポートする多彩なラインアップが充実しています。会員数は、すでに600万人(2008年7月現在)を突破。全国のコンビニエンスストアでも販売。また、DHCのマーケットは国内のみならず、海外にも拡大。米国・台湾向けDHCブランドを登場させるなど、グローバルな展開をはかっています。

■リンクシェア・ジャパン
(リンク »)
三井物産株式会社と米国のアフィリエイトサービスの大手 LinkShare Corporation(本社:米国ニューヨーク)の2社が同額出資して2005年1月1日より営業開始。アフィリエイトサービスとしての「リンクシェア」は、三井物産が米国LinkShare Corporationから日本における独占販売権を得て、2001年4月に三井物産の社内ベンチャープロジェクトとしてスタート。デル、アップルコンピュータ、ジャパネットたかた、日比谷花壇、ベルメゾン(千趣会)等日本の大手ECサイトが参加していること、また、1円からアフィリエイト報酬を支払うことを特徴としている。参加ECサイト285社、参加アフィリエイトサイト数は法人、個人合わせて27万5千(2008年6月末現在)。携帯アフィリエイトサービスは、2004年4月から開始。2005年から「ECサイトとアフィリエイターの交流の場の提供」を目的とし、アフィリエイト大見本市やセミナーなどのオフラインイベントを全国各地で多数開催している。


■報道関係者お問合せ先
【リンクシェア・ジャパン広報代理】
エンカツ社 宇於崎(うおざき) TEL.03-5776-2566 メール:press@enkatsu.jp
携帯:090-5308-8849(石川)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

リンクシェア・ジャパン株式会社の関連情報

リンクシェア・ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!