「PostPet」、モモ妹ブログ本『モモ妹のオトメな日々。』発売のお知らせ ~人気のブログ「モモ妹、PRESS腕章が入りません。」が待望の書籍化!~

ソネットエンタテインメント株式会社 2008年10月03日

From PR TIMES

(リンク »)

ソネットエンタテインメント株式会社(サービス名称:So-net、以下So-net)は、提供しているサービス「PostPet(ポストペット)」で人気のモモ妹ブログ「モモ妹、PRESS腕章が入りません。」を書籍化し、「モモ妹のオトメな日々。」として株式会社メディアファクトリーより、本日10月3日(金)から全国の書店にて発売開始いたします。


2007年9月に開設した「モモ妹、PRESS腕章が入りません。」は、「PostPet」の生モモファミリーの一人である、モモ妹が昨年のピンクリボンフェスティバルより記者として取材を始め、その後さまざまな舞台で取材を行っており、その活動レポートや日常のつぶやきを紹介したブログです。
このたびブログの1周年を記念し、『モモ妹のオトメな日々。』と題して1年間の活動の模様を掲載した、ファン待望の一冊としての書籍化が決定しました。

「PostPet(ポストペット)」は、昨年に続き今年もピンクリボンフェスティバルに参加し、ブログを通じて多くの方に関心を持っていただけるよう支援いたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「モモ妹のオトメな日々。」書籍 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■書籍情報

・発売日
2008年10月3日(金)

・タイトル
「モモ妹のオトメな日々。」

・著者
モモ妹

・出版社
株式会社メディアファクトリー

・発売価格
1,050円 (税込)

・購入方法
全国の書店にて販売。

■主な内容

・ブログ「トホホ編」「アハハ編」「オトメ編」
・グラビア「モモ妹、海へ!?」
・「モモ妹、答えます」「モモグッズコレクション」 ほか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モモ妹ブログ「モモ妹、PRESS腕章が入りません。」 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「PostPet」の人気キャラクター、モモ妹のブログで、取材活動レポートやつれづれ日記をお届けしています。またモモ妹の仕事ぶりや業務中のおやつタイムなど、社内での出来事なども紹介しております。活動写真も盛りだくさんでモモ妹の表情が楽しめ、また、ときに思わぬスクープなども掲載しています。



ピンクのテディベア「モモ」でおなじみのポストペットは、ペットがメールを運ぶ、楽しく簡単な操作の電子メールソフトから始まり、現在はWEBメール版「Webメール de PostPet」ほか、
さまざまな関連サービスを展開しています。



ポストペットのCF、イベントなどで活躍している、生のモモたちのことです。 生モモは、まつげやジョイントの部分のデザインや設定などがそれぞれ異なっています。



モモ妹(ももいもうと)
テディベア/メス 1997年の冬頃デビュー。
生モモファミリーの長女。
PostPetDXのCFなど(1997年)で活躍し、ダンサーを夢見てバイトをしていましたが、2007年からはマルチタレントを目指してキャスター修行を開始。

※画像使用の際、著作権表示のお願い : (C)So-net

※PostPetはソネットエンタテインメント株式会社の商標です。
  Copyright 1996-2008 So-net Entertainment Corporation


以 上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソネットエンタテインメント株式会社の関連情報

ソネットエンタテインメント株式会社

ソネットエンタテインメント株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!