「ヘコむ」を楽しむコミュニティ・サービス「リグレト」が携帯電話に対応!

株式会社ディヴィデュアル 2008年10月06日

「いきるためのメディア」としてのウェブ・サービスを開発・運営する株式会社ディヴィデュアル(本社:東京都港区、代表:遠藤 拓己)は、2008年10月6日(月)より同社が運営する「ヘコむを楽しむ」コミュニティ・サービス『リグレト』の携帯電話からのアクセスに対応しました。

ユーザーが匿名で「ヘコんだこと」を投稿し、互いの「ヘコみ」に対して「なぐさめ」を書き、それに対して「ありがとう」を送り合うウェブ・サービス「リグレト」は2008年9月1日に開始しました。以来、5万件以上(58,953件)の「ヘコみ」、32万件以上(326,109件)の「なぐさめ」、そして140万回以上(1,443,032件)の「ありがとう」が集まってきました(2008年10月6日現在)。

これまではPCからのアクセスのみをご提供してきましたが、これより携帯電話からもアクセス頂けます(※1)。データベースはPC版と同一のものを参照しているので、ご自宅からはPCから、お出かけ先ではお手持ちの携帯電話から、同じログイン情報でご利用頂けます。

※1: Adobe Flash Lite 2.0以上に対応している機種が必要です。

■ みんなでヘコめば コワくない!

リグレトでは、ユーザーが「最近ヘコんだこと」を匿名で投稿すると、他のユーザーがその「ヘコ
み」に対して「なぐさめ」の文章を書くことができます。また、「ヘコみ」を投稿した「ヘコみ主」は、もらったそれぞれの「なぐさめ」に対して「ありがとう」を送ることができます。「ありがとう」が送られた後に、「ヘコみ」は「成仏」し、消えていきます。

リグレトではユーザーは完全匿名で、IDやハンドルネームを持ちません。お互いの素顔が見えないからこそ、気軽にヘコみ、なぐさめ、お礼を言い合える適切な距離感が生まれています。また、過去のアーカイブも意図的に見えなくすることによって、一期一会のライブ感溢れるコミュニケーションを提供しています。そのため「荒らし」や悪意のユーザーが常駐しづらく、あくまで善意に対して善意を返すプラットフォームとして機能しています。

■ アクセス方法

PC版と同様に、 (リンク ») に携帯電話からアクセスして頂けます。

■ プレス用追加資料

より詳細な情報をまとめたスライド形式のPDFファイルは下記URLからダウンロードできます。
・ (リンク »)

本リリース本文に加え,同様の内容のウェブ・スライド(Flash形式)が配置してあるページは下記からアクセスできます。
・ (リンク »)

■ ディヴィデュアルについて

株式会社ディヴィデュアルは「いきるためのメディア」の創造のために、2008年4月4日にアーティストの遠藤拓己と研究者のチェン・ドミニクによって設立されました。同年7月にクリエイターの山本興一が参画し、現在は3名で「リグレト」の開発・運営を行っています。他にも、「デジタル生原稿」の創作を可能にする「タイプトレース」エンジンをベースにしたウェブ・サービスも開発しています。

ディヴィデュアルは、ユーザーの皆様の日常がいきいきとするウェブ・メディアを開発する企業として、今後ともより多くのプラットフォームで展開して参ります。このたびの携帯電話バージョンのご提供により、より多くの方々にウェブ・メディアの価値を伝達すると同時に、PCとケータイ両文化の佳境に貢献したいと願っています。

詳しい情報は (リンク ») をご覧ください。

■ プレスリリースに関するお問い合わせ窓口

株式会社ディヴィデュアル
E-mail: contact@dividual.jp
URL: (リンク »)

このプレスリリースの付帯情報

携帯版リグレト操作画面

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社ディヴィデュアルの関連情報

株式会社ディヴィデュアル

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR