So-netと「日経Kids+」携帯電話向け新サービス <ケータイ日経Kids+> 本日開始~ケータイを子育てにいかそう ・ 「1日5分」で子どもを伸ばす~

ソネットエンタテインメント株式会社 2008年10月06日

From PR TIMES

ソネットエンタテインメント株式会社(以下、So-net)は、株式会社日経BP(以下、日経BP社)が発行する教育情報誌「日経Kids+(キッズプラス)」と連動した携帯電話向け新サービス<ケータイ日経Kids+>を開始いたします。本日10月6日より、株式会社NTTドコモのiメニューサイトにてスタートし、他キャリアサイトへも順次対応を予定しております。




<ケータイ日経Kids+>は、雑誌「日経Kids+」の “子どもと一緒にOFF生活を楽しむ”というコンセプトを携帯へ広げる、「日経Kids+」公式サービスです。「日経Kids+」編集部によるコンテンツ提供のもと、So-netが主体となり携帯向けサービスの企画・運営・配信を行います。

“片手で読める教育情報誌” をテーマに、雑誌と連動した子育てに役立つ情報に加えて、双方向性・コミュニティ性・検索性といったネットワークの特長をいかしたコンテンツも提供していきます。これまで “親が読む” スタイルが中心であった雑誌の楽しみ方が、いつでもどこでも“親子で一緒に楽しく学ぶ”スタイルへ広がっていきます。

オープン記念・プレゼントキャンペーンとして、サービス利用者を対象に、図書カードのプレゼントを実施します。
また今後、小学校に通う子どもをもつ保護者向けに、携帯と子どもを取り巻く環境や携帯を使った親子のコミュニケーションの参考事例を、雑誌編集部とSo-netが紹介する講演会の開催なども予定しております。


   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       <ケータイ日経Kids+> サービス概要    
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ロゴ・QRコード】
<プレスリリースPDF>をご参照ください
(リンク »)


1.サービス名称:ケータイ日経Kids+(キッズプラス)

2.提供環境:iメニューサイト ※他キャリアへは順次対応の予定

3.サービス開始日:iメニューサイト 2008年10月6日(月)

4.利用方法:
iメニュー > メニューリスト > 健康/ビューティ/ライフ > 結婚/育児/出産 >ケータイ日経Kids+
URL: (リンク »)

5.利用料金:月額315円 (税込)

6.主なコンテンツ:

雑誌と連動した、携帯ならではのサービスメニューを用意しています。サービス開始当初は、「Challenge!」「特集」「スキルアップ」「エンタメ」「とっておきのTIPS」の5ジャンル、13コンテンツを提供します。


【各コンテンツ内容】
詳細については、<プレスリリースPDF>をご参照ください
(リンク »)


7.キャンペーン

期間:10月6日(月)より10月31日(金)まで

対象:「今日の問題」に回答した方

特典:
成績上位5位まで図書カード5,000円分
以降50位まで図書カード500円分 プレゼント
※詳細は、URL: (リンク ») をご参照ください


なお、So-netと「日経Kids+」は、雑誌記事や子育てについて親同士で情報交換を行えるコミュニティサービス、<日経Kids+SNS> (リンク ») も、9月18日より開始しています。
コミュニティで意見交換する、携帯で手軽に情報収集や検索、投稿をするなど、それぞれのネットワークメディアの特性をいかして雑誌の楽しみ方を広げるサービスの提供を目指してまいります。


〔日経BP社とは〕 
1969年4月設立、日本経済新聞社の出版グループ企業。
雑誌・書籍・ムックなどの出版事業、専門サイト・メール配信などのインターネット事業と、展示会・セミナー事業を中心に、日本最大級のコンテンツ・プロバイダーとして、先端情報を提供。
2008年7月、日経ホーム出版社と経営統合。

※「iモード」「iメニューサイト」および「i-mode」ロゴは株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。

※記載されている会社名及び商品名・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ソネットエンタテインメント株式会社の関連情報

ソネットエンタテインメント株式会社

ソネットエンタテインメント株式会社の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?